鳥豆腐で汁飲み晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鳥豆腐

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。

平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペクトの意味も込めて「鳥豆腐」と記してみました。

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

そんな細かいことはどっちでもいいですね。そして本家の鳥豆腐はもう長らく食べていません。

鳥豆腐で汁飲み晩酌

鳥豆腐献立

  • ぬか漬け
  • 小松菜のナムル
  • 鳥豆腐

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリ、大根。

小松菜のナムル

小松菜のナムル

ゆでた小松菜をごま油、塩、胡椒、すりごまで和えたもの。

鳥豆腐

鳥豆腐

塩を揉み込んで冷蔵庫で一晩置いた鶏もも肉を一口大に切り鍋に入れ、出汁昆布、酒、水を加えて火にかけあくを取りながらゆっくりと煮ます。肉に火が入ったら豆腐とねぎを入れさらに煮込み、最後に春菊を加えてさっと煮たら完成。ねぎを入れたポン酢を添えて。

今回は土鍋で作って一人鍋形式の晩酌としましたが、普通に鍋で煮てお椀にとりわけスープに位置付けるのもアリですね。鶏の出汁をぐいぐい飲みながら酒を飲む汁飲み晩酌にお似合いなのはやはり、熱燗です。

日本酒にあうおつまみレシピ

冬場の晩酌つまみの定番、鍋もの。体は暖まるし旨いし野菜はたくさん摂れるし準備も片付けラクときているのでいうことなし。鍋の主役は肉や魚介ではなく、出汁と野菜ですからね。

肉団子鍋で家飲み。

この鳥豆腐の場合、主役はさしずめ春菊といったところでしょうか。春菊があるのとないのとでは出来上がりが、汁の香りが全く異なる。独特の風味が嫌いじゃなければ、鳥豆腐には絶対に入れて欲しい青菜です。そんなに春菊ばっかりバカスカ食べないよ、という場合も大丈夫。春菊はサラダや和えものなど以外に使い勝手がいいので余っても問題ありません。

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

さてさて、毎日酒ばかり飲んでいる間にあっという間に今年も終わり、晩酌献立もこれで年内ラストです。2018年もお付き合いいただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、どうぞ良いお年を!

 




関連記事

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

蕎麦屋で呑むのが大好きで、いろんな店に出向きます。 そして基本的には昼間に行くのが好き。(写真

記事を読む

鶏団子と大根のスープ煮

鶏団子と大根のスープ煮、焼きブロッコリー献立。

本日の献立はやや変則パターンで、サラダと、焼き野菜と、スープ煮。そして漬けもの。 いつ

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄で晩酌 牡蠣とほうれんそうの酒蒸しゆず風味。

暖かくなってくると、ちょい香りのいい酒を冷やして飲みたくなりますね。 勝手に日本酒全国

記事を読む

塩豚と白菜のソテー献立

塩豚と白菜のソテー、ごぼうの黒七味醤油漬。

昨日は午後の時間が少々空いたので、キッチンで下ごしらえ作業をしていました。 基本的に毎

記事を読む

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

家飲み献立 10/24 鶏と白菜のミルク煮込みで赤ワイン。

TGIF! 今夜は絶対に温かいスープと赤ワインだ!と朝から心に誓って過ごした1日でした。もちろ

記事を読む

かぼちゃのすっぱいスープ

蕪の葉のしらす炒め、かぼちゃと豆腐のスープ。

酷い雨です。 みなさま十分にお気をつけくださいませ。 こちらはといえば大きな被害

記事を読む

豆腐とひき肉の塩炒め、生わかめのサラダ献立。

たまに出てくる謎料理。 なんとなく頭で思い描きつつ調理にとりかかり、でも途中で方向転換

記事を読む

丸玉食堂(元町)

神戸で酒を飲むならば ’19。

年末年始は故郷である神戸で過ごしました。 大きな予定は特になく、することといえば朝から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

→もっと見る

PAGE TOP ↑