豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立。

公開日: : 最終更新日:2016/09/11 家飯, 食べること ,

豚肉のしょうが焼き

つまみ至上主義の我が食卓においては珍しく、非常に家庭料理的な豚肉の生姜焼きなど。

いやー、久しぶりに作った、そして食べたような気がする。

こういうのって定食屋さんとかお弁当屋さんなんかでは定番の料理なんだろうけどもいずれもあまり縁がないもので、自分で作らないとなると全く食べる事がないのです。

そして当然生姜焼きでも酒を飲みます。

豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立

豚肉の生姜焼き献立

  • トマトとわかめのスープ
  • おつまみ奴
  • れんこんの梅和え
  • 豚肉の生姜焼き

トマトとわかめのスープ

トマトとわかめのスープ

鶏がらスープにトマトとわかめを入れただけの簡単スープ。

おつまみ奴

おつまみ奴

もめん豆腐に刻んだぬか漬けと千切りの大葉、鰹節、いりごまをのせごま油を回しかけた日本酒にぴったりの冷奴。今回のぬか漬けは茄子だけだったのでちょっと歯応えが寂しかった。茄子だけじゃなくて大根とかオクラあたりも混ぜたほうが美味しいです。

れんこんの梅和え

れんこんの梅和え

輪切りにしてさっと茹でたれんこんを酢で伸ばした梅肉で和えたもの。

豚肉の生姜焼き

豚肉の生姜焼き

豚ロース肉に片栗粉をまぶしてフライパンで焼きます。両面焼けたらみりん、酒、醤油、おろし生姜を混ぜ合わせたタレを投入。強火でざっと肉にタレを煮からめたら完成。付け合せは水菜で。

160906_ienomi4

そしてデザートは巨峰。今季初巨峰。

今回は簡単にさっと作れる肉だけバージョンの生姜焼きにつまみ小鉢を合わせて日本酒を。生姜焼きなんていう生粋の家庭料理にはそれこそ何百何千通りというレシピがあるのでしょうね。

一人暮らしの料理レシピ

私自身、豚の生姜焼きにさほど思い入れはないのですが、はて、この料理の出処はどこだろう、そしていつからすっかり市民権を得たのかしら?と気になって調べてみると。

東京・銀座の居酒屋「銭形」が昭和20年代に、出前注文の多さから素早く大量に作れる肉料理として開発したという。(wikipedia

なんと、そもそもは居酒屋料理でしたか。じゃあ私のやり方は案外クラシックであると言えますね。でも、出前の多い居酒屋ってどういうのだろうか、現在と70年前とでは居酒屋の在り方もすっかり変わったのでしょうが。そして気になったのが以下の記述。

昭和時代は関東地域のローカルフードであったが、全国チェーンのレストランや弁当屋などの広がりに伴い、現在は全国的に普及している。

!
昭和時代、とざっくりまとめられるともちろん私も昭和の人間。でも、子供時代にはすでに生姜焼きを知っていたような…いやでもそんなに記憶に残っていないということはやっぱり今ほど全国的にメジャーな料理じゃなかったのかしら?

そもそも関東地方が圧倒的豚社会であると見せつけられるケースは多い。今でこそ関西でも美味しいお蕎麦が食べらるし、東京でも出汁のきいた淡い色のうどん出汁が珍しくなく東と西の違いは徐々に薄れてきつつあるけれど、なんで焼き鳥って書いてるのに具は豚?とか、カレーとか肉じゃがは牛でしょう、とか、肉そばに豚入ってるよ!なんていう驚きはまだまだあるものね。




関連記事

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

ぬか漬けの炒めもの献立

ぬか漬けと豚肉の卵炒め、小葱のサラダ献立。

漬物をどうこうするという行為が結構好きです。 どうこう、とは、例えば何かに乗せたり混ぜ

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

トマトとエシャロットの炒めもの

トマトとエシャロットの炒めもの、レタスとのりのサラダ献立。

生まれて初めて入手したエシャロットが旨かったので、再び購入。 京都の酒 玉乃光 純米吟

記事を読む

小松菜の煮浸し、セロリの卵炒め献立。

週末はワインを呑んでいました。 が、今日は通常モードの和食体制です。 なんか野菜

記事を読む

塩豚と蕪の炒め物

塩豚と蕪の葉の炒め物、茄子の梅煮。

蕪は本体と葉で二度楽しめるので好きな野菜です。 が、大振りの蕪3つの束なんかで買っちゃ

記事を読む

牛ももたたきのおろし和え

牛ももたたきのおろし和え、トマトとわかめのナムル献立。

珍しく、肉塊です。 調べてみたところ、およそ1年ぶりの肉塊です。 ステーキサラダ

記事を読む

ど辛 純米

秋田の酒 ど辛 純米で晩酌 肉玉子炒め、じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし。

今日は忘れずに酒屋に寄って帰宅。 酒屋で店頭の入荷情報貼り紙を見ると、秋田の酒のがちらほら入っ

記事を読む

おろし梅納豆そうめん

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

週の初めは休肝日。「飲酒は週5」を、細々と守り続けています。 さて、先日は妙なそうめん

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏とあわび茸のしょうが味噌、ピーマンの丸煮献立。

蒸し鶏最終日です。 鍋に山盛り作って毎日食べ続けるのが苦手、と散々言っている割にはこう

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様
    いつも興味深い記事をありがとうございます。

    生まれ育ち東京ですが、確かに小学生の頃生姜焼きを
    食べた記憶は無いですね…
    とは言え、食卓チームの采配は母上監督でしたから、
    生姜焼きの関東普及率云々は何とも言えませんw

    だいたい生姜焼きも味噌汁も漬物も、美味いと感じたのは
    大人になってからですし、そう考えたら出す気が無かったのかも笑。カレー、シチューの方が子供は喜びますからね。

    関西出身の方が関東の食べ物を驚かれるように
    私も肉吸いや、紅生姜の天ぷらには驚きました笑。

    何処でも何でも食べられる世の中ですが、
    それは果たして、良いのか悪いのか…?

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      おっしゃるように、子どもが家で食べるものは全て親の采配に左右されるので時代は同じでも地域や家庭によって違いが出るのは当然のことでしょうね。

      生姜焼き他家庭料理的なものが一般的になったのって、コンビニとか弁当屋とか定食屋なんていう業態の店舗が珍しくなくなってからのことなのかもしれません。昭和初期は家庭料理をわざわざ買ったり外で食べたりすることが少なかったでしょうから。

      肉吸いは実は一般的な関西料理ではないのですが、紅生姜のてんぷらは確かにスーパーの惣菜コーナーにも並んでますねえ。私も好きです。なんてことがあるから、地方や海外に行って普通の市場やスーパーをチェックするのが楽しいんですよね。どこでもなんでも手に入るのは便利な反面ちょっと寂しい気もします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑