パスポートとの別れと原点回帰。

公開日: : 最終更新日:2017/04/19 旅人への道

JALプレミアムエコノミーラウンジ

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。
年明けに自宅に戻ってからずっと東京にいるので、ざっと3ヶ月は動いていないことになります。

たった3ヶ月、されど3ヶ月。そんなに頻繁に遠出する必要はないのだけれど、そろそろ次回の旅を計画する時期ですね。

などと考えていてそういえばそろそろ更新時期では?と思い出す。

いかん、もう残存期間が6ヶ月を切っているではないか。



パスポート卒業前夜

passport

前回ニューヨークへ旅立つ前日にWebチェックインしようとして

「パスポート残存期間をご確認ください」

なるアラートが出現して冷や汗をかいた私。

関連 JALプレミアムエコノミー搭乗記、東京・成田からニューヨーク・JFKの旅。

渡航先に関わらず残存期間が1年を切っていたら自動的に表示される警告画面だったようで問題はなかったのですが、さすがにびっくりしました。一人夜中にぇへぁ、とかヘンな声出しちゃったよ。

グループ旅行の出発当日に出国審査でようやく期限切れに気付いた、という恐ろしいエピソードを笑い話として披露するツワモノ(実話・友人)に比べれば、期限切れ半年前でビクビクするなど小者感が否めませんが、たとえ小者と罵られようとうっかり出国できないのは嫌なので近日中におとなしく更新します。

パスポート、次回の更新で通算4冊目?かな?

現在のパスポートが一番使用頻度が高く、関係性は濃く、番号も暗記してしまっているので新しく変わるのが妙に寂しいです。なんだか卒業式前夜のような切なさがある。

最後の目的地

ところで2017年も早くも1/3が終わろうとしていますが(白目)、諸々のスケジュールを鑑みて、今年中に2回くらい遠出できたらいいなあと思っています。

1回は友人に会いに、もう1回は最後の目的地へ。

「最後」ってのはヘン、というか大げさですが、一度は行きたい場所として長年あたため続けていた国というものがいくつかありまして。

先延ばしが大得意な私のことだからこのまま何年も大事に大事にあたため続けて挙句憧れのまま終わっていくのかもねなんて思っていたのですが、意外や意外、リストアップされたディスティネーションはこの数年の間に殆どが現実のものとなったのでした。

関連 70歳のライフプランシート。

行きたい場所はいろいろあるけれど、ここは、とリストアップしていた場所はあとひとつ。ここらで行っちゃおうかなと。

旅行なんてものは時間とお金さえあれば簡単に実現できるけれど、それらが揃っていて自由に旅立てる状況だとしても、なんとなく重い腰が上がらない場合も多々あるもの。

計画性に乏しく準備も苦手な私もその傾向が強いのですが、アクティブな友人たちのおかげもあってここ数年は遠出もできております。ありがたや、ありがたや。

が、今年は基本に立ち返って一人旅を満喫するつもりです。

一人旅への回帰

NYfoods_30

協調性に乏しく団体行動が苦手な私がおっかなびっくりでも友達と旅をする楽しさは理解できたし、誰かと一緒だからこそのメリットも山のようにあるのですが、それとこれとはまた別モノというか。

関連 40代は一人旅に向いている。

見知らぬ場所でひとり、きちんと緊張しながら手探りで徐々に自分の中の活動地図を塗りつぶしていく。一人旅でしか味わえないあの感覚がそろそろ恋しくなってきたのかな。

一人旅は私の旅スタイルの原点であり、理想形であるのかもしれません。

ミニマリストの持たない暮らし

慣れ親しんだパスポートを更新するのは寂しいけれど、10年前とは思えぬ若さゼロのID写真を一新できるのは嬉しい限り。なんだよその眉毛はふざけてんのか。

この先10年連れ添うことになる新パスポートには、できる限り自然かつ柔和な表情にて収まるぞと鼻息荒く挑みます。

 




関連記事

By: JD Hancock

旅の準備が簡単になった理由。

By: JD Hancock[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が苦手で.

記事を読む

isuzu2

パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

cebu-esl

大人のセブ島短期英語留学記録 「セブ日記」はじまる。

苦手な寒さから無事脱出、南の島に到着しました。 今回の旅の目的地は毎度おなじみフィリピ

記事を読む

sportsshoes

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

traffic

台湾は治安がいいから女性一人旅も安心?台湾一人旅のここが危ない。

女性の一人旅におすすめの国はどこか?なんて話題になったらおそらく上位にランクインするであろう

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

ニューヨークシティパス

ニューヨークシティパスの使い方 お得で便利で時間を節約できるのか?

今回のニューヨーク旅行はお得なパッケージツアーを利用しました。 パッケージツアーと言っ

記事を読む

モアルボアル旅行記

モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録2015 その1。

セブ島滞在中、3泊4日でモアルボアルに行ってきました。 モアルボアルは旅行者に人気のダ

記事を読む

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑