鳥豆腐で汁飲み晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鳥豆腐

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。

平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペクトの意味も込めて「鳥豆腐」と記してみました。

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

そんな細かいことはどっちでもいいですね。そして本家の鳥豆腐はもう長らく食べていません。

鳥豆腐で汁飲み晩酌

鳥豆腐献立

  • ぬか漬け
  • 小松菜のナムル
  • 鳥豆腐

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリ、大根。

小松菜のナムル

小松菜のナムル

ゆでた小松菜をごま油、塩、胡椒、すりごまで和えたもの。

鳥豆腐

鳥豆腐

塩を揉み込んで冷蔵庫で一晩置いた鶏もも肉を一口大に切り鍋に入れ、出汁昆布、酒、水を加えて火にかけあくを取りながらゆっくりと煮ます。肉に火が入ったら豆腐とねぎを入れさらに煮込み、最後に春菊を加えてさっと煮たら完成。ねぎを入れたポン酢を添えて。

今回は土鍋で作って一人鍋形式の晩酌としましたが、普通に鍋で煮てお椀にとりわけスープに位置付けるのもアリですね。鶏の出汁をぐいぐい飲みながら酒を飲む汁飲み晩酌にお似合いなのはやはり、熱燗です。

日本酒にあうおつまみレシピ

冬場の晩酌つまみの定番、鍋もの。体は暖まるし旨いし野菜はたくさん摂れるし準備も片付けラクときているのでいうことなし。鍋の主役は肉や魚介ではなく、出汁と野菜ですからね。

肉団子鍋で家飲み。

この鳥豆腐の場合、主役はさしずめ春菊といったところでしょうか。春菊があるのとないのとでは出来上がりが、汁の香りが全く異なる。独特の風味が嫌いじゃなければ、鳥豆腐には絶対に入れて欲しい青菜です。そんなに春菊ばっかりバカスカ食べないよ、という場合も大丈夫。春菊はサラダや和えものなど以外に使い勝手がいいので余っても問題ありません。

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

さてさて、毎日酒ばかり飲んでいる間にあっという間に今年も終わり、晩酌献立もこれで年内ラストです。2018年もお付き合いいただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、どうぞ良いお年を!

 




関連記事

晩酌 おつまみ

1人暮らしの家飲みメニュー オクラ豆腐、青梗菜のオイル蒸し。

豚とか鶏とか肉料理の割合が多い我が家の家飲み献立。 肉好きだから、ということもあるので

記事を読む

セブ島の食と物価 2015。

By: Chris Potter[/caption] 東京にいる時は毎晩自炊の私。野菜たっぷ

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候 で晩酌 たらとオレンジ白菜のしょうが煮。

全国各地の酒を適当に見繕って記録を続けているこのシリーズ、まさかの2020年初のお出かけであ

記事を読む

納豆チャーハン

休肝日ごはん 納豆チャーハン献立。

しばらく続いていた休肝日献立シリーズ、今回で最後です。休肝日の献立本日のメニューは、納豆チ

記事を読む

芳水 純米カップ

徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶまれた日本酒ツアー、無事再開であ

記事を読む

蒸し鶏 献立

晩酌メニュー 蒸し鶏と白菜の香味だれ、にんじんの塩炒め。

調理自体に手間のかかる要素はないものの、みじん切りに千切りと、カットに少々手間取るメニューを

記事を読む

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとかなりそうな豚ロース薄切り肉をひ

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

えのき卵焼き

えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の話ですが。 手羽先とキャ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑