蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること

蕪と豚肉の味噌炒め

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。

蕪とか葉付き大根は1度で2度おいしい的に使えるのでついつい手に取ってしまう野菜のひとつ。って、蕪が登場する度に毎回同じこと書いてる気がしますが事実なんだから仕方ない。

今回の蕪は煮るか焼くかどうしたものかなと考えて豚肉と合わせて炒めものに。

にんにくしょうがをきかせた味噌味というこってりした味付けを選んだのはやはり寒さのせいでしょうか。

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープで家飲み

蕪と豚肉の味噌炒め献立

  • ぬか漬け
  • えのきのスープ
  • かぼちゃの塩煮
  • 蕪と豚肉の味噌炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとなすの2種。

えのきのスープ

えのきのスープ

鍋に水と酒を入れえのきを煮て塩、胡椒で味付けして水溶き片栗粉でとろみをつけたシンプルなスープ。仕上げにごま油で香り付け。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

毎度おなじみかぼちゃの塩煮。塩と少量の水だけでかぼちゃを蒸し煮にします。今回のかぼちゃはやや水分が多いタイプでちょっと残念。

蕪と豚肉の味噌炒め

蕪と豚肉の味噌炒め

豚こま肉は塩、胡椒、酒、片栗粉を揉み込んでおきます。フライパンに油をひき潰したにんにく、薄切りにしたしょうが、唐辛子をいれ香りがたったら4つ割にした蕪を入れ炒めます。続いて豚肉を加え炒め合わせたら味噌、みりん、酒、醤油を混ぜ合わせたタレと蕪の葉を加えてざっと炒めたら完成。

ガツンと濃い味の炒めもの。うっかり熱燗を準備してしまったけれど、紹興酒を飲んでもよかったな。

日本酒にあうおつまみレシピ

メインがしっかり濃い味のおかずなので副菜は極めてあっさりと。えのきのスープなんて出汁はえのきだけですからね、鍋に放り込んでおくだけなのでラクラクです。

そういや少し前にえのき氷なるものが流行った気がしますが(詳しくは知らない)最近妙に好きなんです、えのき。

いつでも簡単に手に入るしお手頃だし食感も風味も良くてなんだなんだ、実は結構いいヤツじゃないか、と私の中でえのき再評価の声が俄然高まり中。その昔はなめたけでご飯を食べるのが大好きな幼女でしたが、今はえのきひとつであれこれつまみを作れる立派な大人になりましたとさ。めでたしめでたし。

 




関連記事

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、にらのおひたし献立。

無類の葉野菜好きゆえに、どうしても全体的に青っぽくなってしまいがちな我が家の晩酌風景。しかし

記事を読む

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

セロリ入り卵焼き

セロリ卵焼き、蒸し鶏と白菜のしょうが和え献立。

毎度おなじみ、野菜入り卵焼きで晩酌です。 含めた卵焼きにする野菜として、私の中で最も

記事を読む

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

トマトとエシャロットの炒めもの

トマトとエシャロットの炒めもの、レタスとのりのサラダ献立。

生まれて初めて入手したエシャロットが旨かったので、再び購入。 京都の酒 玉乃光 純米吟

記事を読む

シェアハウスで料理 8/23 コノスル、パルマ、エメンタール。

週末はワインにしないといけない、なんていう決まりは特に設けてないのですが、はて。 毎週末の定番メ

記事を読む

小さい里芋の蒸し焼き

かぶと豚肉の梅炒め、小さい里芋の蒸し焼き献立。

小さい里芋。もっと他に言い方はないのかと考えてはみたけれど、やっぱり小さい里芋としか表現でき

記事を読む

豚肉と小松菜の常夜鍋献立。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本格的に冬の到

記事を読む

豚肉と白菜のゆず蒸し献立

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

さっさと作りたい、ほったらかしにしたい、野菜山盛り頬張りたい、でも旨くなきゃいやだ。そんな

記事を読む

焼き厚揚げおろし和え

焼き厚揚げおろし和え、ごまみそキャベツ献立。

その瞬間は嬉々として箸をつけているのに、後で見返すとこれはあんまりにもあんまりだったかしら、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑