宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 家飯, 食べること ,

日高見超辛口純米

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

最近はご近所で使い勝手のいい酒店をいくつかみつけたので通販と併用しつつ日本酒選びを楽しむ日々。

今回も店頭で散々迷った挙句、宮城の酒にしてみました。




日高見 超辛口純米酒(宮城県・石巻市)

日高見超辛口純米

これともう1本、旨そうなにごり酒で悩んだのですが「超辛口」という言葉にめっぽう弱い私。結局日高見に軍配が上がりました。

参考 株式会社平孝酒造(吉田酒造店)

酒名の「日高見」は、日本書記の中に「土地沃壌えて広し」と記されているように、その昔太陽の恵みを受ける国「日高見国」と称えられ、その中央を流れる川「日高見川」が後に北上川と呼ばれる様になり郷土と深い関り合いがある事に因んで地域性重視の観点から命名しました。

まずはいつものように冷の状態で味見。香りが控えめに感じるのは最近生原酒とかひやおろしばかりを呑んでいたから?味わいはなるほどしっかりした辛口。これは燗がいいね。基本的に食中酒として楽しめる辛口の酒が好きな私、これはかなり好みです。突出した個性があるわけではないけれど、後口がすっきりとしていて晩酌にぴったり。

年末に家族と食事する際の酒選びを任されている私。リクエストは「辛口の日本酒」だったので、これにしようかな。

日高見 超辛口純米酒 データ

蔵元 平孝酒造(石川県・石巻市)
種類 純米
精米歩合 ひとめぼれ 60%
日本酒度  +11
酸度  1.7
アルコール度  15~16%

 

せせりの塩焼きで家飲み

せせり塩焼き献立

  • 糠漬け
  • 蕪のしょうがスープ煮
  • ザーサイ奴
  • 蕪の葉のしょうがポン酢和え
  • せせり塩焼き

糠漬け

糠漬け

糠漬けは蕪とにんじん。今年はこのコンビで最終まで行く予定です。

蕪のしょうがスープ煮

蕪のしょうがスープ煮

皮をむいて半分に切った蕪をおろし生姜、酒、醤油を加えた鶏ガラズープで柔らかくなるまで煮て最後に水溶き片栗粉でとろみをつけます。

ザーサイ奴

ザーサイ奴

ザーサイとさらしネギを乗せた豆腐にごま油と胡椒で風味づけ。

蕪の葉のしょうがポン酢和え

蕪の葉のしょうがポン酢和え

色よく茹でた蕪の葉をたっぷりのおろし生姜を入れたポン酢で和えたもの。少しコクが欲しい場合にはごま油を加えても。

せせり塩焼き

せせり塩焼き

鶏せせり肉に強めに塩を振り、フライパンで油を引かずに両面焼くだけ。焼きネギと柚子胡椒を添えました。

焼き鳥おいしいよ焼き鳥。
焼き鳥に熱燗。これ以上の贅沢があるでしょうか。焼くだけでおいしいなんて鶏肉でかした!としか言いようがない。
しかし蕪料理が蕪+しょうがで被りまくりじゃないか、と、作っている途中で気がつきました。蕪の葉はニンニク炒めにでもすりゃよかったかな。

一人暮らしの晩酌つまみ

せせりって大好きなので焼き鳥を食べに行ったら必ずオーダーする部位ではあるんですが、外で食べるならやっぱりいろんなパーツを食べたいのでせせり連打はあり得ない。

最初から最後までせせりで通す。

これは家飯だからこそ実現できる偏り、なのかもしれません。

 






関連記事

141001d3

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

タコとわけぎのぬた献立

たことわけぎのぬた、明太子豆腐献立。

赤い。 とにかく青くなりがちな晩酌風景が、やたらと赤い。とりわけ、紅芯大根は鮮やかすぎ

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

チキンソテー ワイン

ワインで家飲み 鶏もも肉のソテー、小松菜のオイル蒸し。

今日はアレが食べたいだのコレが呑みたいだの、食べることに気が回るのは元気な証拠。 と常

記事を読む

柿のチーズ和え

豚肉とピーマンの炒めもの、柿のチーズ和え。

店頭に柿が並んでいますね。 果物として食べる柿には実は全く興味がありません。そのまま剥

記事を読む

dietcookies

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

新橋ときそば

まだ見ぬ場所へと誘ってくれるのは。

とりあえずパフェを食べようという近年稀に見る提案に面食らいながらも、おとなしく受け入れる。し

記事を読む

青菜と豚肉のからし和え

豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段階になって、ああまた緑だらけの

記事を読む

砂肝炒め献立

一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

3月ですね。 3月って言ったら何かなあ、そろそろ春らしいあれこれが出てくるよねえなどと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑