荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

公開日: : ミニマルライフ, 旅人への道

narita1512233

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

旅の荷物のパッキングはもちろん、その他諸々の手配ごとも、さらに旅立った後の現地でのあれこれを考えても、楽しみな反面憂鬱にもなる。

関連 ただいま、を何度も作る。

誰かと一緒に出かける前に味わうささやかな緊張感とは異なる、一人旅ならではの憂鬱。今回も存分に味わっています。

パッキングが面倒で旅行に行きたくない

さて今回の憂鬱は重みを伴うものでした。

重み。メタファーではなく、本来の意味での重み、重量。そう、できるだけ軽くしようと頑張ったにも関わらず、スーツケースがやたらめったら重いのです。

関連 荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

だから冬の旅はいやなんだ、と重量を計ってみたらばなんと大台に乗る一歩手前の19.5kg。そりゃ重い、重すぎる。手荷物のみなら7kg、スーツケースでも15kg程度が我が腕力の限界であるのに、20kgになったらもう手に負えない、階段の上り下りは怪しくなる。

関連 預け荷物20kgの目安。

約1年ぶりの旅。さらに言えば1年半ぶりの1人旅。ずっと楽しみにしていたというのに、重い荷物を引きずって旅立つ自分を想像して少なからずげんなりしたのでありました。ああもう行くのめんどくさくなってきちゃったよ。

必要なものが多すぎる生き方

JALプレミアムエコノミーラウンジ

持っていくのが嫌ならば荷物を減らせばいいじゃないかという話なのですが、そうもいかず。削れないから重いのです、としかいいようがありません。今回の必需品がそもそも重いのだから仕方ないのです。

思うに、こんなことは旅に限らず、日常生活でも同じこと。部屋に物が多すぎるからすっきりさせたい、捨てたい、そう考えたとて、それらが全て必需品であるとしたら減らせるわけもなく。ましてや捨てること自体が目的になっているものまで無理やり減らすのもおかしな話。

関連 苦しみながら捨てても意味がない。

生きていくのに必要な物ってそんなに多くない、と、個人的には思っているけれど、必要な物が多すぎる人生というのもそれはそれで豊かではあるのだと思う。

いらないものだとわかっているのに捨てられないとか、単なる執着心から不要な何かを手放せない、なんて状態はあまりよろしくなさそうだけどもね。

ミニマリストの持たない暮らし

行くのがめんどうになってきた、といいつつ、重みに屈することなくどうにか成田に辿りついたら自然にニヤニヤし始めた自分に気づく。よかった、行くのやめなくて。いや、やめるつもりなんてないけどさ、ちょっとぶーたれてみただけ。

荷物を預けて身軽になれば、あの憂鬱はどこへやら。ラウンジでまったり泡など飲みながら(気分的には)無事今年を納めた充実感を味わうのでした。

 




関連記事

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

鬼怒川猫連れ温泉旅、鬼怒川、日光、鬼平江戸処。

おばさんと猫の温泉旅、最終回です。 ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

記事を読む

ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られまし

記事を読む

湯シャン生活5ヶ月目の髪、頭皮、そして白髪について。

シャンプーを使わなくなってから5ヶ月が経過しました。 ちょっとびっくり。5ヶ月って結構な期

記事を読む

減らす日々終了、荷物は2割減ったのか。

By: Frédérique Voisin-Demery[/caption] 引き続き月初の

記事を読む

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

香港年末一人旅 東の筲箕灣、西の堅尼地城。

トラムが楽しい、の続きです。 関連 香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。 香港

記事を読む

最小限の持ち物を最大限に活かす。

By: Martha Soukup[/caption] 昨日は週に1度の休肝日、そして休胃日

記事を読む

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

収納術に興味もなければセンスもない、だから他に選択肢はない。

By: Dave Miller[/caption] 現在の住まいには収納がありません。何度も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。

ビビン麺献立
ビビン麺定食で南の島を思い出す不思議。

ポッサム活用献立その2です。 お盆時期に煮た豚かたまり

→もっと見る

PAGE TOP ↑