家飲み献立 焼き油揚げ、蒸しなす。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

焼き油揚げ

晩酌スタイルを変えてからなかなか好調です。

関連 一人晩酌のあり方を考える。

しっかり食べてから食後にちょこっと飲む、とか言っておりますが、もちろん食中にもしっかりと飲んでおります。だって晩酌好きだもの。ただ、きちんと量を守るようになったのは小さな進歩と言うべきか。

日本酒なら1合だけ、と肝に銘じてつまみとのペース配分を考慮しつつちびちびと飲んでおります。

焼き油揚げ、蒸しなすで晩酌

焼き油揚げ献立

  • ぬか漬け
  • 大根と蕪の葉の味噌汁
  • 蒸しなす
  • 焼き油揚げ

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなす、にんじん、蕪の3種。只今深刻なぬか漬け野菜不足であります。

大根と蕪の葉の味噌汁

大根と蕪の味噌汁

久しぶりに味噌汁が登場。これからの季節は味噌汁で日本酒を飲むのもいいですね。

蒸しなす

蒸しなす

皮をむいてやわらかく蒸したなすを手で割いて粗塩と胡椒をふりごま油をまわしかけたもの。シンプルうまい。

焼き油揚げ

焼き油揚げ

フライパンで両面こんがりと焼いた油揚げにたっぷりのさらしネギ。さらしネギにはしょうゆ、酢、黒七味をあわせました。

油揚げがメインとはなんと貧素な献立でしょうか。でも、嫌いじゃありません。むしろ飲めます。ああ、私は今生で一体何枚の油揚げを食べたのだろう。結構な枚数行くのではないかと推測します。何しろつまみに抜群の素材ですからね。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、なすを料理する際は綺麗な茄子紺に仕上げたくて気を揉んだりするけれど、これはあらかじめ皮をむいてしまうので気遣いなし。そういやいつもお世話になっているウー・ウェンさんの本に

「中国は日本ほど茄子の皮を好まずむしろ皮をむいてから調理する方式が一般的である」

というような記述があった気がするけれどそうなんでしょうか。日本でもなすの紫色がどうにも苦手、という人は少なくないので、色が気にならない蒸しなすはいいかもしれません。

肉も魚も登場しない質素な晩酌、それでもああもう1杯飲みたいな、というところできちんとごちそうさまできるようになっておいおいちょっと進歩したじゃないか、と自分を褒めるのでした。

まあ寝る前にまたウィスキー飲んでるんですけどもね。

 




関連記事

にじますのハーブ焼き

にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン。

釣り人から下処理済みのにじますをせしめました。 馴染みのない魚の調理、臭かったらいやだ

記事を読む

さば納豆

鯖納豆、にんじんの卵炒め献立。

使い勝手の良い食材ばかりが手元にあると、どう使ってもそれなりの献立が構築できるので、それはそ

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

加賀鳶山廃純米ひやおろし勢

石川の酒・加賀鳶 山廃純米ひやおろし 勢で晩酌 秋鮭とれんこんの黒酢照焼き。

お久しぶりの日本酒全国ツアーです。 今回は石川県にやってまいりました。 勝手に日

記事を読む

大根葉と卵の炒めもの献立

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっ

記事を読む

あみエビのだし巻き

あみエビと三つ葉のだし巻き、にら納豆献立。

あみエビ連投する中で、せっかくだから卵は焼いておこうかなと思っておりました。 景気良く

記事を読む

家飲み献立 11/14 せせり塩焼き、オレンジ白菜のスープ、自家製切り干し大根など全6品で晩酌。

TGIF! いやあ、気持ちよく晴れた金曜日でしたね。 いつも夕食は4~5品なので

記事を読む

鶏豆腐 晩酌

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。 メインはもちろん鶏肉と豆腐、

記事を読む

一人暮らしの家飲み

家飲みメニュー 5/28 塩豚とキャベツの煮込み、鯖納豆。

あれ、なんかちょっとたんぱく質が多いなあ。 冷蔵庫の中身を脳内で確認してふと思った夕方

記事を読む

柿のチーズ和え

豚肉とピーマンの炒めもの、柿のチーズ和え。

店頭に柿が並んでいますね。 果物として食べる柿には実は全く興味がありません。そのまま剥

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑