新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 一人飲み, 食べること

新潟で38.5度ですって。

こんな日はやっぱり冷えたビールですね!

といきたいところですが、今日は週に一度の休肝日。よって酒抜きです。

参考 休肝日は休胃日に。夕食抜きはダイエットのため?

もうすっかり習慣となったので辛さは微塵もありません。夜中に何か食べたくなりそう…なんて心配もなく、お腹が空く前に寝てしまえばいいや、という感じ。




新橋で1人ホルモンを満喫

そんな晩ご飯抜きの夜に書く話題でもないような気がしますが、先日久しぶりに焼肉を食べに行きました。

焼肉、というかホルモンです。

幼少の頃、家族で焼肉を食べに行くのはガード下にある小さなロースター焼肉の店、と決まっていたからか、私の中での焼肉は高級和牛を炭火で焼くような店ではなく、質より量の食べ放題の店でもなく、気軽に利用できるホルモン焼きの店。
テーブル席では家族連れやグループが、カウンター席ではおひとりさまやカップルがそれぞれ楽しんでいる、という光景を当たり前のように見てきました。

だからでしょうか、1人焼肉全然平気です。

が、東京ってカウンターがあって1人でさくっと焼ける気軽な店が結構少ない。おひとりさま専用の焼肉店なんていうのもあるらしいけど、私が求めているそれとはちょっと違うしなあ。

誰かと連れ立って行くならいろいろと選択肢はありますが、1人で焼肉となったらおのずと選択肢が限られるもの。

新橋 花れん

この日行ったのは新橋の「花れん」というカジュアルなホルモン焼きの店。ここはカウンター席があって1皿の量が少なめなので1人でも気軽に利用できます。こういう店をひとつふたつ押えておくと、突然焼肉欲が湧き上がった時にさくっと出かけられるので結構便利。

焼肉はみんなでワイワイ焼きながら食べるから美味しいのに!という人はそもそも1人焼肉なんてしないでしょうが、私は「焼きペース」が合わない人とは焼肉を食べたくない面倒なタイプ。単に食事会を楽しむのなら構いませんが、本気で肉を食べたい時は1人に限る、と思ってしまうのです。

関連 新橋 鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

1人焼肉、1人居酒屋。入りやすい店の特徴は

さて、焼肉に限らず気軽に1人飲みしたいけどなかなか勇気が出ないなあ、という方もおられるかもしれません。そんな1人酒ビギナーの方でも利用しやすいのは

  • カウンターのある店
  • 蕎麦屋
  • 正統派の居酒屋
  • 立ち飲み屋

などではないでしょうか。
蕎麦屋って昼食時は1人で食べてる人が多いので、その延長だと思えば決してハードルは高くない。立ち飲みもさっと飲んでさっと出れるので手持ち無沙汰にならなくて気が楽かもしれません。
歴史ある正統派の居酒屋も以外にハードル低め。グループ客相手の大箱と違って1人客の割合がかなり高いですからね。

ちなみに人生で1度だけおひとりさまゆえに入店拒否を食らったことがあります。

某お好み焼き店だったのですが、一番空いているであろう夕方4時という中途半端な時間、しかも店内は客ゼロだったにも関わらず

「おひとりさまはちょっと…」

と言われてしまいました。

今まで数え切れないくらいお好み焼き店に通ってきましたが、1人であることを原因に断られたのは初めて。まさにハートブレイクサタデーナイト。悲しいキャロルがショーウィンドウで銀の雪に変わったのは言うまでもありません。平日だったけど。

客がいない時を狙って行ったのにダメか。東京のお好み焼きはやっぱり「みんなでワイワイ」が基本なんですかね。
それ以来、東京でお好み焼き店に突撃することは諦めました。

おひとりさまのライフスタイル

一人旅同様、40代くらいが一番一人飲みを楽しめる時期なのかもしれないなあ。
若い女の子だったら男性に声かけられたり絡まれたりなんていう心配がなくはないですからね。まあ焼肉屋で絡まれることはさすがにないと思いますが。

誰かと一緒の食事とは違う、一人酒の密かな楽しみ。
1人で行動できる範囲が広がると、休日がちょっとだけ面白くなりますよ。

以上、休肝日のセルフ飯テロでした。

 






関連記事

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

家飲みの献立

家飲み献立 白菜と豚肉の重ね蒸し、焼き野菜サラダ。

家飲みについて言及し始めたということは2016年も通常営業が始まった、ということです。

記事を読む

海老とキャベツのにんにく蒸し

海老とキャベツのにんにく蒸し、ピーマンと葱の梅和えで晩酌。

昨日は休肝日、だったのでこれは週末の食卓です。 肉抜き週最終日、さて何をメインにしよう

記事を読む

condiments

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

トマトとオクラのサラダ キャベツとアンチョビのスパゲティ

抜歯で休肝日の食事、キャベツとアンチョビのスパゲティ。

抜歯で休肝日。妙なタイトルをつけてしまいましたが、まんまその通りです。 関連 40過ぎ

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

手取川冬限定純米辛口

石川の酒 手取川 冬 純米辛口 生 で晩酌 ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し。

丹念なご近所パトロールの成果により、徒歩圏内にもいくつか日本酒に力を入れている酒屋を発見。

記事を読む

141125d2

家飲み献立 11/25 春菊とベーコンのスープ、焼き厚揚げなど。

さ、寒い…。 冬ですか?もう本格的な冬に突入したのでしょうか。 11月の時点で寒

記事を読む

たべくら農園

信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。

うふふふ、届きましたよ。 旬の食材を生産者に直接注文できるオンラインマルシェ「ポケット

記事を読む

かつおの竜田揚げ献立

かつおの竜田揚げ、えのきの梅おろし献立。

久しぶりに食べたたたきは旨かったけれど、さすがに1食で消費できる量ではありませんでした。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑