たこじゃが、おくら奴で家飲み。

公開日: : 家飯, 食べること ,

たこじゃが

またじゃがいもです。

たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみだなあと思いつつ、じゃがいもがダブついている時はたこが手に入らず、たこに目が行く時はなんとなくじゃがいも気分じゃない、などタイミングが合わず。

そういうこと、ありませんか。

たこやらじゃがいもなんてのは入手困難なレア素材でもなんでもないのだけれど、何事もタイミングというものがある。運命とはそういうものです。




たこじゃが、おくら奴で晩酌

たこじゃが、オクラ奴で晩酌

  • きのこスープ
  • ぬか漬け
  • 蒸しなすの涼拌
  • おくら奴
  • たこじゃが

きのこスープ

きのこスープ

鶏ガラスープでしめじを煮た簡易スープ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、セロリ、なすの3点盛り。

蒸しなすの涼拌

蒸しなすの涼拌

小口に切ったねぎ、唐辛子、ごま、しょうゆ、黒酢、ごま油を合わせたタレを蒸してから冷やしておいたなすにかけたもの。

おくら奴

おくら奴

茹でて刻んだオクラをのせた冷や奴。かつお節を添えてポン酢で。

たこじゃが

たこじゃが

一口大に切って茹でたじゃがいもと潰したにんにくを鍋に入れ酒をまわしかけ火にかけ、蓋をして蒸し煮に。途中で茹でたこも加えてさっと煮て塩で味を整えたら完成。

たことじゃがいもを組み合わせるならガリシア風という手もあるなあと直前まで悩んだ末、いやいや、今日は日本酒だし、と思い直して酒蒸しに。酒を媒介としてじゃがいもににんにくとたこの香りをふわっとまとわせるイメージです。この上なくシンプルだけどいいつまみ、大葉の千切りを添えると彩りもよし。

しかし旨かったからこそ脳裏に残るガリシアへの思い。次回はオリーブオイルを動員してワインに寄せてみようかな。

おつまみレシピブログ

じゃがいも同様、ここのところ連日蒸しなすを連打しております。何しろ近所の八百屋で連日ころころしたなすが安売りされているもので、ついつい手にとってしまうのです。

今日は写真の色合いからなんとなく台湾の旅を思い出し「涼拌(リャンバン)」などと表してみました。

関連 台湾一周一人旅 噴水広場に東石漁港、嘉義で行ったところ。

この時食べたのはしっかり油で揚げたなすのおかずだったので、全然別物なんですけども、なんとなく。夏場はぬか漬けを始め毎日のようにお世話になっているなすですが、去年までは断然焼き派だったのに今年になって突如蒸し派に転向。ナスニンを含む茄子紺の皮が食べたいばかりにあっさり転向。運命とはそういうものです。

 






関連記事

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

じょっぱり純米

青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。 関連 勝手に

記事を読む

五人娘

千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

なんだか肉っけが続いていた先週。 休肝日明けの献立はちょっと軽めに組んでみました。注文

記事を読む

鶏じゃが

家飲みメニュー 鶏じゃが、つるむらさきのおひたし。

近所でダウンジャケットを着用している女性を見かけて、さすがにまだ早くない?なんて思ったら外国

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

秋鮭と白菜のしょうが蒸し献立

秋鮭と白菜のしょうが蒸し、にら奴で家飲み。

先日のタルタルソース添えに使った残りの秋鮭は毎度おなじみの酒蒸しに。 夏の終わりにして

記事を読む

一人晩酌 おつまみ

晩酌おつまみ 肉団子ときのこの煮込み、プチトマトのナムル。

ようやく復活、といったところでしょうか。 密かなお楽しみの一人晩酌、先週は腰痛のおかげ

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

豚薄切り肉レシピ

晩酌献立 9/30 蕪の葉と豚肉の生姜ポン酢和え、きのこと豆腐のスープ。

無駄に葉野菜が好きなのですが、安く出ているとついつい手に取ってしまうのが蕪。 葉と本体

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑