塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 家飯, 食べること ,

塩鮭と白菜の蒸し煮

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。

冬の野菜だからか、鍋ものの常連だからか、はたまたとろりと甘いその味わいによるものなのか。

なんだかわからないけれど寒い日にはくったくたに煮えた白菜を食べたいなあとふと思うのです。

思い立ったら即実行、ということで山盛りの白菜をフライパンにぎゅぎゅっと詰めてくつくつ蒸すことにしました。

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶら献立

塩鮭と白菜の蒸し煮、ゆずかぶらで晩酌

  • ゆずかぶら
  • もやしとにんじんの味噌汁
  • 切り昆布の煮もの
  • 塩鮭と白菜の酒蒸し

ゆずかぶら

ゆずかぶら

薄切りにして塩もみした蕪をさっと茹でた蕪の葉、出汁昆布、ゆず果汁、ゆず皮と一緒に漬けたもの。

もやしとにんじんの味噌汁

もやしとにんじんの味噌汁

本日の味噌汁はもやしとにんじん。先日ナムルを作る際に茹でておいたものを流用です。

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの

こちらも同じく先日の残りもの。

塩鮭と白菜の酒蒸し

塩鮭と白菜の酒蒸し

ざく切りにした白菜の芯をフライパンに敷き詰め、一口大に切った塩鮭を並べ上から白菜の葉の部分を覆いかぶせてしょうがの薄切り、荒く潰した粒胡椒、酒を回しかけ、ごく少量の塩を振って蓋をし蒸し煮にします。白菜がくったりと煮えたら完成。

塩鮭の塩気によっては塩なしでもいいかも。味が薄かったらポン酢で食べようと思っていたらちょうどよい具合に仕上がったのでこのままもりもりいきました。やっぱり甘く煮えた白菜はあたたまる気がするなあ。

日本酒にあうおつまみレシピ

さてゆずの香りの漬けものが食べたいなあと考えて蕪を選びました。
蕪の漬けものってしなやかでどことなく控えめな歯ごたえでいじらしい。そこにふわっと華やかなゆずの香りをまとわせてやると立派な日本酒のお供として活躍してくれます。本来ならこういう漬けものには何かしらの甘味を加えるものなのでしょうか。甘さを足さずとも野菜自体が十分甘いじゃないかと考えているところがあるので毎度のことながら甘味レス。特に白砂糖を敵視しているわけでもないのだけれど、なくても十分美味しいからいいや、というのが正直なところです。

もちろんしょうゆ味の甘辛系煮ものなどしっかり甘味を加えたほうが魅力的な料理もあります。そしてそういう料理は得てして辛口の日本酒に合ったりするのです。砂糖たっぷりしっかり味のアテで日本酒ごくごくごっくごく、なんという地獄の一丁目感。だからこそ魅惑的と言えなくもないのが美味しいものの恐ろしさだなあと勝手に震えています。

 




関連記事

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

じゃがいもとひき肉の塩煮献立

味付けのバリエーションが、塩ばかり。

大きめサイズのじゃがいもがひとつ、余っていました。 煮るにせよ焼くにせよ、1個じゃなん

記事を読む

1人暮らしの晩ご飯 8/8 にんじんだけで一品。

昨夜があまりにも緑ばかりの食卓になってしまったので、今夜は赤いものを食べる、と決めていました。

記事を読む

鱈(たら)豆腐の献立

たら豆腐、白菜のサラダで晩酌。

帰宅途中電車に揺られながら今夜の晩酌のことを考えていてふと鱈が食べたいな、と思いました。

記事を読む

にじますのねぎ油蒸し

にじますのねぎ油蒸し、キャベツの梅しそ和え献立。

いただきもののにじますシリーズ、本日で最後です。にじますのちゃんちゃん焼き献立。にじますの

記事を読む

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。 と言っても、外食ではちょくちょく食べて

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

白菜と春雨の煮もの献立

白菜と春雨の煮もの、青梗菜としめじのスープ献立。

夕食を作り始めてから急激にお腹が空いてメニューを変更することはありませんか? 私はあり

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮献立

豚肉と水菜のはりはり煮、たたきれんこんの酒粕味噌汁献立。

寒くなってきたので、そろそろ汁っぽいものが恋しくなってまいりました。 味噌汁とか、鍋も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑