海老とキャベツのにんにく蒸し、ピーマンと葱の梅和えで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

海老とキャベツのにんにく蒸し

昨日は休肝日、だったのでこれは週末の食卓です。

肉抜き週最終日、さて何をメインにしようかねと物色して珍しく海老を入手。バラ売りはありがたいねえ。

さてこの海老を炒めるか茹でるか何にしようかと考えて結局毎度お馴染み蒸しものに。

タイミングさえ見誤らなければほったらかしで出来上がるので楽ちんです。

海老とキャベツのにんにく蒸しで家飲み

海老とキャベツのにんにく蒸し献立

  • にんじんの醤油漬け
  • 葱のスープ
  • かぼちゃの塩煮
  • ピーマンと葱の梅和え
  • 海老とキャベツのにんにく蒸し

にんじんの醤油漬け

にんじんの醤油漬け

拍子木切りにして塩もみした人参を醤油に漬けたもの。白菜漬けが切れたので代わりの隙間漬物です。

葱のスープ

葱のスープ

毎度おなじみウー・ウェンさんのレシピ。本来はうどん用として紹介されているスープですが、うどんなしでも美味い。見た目が残念なのは私のせい。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

一口大に切ったかぼちゃに塩を振って汗をかいたら少量の水を加えてフライパンでじっくりと蒸し煮にするだけ。これもしょっちゅう登場するおかずだなあ。

ピーマンと葱の梅和え

ピーマンと葱の梅和え

さっと茹でた細切りピーマンと白髪葱を梅肉、ごま油、いりゴマで和えたもの。ピーマンが1個しか残っていなくて寂しい量だったので葱でカサ増しした次第。

海老とキャベツのにんにく蒸し

海老とキャベツのにんにく蒸し

背開きにして背ワタを取った海老は塩、故障、酒で下味をつけます。フライパンにざく切りのキャベツと海老を乗せ、薄切りのにんにく、塩、太白ごま油、酒を加えて中火にかけ、海老にふっくらと火が通ったら完成。

肉や魚ならば酒だけで蒸すのですが、海老だけだとちょっと淡白かしら?と考えて太白ごま油を追加。プレーンに蒸して唐辛子入りの辛いソースを添えようかなどとも考えたけれど結局シンプルな調理にして正解でした。

見た目がアレ過ぎて全くよさが伝わっていない葱のスープ。出汁なしでこの味わいって凄いよねえ。
実は随分昔にこのレシピでスープを作ったことがあるのだけど、その時は全然ピンとこなくていやいや、出汁なしで醤油だけのスープってないわー、と思っていた私。理由は複雑な味に舌が麻痺していたか、レシピの「コツ」を守っていなかったか、のどちらかだと思われます。この場合は葱をしっかり炒めていなかったか、醤油を沸かしていなかったか。すみませんでした。

頻繁に登場するウー・ウェンさんのレシピですが、結構科学的というか、手順や切り方にしっかりとした根拠があるのがいいですね。私みたいな適当な人間はついつい料理も適当に済ませてしまいがちですが、きちんとした理論の上に成り立つ料理ってやっぱりちゃんと美味しいと思う。

ざっくりした感覚で料理することが苦にならないならば適当料理も楽しいけれど、少々ってどれくらい?ひとつまみってどの指で?お湯を沸かしてって何リットル必要よ?と問いただしたくなる料理初心者さんだけでなく、簡単な料理でも適当じゃなくてしっかりきっちり進めるほうが効率が良い、と感じる人も多いはず。そんな人にもウー・ウェンさんのレシピは非常にわかりやすく納得できるのではないかと思います。

 




関連記事

秋刀魚のしょうが味噌汁

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

秋刀魚のアラで味噌汁の出汁をとっても良い。 それがわかったので、どうせなら身も入れてや

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいものが食べたくなって、はて、おいし

記事を読む

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。 脳内で献立を組み立て、解凍した

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め

ぬか漬けの卵炒め、塩昆布キャベツ献立。

ぬか床に漬かっている野菜の切れ端を食べ切ってしまいたい、そんな時に使えるのが炒め技。

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑