パスポートとの別れと原点回帰。

公開日: : 最終更新日:2017/04/19 旅人への道

JALプレミアムエコノミーラウンジ

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。
年明けに自宅に戻ってからずっと東京にいるので、ざっと3ヶ月は動いていないことになります。

たった3ヶ月、されど3ヶ月。そんなに頻繁に遠出する必要はないのだけれど、そろそろ次回の旅を計画する時期ですね。

などと考えていてそういえばそろそろ更新時期では?と思い出す。

いかん、もう残存期間が6ヶ月を切っているではないか。




パスポート卒業前夜

passport

前回ニューヨークへ旅立つ前日にWebチェックインしようとして

「パスポート残存期間をご確認ください」

なるアラートが出現して冷や汗をかいた私。

関連 JALプレミアムエコノミー搭乗記、東京・成田からニューヨーク・JFKの旅。

渡航先に関わらず残存期間が1年を切っていたら自動的に表示される警告画面だったようで問題はなかったのですが、さすがにびっくりしました。一人夜中にぇへぁ、とかヘンな声出しちゃったよ。

グループ旅行の出発当日に出国審査でようやく期限切れに気付いた、という恐ろしいエピソードを笑い話として披露するツワモノ(実話・友人)に比べれば、期限切れ半年前でビクビクするなど小者感が否めませんが、たとえ小者と罵られようとうっかり出国できないのは嫌なので近日中におとなしく更新します。

パスポート、次回の更新で通算4冊目?かな?

現在のパスポートが一番使用頻度が高く、関係性は濃く、番号も暗記してしまっているので新しく変わるのが妙に寂しいです。なんだか卒業式前夜のような切なさがある。

最後の目的地

ところで2017年も早くも1/3が終わろうとしていますが(白目)、諸々のスケジュールを鑑みて、今年中に2回くらい遠出できたらいいなあと思っています。

1回は友人に会いに、もう1回は最後の目的地へ。

「最後」ってのはヘン、というか大げさですが、一度は行きたい場所として長年あたため続けていた国というものがいくつかありまして。

先延ばしが大得意な私のことだからこのまま何年も大事に大事にあたため続けて挙句憧れのまま終わっていくのかもねなんて思っていたのですが、意外や意外、リストアップされたディスティネーションはこの数年の間に殆どが現実のものとなったのでした。

関連 70歳のライフプランシート。

行きたい場所はいろいろあるけれど、ここは、とリストアップしていた場所はあとひとつ。ここらで行っちゃおうかなと。

旅行なんてものは時間とお金さえあれば簡単に実現できるけれど、それらが揃っていて自由に旅立てる状況だとしても、なんとなく重い腰が上がらない場合も多々あるもの。

計画性に乏しく準備も苦手な私もその傾向が強いのですが、アクティブな友人たちのおかげもあってここ数年は遠出もできております。ありがたや、ありがたや。

が、今年は基本に立ち返って一人旅を満喫するつもりです。

一人旅への回帰

NYfoods_30

協調性に乏しく団体行動が苦手な私がおっかなびっくりでも友達と旅をする楽しさは理解できたし、誰かと一緒だからこそのメリットも山のようにあるのですが、それとこれとはまた別モノというか。

関連 40代は一人旅に向いている。

見知らぬ場所でひとり、きちんと緊張しながら手探りで徐々に自分の中の活動地図を塗りつぶしていく。一人旅でしか味わえないあの感覚がそろそろ恋しくなってきたのかな。

一人旅は私の旅スタイルの原点であり、理想形であるのかもしれません。

ミニマリストの持たない暮らし

慣れ親しんだパスポートを更新するのは寂しいけれど、10年前とは思えぬ若さゼロのID写真を一新できるのは嬉しい限り。なんだよその眉毛はふざけてんのか。

この先10年連れ添うことになる新パスポートには、できる限り自然かつ柔和な表情にて収まるぞと鼻息荒く挑みます。

 






関連記事

naia_10

マニラ空港ターミナル2での夜明かし、ターミナルフィー2016。

とにかく時間を潰す場所が少ないフィリピン・マニラニノイアキノ国際空港(NAIA)。 こ

記事を読む

myhometown

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

blueskyfrom

僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは 「旅に出るため」

記事を読む

taiwan20163

台湾一周 一人旅。鉄道の旅で駅弁を堪能する。

ゴールデンウィークも終わり本日からお仕事の方も多いでしょうか。 そんな時になんですが、

記事を読む

By: Lauren McKinnon

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

chikaan

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情。

セブ島の物価について。2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸っ

記事を読む

hyoutan

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

tokyotower32

浜松町駅から東京タワーを歩く。東京散歩・港区

久しぶりの東京散歩です。 関連 東京散歩、近くの旅でも旅は旅。 今年に入って近場

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NY_upsndmid_2
人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしま

新ごぼうとベーコンの炒めもの
新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

金魚です。 今日はベーコンを使った炒めもの。じゃあ日本酒

140802lg
方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「

トマトと牛肉のしょうゆ炒め
トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思い

THANN_oil4
今の私が一番キレイ、美を保つには磨くしかない。

40代、今の私がいちばんキレイ。 今日、この瞬間なら、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑