40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

公開日: : 最終更新日:2018/02/15 健康と美容

髪でも切るか、と考えた次の日に髪を切りに行きました。

やるやる詐欺常習犯の私にしては珍しく即断即決即行動。こりゃ気持ちいい。

前回刈り上げてからまさかのそのまま放置プレイですっかり結べる長さになっていた私を見て、いつものスタイリストさんが

「の、伸びましたね…」

と絶句されたのも当然のことと言えましょう。何が即断即決だ、毎度横着者ですみません。

40代のヘアカタログは不要論

ところでカットの際は毎度ネットで適当に検索していいなと思った写真をスマホに入れて持参しスタイリストさんに見せる、という方法を取っています。

最近は各サロンさんのPRを兼ねたサイトで長さやカラー、パーマのあるなしでさまざまなスタイルを細かく検索できるので助かりますね。まあ結局その写真を参考に別の行きつけのサロンに行っちゃってるところはなんだかごめんなさいという気もしなくはないですが。

で、いろいろ検索している時に

「40代に人気のショート」

とかそういう文言が添えられてるスタイルがあるわけですよ。でもそこに写っているモデルさんはピチピチの20代だったりする。
これは単にカットモデル界は20代が多いけど年齢関係なくヘアスタイル検索をしている人はいるという話なんだろうけど、40代以上と思しきモデルさんが掲載されているカタログはいかにもマダム然としたスタイルが多くてなんだかいろいろ混乱するのです。私全然美魔女マダム系じゃないし。

という話をカット中にしたらスタイリスト氏は

「個人的には40代向けのヘアカタログっていらないんじゃないかと思う」

とおっしゃる。

「髪が痩せてきてもふんわり見せるコツとか白髪が目立たないスタイルなんてお悩みに対する答えを提示する内容なら納得できるけど、単にこれくらいの年齢になったらこういうスタイル!って決めつけて提案するのは何の意味も説得力もなくないですか」

と。

まあ、そうですわな。

自意識過剰なヘアオーダー

大体可愛らしいモデルさんのしているスタイルを真似たところで同じにはなれないのは誰もが承知している事実。なのに

「若いモデルさんがやっている髪型にしてほしいなんてオーダーしたらド厚かましいと思われるんじゃないかしら?」

などと恥ずかしがるのは自意識過剰以外の何物でもない。

じゃあ私が歳を考えて宮沢りえあたりの写真を持って行ったら宮沢になれるかと言えばやっぱりこれも顔が違うので無理。だから宮沢の写真を持っていくのは恥だ、鏡見て出直して来いとか言われるだろうかなんて考えてたらそれはもう「ただしイケメンに限る」の世界に集約されてしまうので髪型のオーダーくらい顔とか歳とか深く考えないで好きなようにすればいいんじゃないですか?と。

普通のヘアカタログの中に気に入ったスタイルがあるのならば、40代のヘアカタログをわざわざ見て40代らしい髪型とは、とか考えなくてもいいですよ、というのが氏の言い分でありました。なんかこの人ちょこちょこ正論放ってくるので侮れません。

関連 髪を切るタイミングとかっこいい白髪。

そういや先日少し年上の友達がいい感じのボブに変身していて、へえ、似合うじゃん!と素直に感想を述べたところ

「ガッキーみたいにして、とオーダーした」

と真顔でのたまいました。

ガッキーと彼女にはヒト科のメス以外に何の共通点もなく髪型を見ただけではガッキー意識だな、などと気がつかなかったけどかなり似合っていたのでいいんじゃないでしょうか。だって彼女は別に若く見られたかったわけではなく、もちろんガッキーに近づこうとしたのでもなく、このスタイルが今の自分に似合うと踏んで選んだ、ただそれだけだもんね。多分。

関連 「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

とか書いたらまた痛い勘違いおばさんって言われるのかしら。まあ別にそれでいいや、と思える程度には40代に慣れてきた今日この頃。すっかり馴染んだなと感じたところで40代とはさようなら、になるのでしょう。青春時代同様人生の中で限られた時間であるおばさん時代を存分に満喫したいわ。

 




関連記事

耳掻き依存症から抜け出すための対策。

By: Lisa Williams[/caption] 耳かきが好きです。 自覚してい

記事を読む

復活の狼煙 動くべきか、動かざるべきか。

2週間ぶりの復活です。 激しく踊っても崩れないベースメイクと気温問題。 またまた

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑の結果。

カラートリートメントの一種であるカラーバターなるものがあります。 ジャー入りでペースト

記事を読む

パッチテストの準備

皮膚科で受けるパッチテスト 方法と事前準備。

突然肌の調子が悪くなり、もうこの際だからしっかり調べましょうか、という気になった2016年の

記事を読む

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

白髪ケアについて、かれこれ4年に渡り書き続けています。 白髪ケアの記録 簡単かつ

記事を読む

またまた禿げてしまった、原因はなんだ。

先週中頃、側頭部に異常を認めました。 そうです。4年振り、3回目?4回目?だかの、円

記事を読む

慢性化した辛さを劇的に改善するストレッチがありがたい。

足の裏だかふくらはぎだかよくわからないけど、とにかく足が重くてだるい。 ここしばらく

記事を読む

腹筋を100回毎日続けた結果。

友人宅にて開催された新年会での出来事。いい感じに酒が入った頃、参加者の一人が今年の目標を明ら

記事を読む

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

私は現在都内で一人暮らしをしております。 会社勤めをしていないフリーランスの身なので、

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏豆腐献立
鶏豆腐、焼きスナップえんどうで汁飲み。

いやー、寒い寒い。 長年の冷え性対策が功を奏し、この頃

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

→もっと見る

PAGE TOP ↑