たこじゃが、おくら奴で家飲み。

公開日: : 家飯, 食べること ,

たこじゃが

またじゃがいもです。

たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみだなあと思いつつ、じゃがいもがダブついている時はたこが手に入らず、たこに目が行く時はなんとなくじゃがいも気分じゃない、などタイミングが合わず。

そういうこと、ありませんか。

たこやらじゃがいもなんてのは入手困難なレア素材でもなんでもないのだけれど、何事もタイミングというものがある。運命とはそういうものです。

たこじゃが、おくら奴で晩酌

たこじゃが、オクラ奴で晩酌

  • きのこスープ
  • ぬか漬け
  • 蒸しなすの涼拌
  • おくら奴
  • たこじゃが

きのこスープ

きのこスープ

鶏ガラスープでしめじを煮た簡易スープ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、セロリ、なすの3点盛り。

蒸しなすの涼拌

蒸しなすの涼拌

小口に切ったねぎ、唐辛子、ごま、しょうゆ、黒酢、ごま油を合わせたタレを蒸してから冷やしておいたなすにかけたもの。

おくら奴

おくら奴

茹でて刻んだオクラをのせた冷や奴。かつお節を添えてポン酢で。

たこじゃが

たこじゃが

一口大に切って茹でたじゃがいもと潰したにんにくを鍋に入れ酒をまわしかけ火にかけ、蓋をして蒸し煮に。途中で茹でたこも加えてさっと煮て塩で味を整えたら完成。

たことじゃがいもを組み合わせるならガリシア風という手もあるなあと直前まで悩んだ末、いやいや、今日は日本酒だし、と思い直して酒蒸しに。酒を媒介としてじゃがいもににんにくとたこの香りをふわっとまとわせるイメージです。この上なくシンプルだけどいいつまみ、大葉の千切りを添えると彩りもよし。

しかし旨かったからこそ脳裏に残るガリシアへの思い。次回はオリーブオイルを動員してワインに寄せてみようかな。

おつまみレシピブログ

じゃがいも同様、ここのところ連日蒸しなすを連打しております。何しろ近所の八百屋で連日ころころしたなすが安売りされているもので、ついつい手にとってしまうのです。

今日は写真の色合いからなんとなく台湾の旅を思い出し「涼拌(リャンバン)」などと表してみました。

関連 台湾一周一人旅 噴水広場に東石漁港、嘉義で行ったところ。

この時食べたのはしっかり油で揚げたなすのおかずだったので、全然別物なんですけども、なんとなく。夏場はぬか漬けを始め毎日のようにお世話になっているなすですが、去年までは断然焼き派だったのに今年になって突如蒸し派に転向。ナスニンを含む茄子紺の皮が食べたいばかりにあっさり転向。運命とはそういうものです。

 




関連記事

マッシュルームサラダ

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立。

どうしてもサラダにして食べたくて、おかしな品揃えに。 生ハムとマッシュルームのバケット

記事を読む

トマト冷しゃぶ献立

トマト冷しゃぶ、えのきスープ献立。

肉が少しに野菜たくさん、というメニューが好きです。 肉は大好きなのですが、肉だけを食べ

記事を読む

家飲み献立 12/12 キャベツの卵焼き、アンチョビ奴、きつねチーズ。

TGIF! みなさん絶賛年末進行実施中ですか? 私もなかなかに仕事しまくりの師走

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

焼きかぶ

焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお得感から、ついつい手に取ってし

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐で汁飲み晩酌。

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。 平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペク

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

坊ちゃんかぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソース献立。

今回のかぼちゃは、坊ちゃんかぼちゃです。 通常サイズのかぼちゃをまるまる1個購入する勇

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、あさがお菜のおひたしで晩酌。

今日のメインはきつね納豆、は確定。 さて何か青菜が欲しいなあと駅前のスーパーに寄ると「あさがお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑