新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 一人飲み, 食べること

新潟で38.5度ですって。

こんな日はやっぱり冷えたビールですね!

といきたいところですが、今日は週に一度の休肝日。よって酒抜きです。

参考 休肝日は休胃日に。夕食抜きはダイエットのため?

もうすっかり習慣となったので辛さは微塵もありません。夜中に何か食べたくなりそう…なんて心配もなく、お腹が空く前に寝てしまえばいいや、という感じ。

新橋で1人ホルモンを満喫

そんな晩ご飯抜きの夜に書く話題でもないような気がしますが、先日久しぶりに焼肉を食べに行きました。

焼肉、というかホルモンです。

幼少の頃、家族で焼肉を食べに行くのはガード下にある小さなロースター焼肉の店、と決まっていたからか、私の中での焼肉は高級和牛を炭火で焼くような店ではなく、質より量の食べ放題の店でもなく、気軽に利用できるホルモン焼きの店。
テーブル席では家族連れやグループが、カウンター席ではおひとりさまやカップルがそれぞれ楽しんでいる、という光景を当たり前のように見てきました。

だからでしょうか、1人焼肉全然平気です。

が、東京ってカウンターがあって1人でさくっと焼ける気軽な店が結構少ない。おひとりさま専用の焼肉店なんていうのもあるらしいけど、私が求めているそれとはちょっと違うしなあ。

誰かと連れ立って行くならいろいろと選択肢はありますが、1人で焼肉となったらおのずと選択肢が限られるもの。

新橋 花れん

この日行ったのは新橋の「花れん」というカジュアルなホルモン焼きの店。ここはカウンター席があって1皿の量が少なめなので1人でも気軽に利用できます。こういう店をひとつふたつ押えておくと、突然焼肉欲が湧き上がった時にさくっと出かけられるので結構便利。

焼肉はみんなでワイワイ焼きながら食べるから美味しいのに!という人はそもそも1人焼肉なんてしないでしょうが、私は「焼きペース」が合わない人とは焼肉を食べたくない面倒なタイプ。単に食事会を楽しむのなら構いませんが、本気で肉を食べたい時は1人に限る、と思ってしまうのです。

関連 新橋 鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

1人焼肉、1人居酒屋。入りやすい店の特徴は

さて、焼肉に限らず気軽に1人飲みしたいけどなかなか勇気が出ないなあ、という方もおられるかもしれません。そんな1人酒ビギナーの方でも利用しやすいのは

  • カウンターのある店
  • 蕎麦屋
  • 正統派の居酒屋
  • 立ち飲み屋

などではないでしょうか。
蕎麦屋って昼食時は1人で食べてる人が多いので、その延長だと思えば決してハードルは高くない。立ち飲みもさっと飲んでさっと出れるので手持ち無沙汰にならなくて気が楽かもしれません。
歴史ある正統派の居酒屋も以外にハードル低め。グループ客相手の大箱と違って1人客の割合がかなり高いですからね。

ちなみに人生で1度だけおひとりさまゆえに入店拒否を食らったことがあります。

某お好み焼き店だったのですが、一番空いているであろう夕方4時という中途半端な時間、しかも店内は客ゼロだったにも関わらず

「おひとりさまはちょっと…」

と言われてしまいました。

今まで数え切れないくらいお好み焼き店に通ってきましたが、1人であることを原因に断られたのは初めて。まさにハートブレイクサタデーナイト。悲しいキャロルがショーウィンドウで銀の雪に変わったのは言うまでもありません。平日だったけど。

客がいない時を狙って行ったのにダメか。東京のお好み焼きはやっぱり「みんなでワイワイ」が基本なんですかね。
それ以来、東京でお好み焼き店に突撃することは諦めました。

おひとりさまのライフスタイル

一人旅同様、40代くらいが一番一人飲みを楽しめる時期なのかもしれないなあ。
若い女の子だったら男性に声かけられたり絡まれたりなんていう心配がなくはないですからね。まあ焼肉屋で絡まれることはさすがにないと思いますが。

誰かと一緒の食事とは違う、一人酒の密かな楽しみ。
1人で行動できる範囲が広がると、休日がちょっとだけ面白くなりますよ。

以上、休肝日のセルフ飯テロでした。

 




関連記事

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

焼きカラーにんじん

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

にんじん葉の話をしようと思っていたのに、つい脇道に逸れてしまった先日。 休肝日ごはん

記事を読む

春雨炒め

野菜と春雨の炒め煮、ザーサイと葱の和えもの献立。

普段なら肉類を投入しそうなメニューですが、なんとなく今週は肉抜き気分ゆえに具は野菜のみ、の春

記事を読む

秋の献立 10/7 豚で肉豆腐他全5品の晩酌。

台風は過ぎたけど、気温は下がる。 あー、冬に向かってるんだなあと実感する天気でした。

記事を読む

豆腐の明太子炒め献立

豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立。

あ、すみません。なんかちょっと盛り付けが汚らしいですね。 色もぼんやり、形状もぼんやり

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

家飲み献立 12/11 鶏だんご鍋。

余った食材の使いまわしを考えつつ献立を組み立てる。 この作業を深刻に考えてしまうとなんだか

記事を読む

とうもろこしごはん献立

とうもろこしごはん、コールスロー献立。

週のはじめは休肝日、ノンアルコール献立...は、もうすっかり定着しているのですが、今週に限っ

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変えて初

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑