家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

141221d3

10度超えるとありがたい。

なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

いやあ、今日は久しぶりに温かい日でした。
最高気温が数度違うだけで、体感温度がこんなにも違うとは。

今夜は足元から上がってくる嫌な寒気もなし。
これくらいの暖かさがあれば、湯たんぽナシで眠れそうな気がします。

今夜の家飲みメニュー

141221d4

  • 白菜とベーコンのスープ
  • 柚子大根
  • アンチョビ豆腐
  • ちくわと葱の柚子胡椒和え
  • 鶏とじゃがいものローズマリーソテー

白菜とベーコンのスープ

141221d

鍋でにんにく、ベーコンを炒め、香りがたったらざく切りの白菜とおろししょうが、塩、胡椒、水を加えて弱火でじっくり煮込みます。
毎度おなじみのスープですが、今夜はハーブ類すら加えず。シンプルの極みですね。

アンチョビ豆腐

141221d2

しっかり水切りした豆腐にアンチョビと刻み葱をのせ、オリーブオイルとたっぷりの黒胡椒を振ります。

ちくわと葱の柚子胡椒和え

さっと茹でた葱とちくわを柚子胡椒をといたオリーブオイルで和えるだけ。
なぜにここにちくわ?という感じですが、ただ余っていたからです。

鶏とじゃがいものローズマリーソテー

141221d5

塩、胡椒、オリーブオイル、ニンニクでマリネしておいた手羽先をマリネ液ごとフライパンに入れ、くし切りのたまねぎ、じゃがいもと一緒に弱火にかけ蓋をしてじっくりと蒸し焼きにます。手羽先とじゃがいもに程よい焼き目がついたらローズマリーを加えて香りを移し、最後は蓋を外して手羽先の皮目をパリッと強めに焼き上げたら完成。
じっくり引き出した手羽先の旨みとローズマリーの香りをまとったじゃがいもが最高に旨いです。

このメニューなら白ワインでしょ!
って感じなのですが、あえてぬる燗を合わせてみました。

うん、いい感じ。
白ワインに合うものって、淡麗辛口の日本酒ともなかなかの相性。

今夜も手間いらず、技術要らずの簡単メニューで大満足の晩酌でした。

お酒が進む、おつまみレシピ

2日続けての手羽先。全然飽きません。

手羽先はどこのスーパーでも入手できるお気軽な食材。
皮目をパリッと焼いても、むっちりと蒸し焼きにしても、ことこと煮込んでスープにしても間違いなく旨いので、ホントに優秀ですね。

骨付き肉は食べる時に手が汚れてしまうのが難点ですが、こういう肉料理はかぶりついて、むしゃぶりついてナンボですからね。もじもじと照れたりしないで、ガブリと豪快に行きましょう。




関連記事

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

家飲み献立 11/18 キャベツステーキ、干し野菜のスープ。

風の強い1日でした。 帽子を被って出かけていたのですが、何度も飛ばされそうになって押さえな

記事を読む

ワインで家飲み 12/7 パルミジャーノ風味のキャベツとベーコンのスープ煮。

フリーで仕事をしていると、毎日が休みみたいな仕事のような、よくわからない状態になります。

記事を読む

茄子の甘酢炒め、ゴーヤの梅和え。

寒さにめげずに夏野菜大会。 買い物に行かなかったので何をどうしてやろうかといろいろ考え

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、にら納豆献立。

本日反省すべきは、うつわの見極めが甘かった点。 メインを大皿に盛ったところ、予測より量

記事を読む

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

家飲み献立 11/17 すき煮、キャベツの生姜蒸し、そして一升瓶。

さて、突然ですが、久しぶりに一升瓶を買いました。 わーい。 いやあ、酒飲みとしては、

記事を読む

一人晩酌 9/1 豚の蒸し鍋、レンコンとにんじんのきんぴら。

週末は立て続けに外食して、しかもがっつりフレンチとかいっちゃったものだから、心なしか体が重い…。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑