宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 家飯, 食べること ,

日高見超辛口純米

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

最近はご近所で使い勝手のいい酒店をいくつかみつけたので通販と併用しつつ日本酒選びを楽しむ日々。

今回も店頭で散々迷った挙句、宮城の酒にしてみました。

日高見 超辛口純米酒(宮城県・石巻市)

日高見超辛口純米

これともう1本、旨そうなにごり酒で悩んだのですが「超辛口」という言葉にめっぽう弱い私。結局日高見に軍配が上がりました。

参考 株式会社平孝酒造(吉田酒造店)

酒名の「日高見」は、日本書記の中に「土地沃壌えて広し」と記されているように、その昔太陽の恵みを受ける国「日高見国」と称えられ、その中央を流れる川「日高見川」が後に北上川と呼ばれる様になり郷土と深い関り合いがある事に因んで地域性重視の観点から命名しました。

まずはいつものように冷の状態で味見。香りが控えめに感じるのは最近生原酒とかひやおろしばかりを呑んでいたから?味わいはなるほどしっかりした辛口。これは燗がいいね。基本的に食中酒として楽しめる辛口の酒が好きな私、これはかなり好みです。突出した個性があるわけではないけれど、後口がすっきりとしていて晩酌にぴったり。

年末に家族と食事する際の酒選びを任されている私。リクエストは「辛口の日本酒」だったので、これにしようかな。

日高見 超辛口純米酒 データ

蔵元 平孝酒造(石川県・石巻市)
種類 純米
精米歩合 ひとめぼれ 60%
日本酒度  +11
酸度  1.7
アルコール度  15~16%

 

せせりの塩焼きで家飲み

せせり塩焼き献立

  • 糠漬け
  • 蕪のしょうがスープ煮
  • ザーサイ奴
  • 蕪の葉のしょうがポン酢和え
  • せせり塩焼き

糠漬け

糠漬け

糠漬けは蕪とにんじん。今年はこのコンビで最終まで行く予定です。

蕪のしょうがスープ煮

蕪のしょうがスープ煮

皮をむいて半分に切った蕪をおろし生姜、酒、醤油を加えた鶏ガラズープで柔らかくなるまで煮て最後に水溶き片栗粉でとろみをつけます。

ザーサイ奴

ザーサイ奴

ザーサイとさらしネギを乗せた豆腐にごま油と胡椒で風味づけ。

蕪の葉のしょうがポン酢和え

蕪の葉のしょうがポン酢和え

色よく茹でた蕪の葉をたっぷりのおろし生姜を入れたポン酢で和えたもの。少しコクが欲しい場合にはごま油を加えても。

せせり塩焼き

せせり塩焼き

鶏せせり肉に強めに塩を振り、フライパンで油を引かずに両面焼くだけ。焼きネギと柚子胡椒を添えました。

焼き鳥おいしいよ焼き鳥。
焼き鳥に熱燗。これ以上の贅沢があるでしょうか。焼くだけでおいしいなんて鶏肉でかした!としか言いようがない。
しかし蕪料理が蕪+しょうがで被りまくりじゃないか、と、作っている途中で気がつきました。蕪の葉はニンニク炒めにでもすりゃよかったかな。

一人暮らしの晩酌つまみ

せせりって大好きなので焼き鳥を食べに行ったら必ずオーダーする部位ではあるんですが、外で食べるならやっぱりいろんなパーツを食べたいのでせせり連打はあり得ない。

最初から最後までせせりで通す。

これは家飯だからこそ実現できる偏り、なのかもしれません。

 




関連記事

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならないし、肉も魚もない野菜メインの献

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

一人暮らしの家飲みメニュー 5/24 ゴーヤチャンプルー、ピーマンとちくわのナムル。

またか! って感じでゴーヤチャンプルーです。 ゴーヤとかにんじんとか豆腐とか豚肉

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

国菊 カップ酒 人魚

福岡の酒 国菊 人魚カップで晩酌 蒸し鶏のトマトマリネ添え、オクラとわかめのスープ。

ジャケ買いは好きなほうです。 と言っても近頃はCDショップで気になるジャケットを手に取

記事を読む

岩手三陸 恋し浜ホタテのお取り寄せで贅沢晩酌。

先日、オンラインマーケットスマホアプリ・ポケットマルシェさんにご協力をいただきナイス贅沢をさ

記事を読む

休肝日ごはん 蕗味噌ごはん、蕪の酒粕味噌汁献立

休肝日ごはん、蕗味噌ごはん、かぶの酒粕味噌汁献立。

週の初めは休肝日、本日もノンアルコール献立です。 ここのところ、休肝日はパスタやら丼も

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。 そろそろおでんもシーズン終了ですね。と

記事を読む

家飲み献立 10/16 甘くない卵焼きで酒を呑む。

いつもスーパーでの出来事。 イートインスペースで、5歳くらいの女の子が焼き芋を頬張って

記事を読む

牡蠣と春雨の炒めもの

牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立。

近所の店で広島産の大ぶりな牡蠣が小分けで、しかも安くで売られている。あれをどうしてやろうかと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑