にらと豚のしょうが炒め、きのこスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

にらと豚のしょうが炒め献立

素材の切り方によって、出来上がりの料理は味わいも食感も変わってくる。

ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮献立。

野菜においてはこの事実を日々体感していましたが、そうか、肉もそうだ。

野菜と共に炒めるとなると、つい癖で一口大に切ってしまう豚肉。大きめサイズで炒めると、また別の料理になりますね。

にらと豚のしょうが炒め、きのこスープで晩酌

180611_ienomi_7

  • きのこスープ
  • ぬか漬け
  • トマトの塩昆布和え
  • にらと豚のしょうが炒め

きのこスープ

きのこスープ

薄切りにしたエリンギ、小房に分けたしめじを水から煮て塩、胡椒、ごま油、黒酢で調味したスープ。動物系出汁は加えない純きのこスープです。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはピーマンとにんじん。

トマトの塩昆布和え

トマトの塩昆布和え

くし型に切ったトマトを塩昆布、千切りの大葉、オリーブオイルで和えます。

にらと豚のしょうが炒め

にらと豚のしょうが炒め

豚ロース薄切り肉は酒と片栗粉で下味をつけておきます。フライパンに油を熱し千切りのしょうがを炒め、香りが出たら豚肉を並べ入れて両面焼きます。4cm長さに切ったにらを入れ、しょうゆをまわしかけざっと炒め合わせ、最後にごま油で風味付けして完成。

平たく言えば、アレですね。甘味の入らないしょうが焼き。豚肉でにらをくるんでわしわしいく心地よさ。これならビールでもよかったかなー。

家飲みブログ

巷のしょうが焼きにはいろんなパターンがありますが、玉ねぎと炒め合わせるタイプもよく見かけますね。が、私の中でのしょうが焼きは豚肉単体、野菜はあくまで付け合わせというスタイル。

豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立。

よって、本日のこれに名称をつけるならばやっぱりにら炒め、になるでしょうか。完全なる気持ちの問題ですけども。

大きなサイズのままガツガツ食べるのが思いのほか気持ちよくて、これ、豚コマ肉で作ったらまた別の料理になったんだろうなと考える。同じ材料を使った料理でも、切り方ってのは出来上がりに大きな影響を及ぼすのだなと再確認した次第です。

ちなみに、豚コマは豚コマで大好きです。いつもお世話になりありがとうございます。

 




関連記事

休肝日ごはん 豚汁、かぶのしょうが炒め献立

酒を飲む人はどれくらいの頻度で休むのか。

休肝日ならぬ、休肝週を久しぶりに敢行。 酒を飲まない夜はそれ自体を「もの珍しいイベント

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

すっぴんるみ子の酒

三重の酒 すっぴん るみ子の酒 9号酵母で晩酌。鰤と小松菜の梅昆布蒸し。

またまた日本酒に強い酒屋を発掘しました。 これでますます日本酒ツアーが快適になるという

記事を読む

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

れんこんのきんぴら献立

れんこんのきんぴら、キャベツとツナの塩昆布和え献立。

年が明けてからもしばらくは去年の晩酌献立ストックを放出しておりました。よって、本日更新分から

記事を読む

にんじんの卵炒め

にんじんの卵炒め、エンサイ納豆献立。

冒頭からお目汚し失礼いたします。 使い切りたいにんじんがありました。ツナも卵もあると

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

親子煮献立

親子煮と梅大根で家飲み。

先日の江戸川散歩でサクッと呑んでパパッと帰ったのには訳がありまして。 関連 上小岩遺跡

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏豆腐献立
鶏豆腐、焼きスナップえんどうで汁飲み。

いやー、寒い寒い。 長年の冷え性対策が功を奏し、この頃

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

→もっと見る

PAGE TOP ↑