一人鍋で晩酌 鶏の塩鍋。

公開日: : 最終更新日:2018/01/18 家飯, 食べること ,

151218nabe

冷蔵庫を空にして出かけるために、鍋は外せません。

まあそうでなくても冬場は鍋率が高くなるんですが。

いつもは塩焼きにするせせりを使って今回はあっさり塩味の鍋に。

ちょっと豪華に鶏つくねも入れてみましたよ。

鶏の塩鍋で家飲み

せせり、つくね入り鶏の塩鍋

  • 糠漬け
  • 白菜のサラダ
  • 鶏の塩鍋

鍋の箸休め

鍋の箸休め

鍋の箸休めは糠漬けと白菜のサラダ
白菜を使った鍋にするということは白菜は確実に入手していますからね。鍋でしっかり火を通した白菜と生の白菜の味わいはまた別物。わざわざ材料を買い足さずとも素材被り上等で箸休めも作ってしまいます。

鶏の塩鍋

せせり鍋

まずはつくねの準備。鶏むねひき肉に塩と酒を加えてよく練り、おろし生姜と片栗粉をまぶした葱のみじん切りを加えてさらに練ります。
鍋に昆布と水、酒を入れて火にかけ丸くまとめたつくね、せせり、白菜、葱、豆腐を入れて火を通します。出汁に塩少々で調味したら完成。
このまま食べても、ポン酢や柚子胡椒、おろし生姜、黒七味などお好みの薬味を添えても。

塩だけで調味したすっきり味ですが、鶏と野菜から出る出汁で旨味は十分。こりゃ熱燗ですわね。具はもちろん出汁でも呑めるってのが困ったもんです。

一人暮らしの晩酌つまみ

前回鶏団子鍋を作った時に次回は塩のみで勝負してみようと考えていたのでこの度早速実行してみました。
結果、味の深みとしてはいつものバージョンのほうが上かなと思うものの、潔さは塩のみバージョンの圧倒的勝利。

これは料理によってあれこれ使い分けができますね。引き続き検証を重ねていきましょうか。

せせりは脂身が多い部位なので焼くのが旨いんだけど、鍋にすると濃厚な出汁が楽しめていい感じ。そうそう、しっかり味の鶏すきにするのもまた旨いんですよねえ。いやはや、鶏って偉いです。

さて、鍋を堪能した後、残る野菜は白菜と葱と蕪。冬はこういう使いまわせる野菜が安くて美味しいから家飲み的には嬉しい季節なんですよねえ、寒いのは困るんだけどねえ。

野菜をふんだんに使って最後まで家飲みを満喫するとします。今年はちょっと早めに家飲み終了になるからね。

 




関連記事

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン。

ただいま幻のガサエビ祭を絶賛開催中です。 秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢

記事を読む

酒粕クリームシチュー献立。

先日久しぶりに粕汁を作りました。 関連 ぶりの粕汁献立。 残りの酒粕をどうしたも

記事を読む

鯖水煮缶 献立

家飲み献立 5/27 鯖と玉ねぎのサラダ、小松菜のオイル蒸し。

毎晩食事の時にはさー、ビールだ!と冷たく冷やしたヤツをぷしゅっと開けるのが日課なのですが、こ

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊び」

記事を読む

とうもろこしの唐揚げ、甘長の焼き浸し献立

とうもろこしの唐揚げ、甘長唐辛子の焼き浸しで晩酌。

わあい夏だ、ビールだ、ビール! そんな私の心の叫びが聞こえてきそうなとうもろこし画像。

記事を読む

家呑み献立 9/10 雨の夜、久しぶりに芋を煮る。

  うーん、ピンが全然こない…そろそろGX100の限界か。 近日中に修理に

記事を読む

門前仲町「浅七」を想う炒り焼き豆腐。

  今日は遅くなってしまったので夜は簡単に済ませました。簡単に、とはいっても

記事を読む

新橋 やきとん鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

散歩のとき何か食べたくなって。 と池波も言ったので千代田区散歩の後は新橋まで足を伸ばし

記事を読む

丸玉食堂(元町)

神戸で酒を飲むならば ’19。

年末年始は故郷である神戸で過ごしました。 大きな予定は特になく、することといえば朝から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

会社員も副業、複業、2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢

手湿疹ケア1ヶ月
手指消毒で手がツラい。

ひどい手湿疹が再発してしまい、うなだれています。薄れゆく記憶

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだ

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

→もっと見る

PAGE TOP ↑