豚かたまり肉をしっとり茹でる方法。

公開日: : 最終更新日:2015/06/24 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯

pot.min

誰にも会わないシェアハウスの夜。

お盆だなあ、としみじみ。

私といえば、何ら特別なことのない通常運転です。

そして、今夜も家飲みです。

 

茹で塩豚で晩ご飯

140812d.min

  • 小松菜のからし和え
  • きくらげとキュウリの酢の物
  • 茹で塩豚
  • 野菜と春雨のスープ

茹でた小松菜をめんつゆとからしで和えました。素材の味が引き立つようにかなり薄めの味付け。

作りおき木耳をきゅうりとあわせて簡単酢の物に。

仕込んでおいた塩豚、本日はしっとりと茹でました。
茹でる、といってもたっぷりの水から弱火にかけ、沸騰する直前の煮立てない温度で5分。火を止めて鍋が完全に冷めるまで放置するだけという簡単さです。鍋を見張るのは10分程度であとは時間が美味しくしてくれるので楽チン。

盛り付けにやや難ありですが、鮮やかなピンクでなかなかの出来でした。

薄くスライスした湯で豚を大葉、白髪葱と一緒にレタスでくるりと巻いてレモンをギュッと。茹で豚にはパンチの効いたニンニク味噌やキムチを添えるのもいいけれど、今回はナンプラーとごま油のタレでエスニックテイストを楽しみました。

今夜はなんだか肌寒かったので、温かいものを1品追加。
塩豚の茹で汁にストックしていた塩もみキャベツと春雨、みじん切りの葱を加え、最後に胡椒を振るだけの簡単スープです。

久しぶりに仕込んだ塩豚、焼いても茹でても使える優秀ストック料理だなあと改めて実感。今回は肩ロースで作ったけれど、塩豚は脂身が美味しいので次回はバラにするかな。

 

ゆでておく 漬けておく 揚げておく 炒めておく (地球丸くらしブックス)
ウー ウェン
地球丸
売り上げランキング: 630,443



関連記事

鰤カマと白ネギの昆布蒸し

ぶりと白ネギの昆布蒸し、生ひじきの梅サラダ献立。

帰省中にぶりしゃぶを食べたんですよ。 美味しいよねえ、ぶりしゃぶ。 脂の乗ったぶ

記事を読む

蒸し鶏 献立

晩酌メニュー 蒸し鶏と白菜の香味だれ、にんじんの塩炒め。

調理自体に手間のかかる要素はないものの、みじん切りに千切りと、カットに少々手間取るメニューを

記事を読む

アジアンチキン

家飲みおつまみ ナンプラー手羽焼き、きのこおろし。

いやあ、日中は暑いくらいでしたね。 陽気に浮かれ、さらに日本酒のストックが切れそうだっ

記事を読む

カヴァで家飲み

牡蠣のオイル漬けとカヴァで家飲み。

大雪が降るって予報だったじゃないですか。 そっちがそのつもりなら私にだって考えがある。

記事を読む

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴献立。

先日のなす料理に引き続き、読んで食べたくなって作ったパターンです。 なすにんにく炒め、

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

鶏豆腐 レシピ

鶏豆腐、セロリ卵の家飲み献立。

今朝は朝から税務署に行ってきました。 いやー、真っ最中ですからね、かなりの混雑。

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

焼き油揚げのねぎ酢醤油

キャベツのわさび白和え、焼き油揚げのねぎ酢醤油献立。

肉や魚、卵といった王者の風格漂う食材をメインに据えない献立を作りがちです。焼き野菜とか。油

記事を読む

塩鮭と白菜の酒粕煮献立

白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまとめて焼いたものが入ってる鍋でし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

今すぐ時給を上げる方法。

週明けが締め切りの仕事がありましてですね。お話をいただいたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑