鳥豆腐で汁飲み晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鳥豆腐

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。

平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペクトの意味も込めて「鳥豆腐」と記してみました。

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

そんな細かいことはどっちでもいいですね。そして本家の鳥豆腐はもう長らく食べていません。

鳥豆腐で汁飲み晩酌

鳥豆腐献立

  • ぬか漬け
  • 小松菜のナムル
  • 鳥豆腐

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリ、大根。

小松菜のナムル

小松菜のナムル

ゆでた小松菜をごま油、塩、胡椒、すりごまで和えたもの。

鳥豆腐

鳥豆腐

塩を揉み込んで冷蔵庫で一晩置いた鶏もも肉を一口大に切り鍋に入れ、出汁昆布、酒、水を加えて火にかけあくを取りながらゆっくりと煮ます。肉に火が入ったら豆腐とねぎを入れさらに煮込み、最後に春菊を加えてさっと煮たら完成。ねぎを入れたポン酢を添えて。

今回は土鍋で作って一人鍋形式の晩酌としましたが、普通に鍋で煮てお椀にとりわけスープに位置付けるのもアリですね。鶏の出汁をぐいぐい飲みながら酒を飲む汁飲み晩酌にお似合いなのはやはり、熱燗です。

日本酒にあうおつまみレシピ

冬場の晩酌つまみの定番、鍋もの。体は暖まるし旨いし野菜はたくさん摂れるし準備も片付けラクときているのでいうことなし。鍋の主役は肉や魚介ではなく、出汁と野菜ですからね。

肉団子鍋で家飲み。

この鳥豆腐の場合、主役はさしずめ春菊といったところでしょうか。春菊があるのとないのとでは出来上がりが、汁の香りが全く異なる。独特の風味が嫌いじゃなければ、鳥豆腐には絶対に入れて欲しい青菜です。そんなに春菊ばっかりバカスカ食べないよ、という場合も大丈夫。春菊はサラダや和えものなど以外に使い勝手がいいので余っても問題ありません。

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

さてさて、毎日酒ばかり飲んでいる間にあっという間に今年も終わり、晩酌献立もこれで年内ラストです。2018年もお付き合いいただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、どうぞ良いお年を!

 




関連記事

家飲み献立 10/8 砂肝の葱塩ダレ他全5品で晩酌。

皆既月食かあ…と、階段の窓から空を見上げると赤い月。 おお、これは見えるかも!?と慌て

記事を読む

塩豚とキャベツのしょうが炒め

塩豚とキャベツの炒めもの、蕪の梅サラダ献立。

先日普通に入手したキャベツを大事に食べています。 いやー、つかめない。野菜の動きがつか

記事を読む

牛肉と新玉ねぎの炒めもの、焼きにんじんで家飲み。

先日食べたにんじんが妙に気に入ったのでまたまたまるごとにんじん料理。ちょっと気に入ると続けて

記事を読む

休肝日にはバナナを食べる。

思わぬトラブルに見舞われた先週。 参考 ぎっくり腰になりました 2015 初めてのことで

記事を読む

水菜のレシピと献立

水菜と油揚げの煮びたし、新玉ねぎとツナの塩昆布和え。

こいつらに任せておけば、必ずなんとかしてくれるだろう。 上司からの期待を一身に担う黄金

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

わかめ炒め献立

わかめ炒め、なめこおろし献立。

生わかめを油で炒めたものが好きでよく作るのですが、毎度わかめを準備している時に 「これ

記事を読む

白菜漬け インゲンのごま和え ネギ塩トマト豆腐 塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひた

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑