新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 一人飲み, 食べること

新潟で38.5度ですって。

こんな日はやっぱり冷えたビールですね!

といきたいところですが、今日は週に一度の休肝日。よって酒抜きです。

参考 休肝日は休胃日に。夕食抜きはダイエットのため?

もうすっかり習慣となったので辛さは微塵もありません。夜中に何か食べたくなりそう…なんて心配もなく、お腹が空く前に寝てしまえばいいや、という感じ。

新橋で1人ホルモンを満喫

そんな晩ご飯抜きの夜に書く話題でもないような気がしますが、先日久しぶりに焼肉を食べに行きました。

焼肉、というかホルモンです。

幼少の頃、家族で焼肉を食べに行くのはガード下にある小さなロースター焼肉の店、と決まっていたからか、私の中での焼肉は高級和牛を炭火で焼くような店ではなく、質より量の食べ放題の店でもなく、気軽に利用できるホルモン焼きの店。
テーブル席では家族連れやグループが、カウンター席ではおひとりさまやカップルがそれぞれ楽しんでいる、という光景を当たり前のように見てきました。

だからでしょうか、1人焼肉全然平気です。

が、東京ってカウンターがあって1人でさくっと焼ける気軽な店が結構少ない。おひとりさま専用の焼肉店なんていうのもあるらしいけど、私が求めているそれとはちょっと違うしなあ。

誰かと連れ立って行くならいろいろと選択肢はありますが、1人で焼肉となったらおのずと選択肢が限られるもの。

新橋 花れん

この日行ったのは新橋の「花れん」というカジュアルなホルモン焼きの店。ここはカウンター席があって1皿の量が少なめなので1人でも気軽に利用できます。こういう店をひとつふたつ押えておくと、突然焼肉欲が湧き上がった時にさくっと出かけられるので結構便利。

焼肉はみんなでワイワイ焼きながら食べるから美味しいのに!という人はそもそも1人焼肉なんてしないでしょうが、私は「焼きペース」が合わない人とは焼肉を食べたくない面倒なタイプ。単に食事会を楽しむのなら構いませんが、本気で肉を食べたい時は1人に限る、と思ってしまうのです。

関連 新橋 鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

1人焼肉、1人居酒屋。入りやすい店の特徴は

さて、焼肉に限らず気軽に1人飲みしたいけどなかなか勇気が出ないなあ、という方もおられるかもしれません。そんな1人酒ビギナーの方でも利用しやすいのは

  • カウンターのある店
  • 蕎麦屋
  • 正統派の居酒屋
  • 立ち飲み屋

などではないでしょうか。
蕎麦屋って昼食時は1人で食べてる人が多いので、その延長だと思えば決してハードルは高くない。立ち飲みもさっと飲んでさっと出れるので手持ち無沙汰にならなくて気が楽かもしれません。
歴史ある正統派の居酒屋も以外にハードル低め。グループ客相手の大箱と違って1人客の割合がかなり高いですからね。

ちなみに人生で1度だけおひとりさまゆえに入店拒否を食らったことがあります。

某お好み焼き店だったのですが、一番空いているであろう夕方4時という中途半端な時間、しかも店内は客ゼロだったにも関わらず

「おひとりさまはちょっと…」

と言われてしまいました。

今まで数え切れないくらいお好み焼き店に通ってきましたが、1人であることを原因に断られたのは初めて。まさにハートブレイクサタデーナイト。悲しいキャロルがショーウィンドウで銀の雪に変わったのは言うまでもありません。平日だったけど。

客がいない時を狙って行ったのにダメか。東京のお好み焼きはやっぱり「みんなでワイワイ」が基本なんですかね。
それ以来、東京でお好み焼き店に突撃することは諦めました。

おひとりさまのライフスタイル

一人旅同様、40代くらいが一番一人飲みを楽しめる時期なのかもしれないなあ。
若い女の子だったら男性に声かけられたり絡まれたりなんていう心配がなくはないですからね。まあ焼肉屋で絡まれることはさすがにないと思いますが。

誰かと一緒の食事とは違う、一人酒の密かな楽しみ。
1人で行動できる範囲が広がると、休日がちょっとだけ面白くなりますよ。

以上、休肝日のセルフ飯テロでした。

 




関連記事

夏野菜の焼きびたし

夏野菜の焼きびたし、ちくわチーズ揚げ。

てんぷらとかとんかつとか、揚げ物は基本的に 「お店で食べるもの」 と考えています

記事を読む

卵とじ献立

せりと油揚げの卵とじ、焼き新たまねぎで家飲み。

たまたま通った道沿いに小さな豆腐屋さんがありました。中ではおばあさんが油揚げを揚げている真っ

記事を読む

青梗菜塩炒め

青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが

記事を読む

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

たらこ豆腐 レシピ

たらこ豆腐、菜の花のおひたし。

なんだかんだでスライド食材が多かった今週は、いつも以上に調理に時間をかけない1週間でした。

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、豚汁で家飲み。

冬の終わりを祝しての駆け込み汁飲みシリーズ、本日は豚汁です。 駆け込み汁飲みといっても

記事を読む

蒸しなすとツナのおろし和え、焼きれんこんで晩酌

蒸しなすとツナのおろし和え、焼きれんこんで晩酌。

なぜか無性に大根おろしが食べたくなる。そんな瞬間はありませんか? 私はあります。

記事を読む

牡蠣豆腐

牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

初牡蠣です。 外ではすでに何度か口にしておりましたが、家飲みつまみとしては今シーズン初

記事を読む

茄子の煮物 献立

家飲み献立 5/12 茄子と鶏もも肉の煮物、絹さやの卵炒め。

家飲みで体をリセットするのだ。 とか偉そうなことを言っていた割には目に付いたものを手に

記事を読む

青物横丁 丸富で鰻串を楽しむ。

先日の品川散歩の続きです。 駅前を横切る通りの名はご覧の通り妙にハイカラ。青物横丁になぜ突

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ステーキ献立
牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

→もっと見る

PAGE TOP ↑