塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 家飯, 食べること ,

塩鮭と白菜の蒸し煮

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。

冬の野菜だからか、鍋ものの常連だからか、はたまたとろりと甘いその味わいによるものなのか。

なんだかわからないけれど寒い日にはくったくたに煮えた白菜を食べたいなあとふと思うのです。

思い立ったら即実行、ということで山盛りの白菜をフライパンにぎゅぎゅっと詰めてくつくつ蒸すことにしました。

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶら献立

塩鮭と白菜の蒸し煮、ゆずかぶらで晩酌

  • ゆずかぶら
  • もやしとにんじんの味噌汁
  • 切り昆布の煮もの
  • 塩鮭と白菜の酒蒸し

ゆずかぶら

ゆずかぶら

薄切りにして塩もみした蕪をさっと茹でた蕪の葉、出汁昆布、ゆず果汁、ゆず皮と一緒に漬けたもの。

もやしとにんじんの味噌汁

もやしとにんじんの味噌汁

本日の味噌汁はもやしとにんじん。先日ナムルを作る際に茹でておいたものを流用です。

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの

こちらも同じく先日の残りもの。

塩鮭と白菜の酒蒸し

塩鮭と白菜の酒蒸し

ざく切りにした白菜の芯をフライパンに敷き詰め、一口大に切った塩鮭を並べ上から白菜の葉の部分を覆いかぶせてしょうがの薄切り、荒く潰した粒胡椒、酒を回しかけ、ごく少量の塩を振って蓋をし蒸し煮にします。白菜がくったりと煮えたら完成。

塩鮭の塩気によっては塩なしでもいいかも。味が薄かったらポン酢で食べようと思っていたらちょうどよい具合に仕上がったのでこのままもりもりいきました。やっぱり甘く煮えた白菜はあたたまる気がするなあ。

日本酒にあうおつまみレシピ

さてゆずの香りの漬けものが食べたいなあと考えて蕪を選びました。
蕪の漬けものってしなやかでどことなく控えめな歯ごたえでいじらしい。そこにふわっと華やかなゆずの香りをまとわせてやると立派な日本酒のお供として活躍してくれます。本来ならこういう漬けものには何かしらの甘味を加えるものなのでしょうか。甘さを足さずとも野菜自体が十分甘いじゃないかと考えているところがあるので毎度のことながら甘味レス。特に白砂糖を敵視しているわけでもないのだけれど、なくても十分美味しいからいいや、というのが正直なところです。

もちろんしょうゆ味の甘辛系煮ものなどしっかり甘味を加えたほうが魅力的な料理もあります。そしてそういう料理は得てして辛口の日本酒に合ったりするのです。砂糖たっぷりしっかり味のアテで日本酒ごくごくごっくごく、なんという地獄の一丁目感。だからこそ魅惑的と言えなくもないのが美味しいものの恐ろしさだなあと勝手に震えています。

 




関連記事

きつね納豆献立

きつね納豆、小松菜のしらすおろし和え献立。

つまみバリエーションはそう多くない我が家の食卓ですが、中でもきつね納豆登場回数はかなり多いの

記事を読む

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情。

セブ島の物価について。2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸っ

記事を読む

蒸し鶏とキャベツのエスニックソース レシピ

蒸し鶏とキャベツのエスニックソース、じゃがいものたらこ和え。

今朝、出かける時に近所のスーパーに立ち寄ったら、表にかわいらしいトイプードルの女の子がつなが

記事を読む

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

トマトと卵いため献立

トマトと卵の炒めもの、ツナと韮のサラダ。

またしばらく自炊ができない環境になります。 以前は全く自炊ができない生活なんて無理

記事を読む

小松菜の煮浸し、セロリの卵炒め献立。

週末はワインを呑んでいました。 が、今日は通常モードの和食体制です。 なんか野菜

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮献立

秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。 居酒屋で友人と秋刀魚の塩焼きをつつきながらそう話す

記事を読む

芳水 純米カップ

徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶまれた日本酒ツアー、無事再開であ

記事を読む

手羽焼きで晩酌

手羽焼き、おつまみ奴献立。

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。 焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑