休肝日ごはん アボカド豆腐丼献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

アボカド豆腐丼献立

週の初めは休肝日。

普段の夕食は炭水化物抜きで酒のつまみのみですが、今年から休肝日を増やしたのでご飯や麺の登場が増えました。

ワンプレートメニューや丼ものは盛り付けも後片付けもラク…かと思いきや、そうでもない。慣れないからでしょうか、納得のいく見た目になかなか近づけません。

というわけで、のっけから微妙なビジュアルの丼もの写真で失礼します。

休肝日ごはん アボカド豆腐丼、ほうれん草のゆずびたし献立

休肝日ごはん アボカド豆腐丼、ほうれん草のゆずびたし献立

  • 豚と大根のごま味噌汁
  • 水菜の浅漬け
  • ほうれん草のゆずびたし
  • アボカド豆腐丼

豚と大根のごま味噌汁

豚と大根のごま味噌汁

豚こま肉と薄切りにした大根を少量のごま油で炒め、湯を注いで煮込みます。大根がやわらかくなったら味噌を溶き入れうつわに盛り、すりごまを加えます。

水菜の浅漬け

水菜の浅漬け

本日の漬ものは水菜の浅漬け。塩もみしただけです。

ほうれん草のゆずびたし

ほうれん草のゆずびたし

鰹出汁に塩とゆずの皮を加え、ゆでたほうれん草をひたしたもの。出汁とゆずの風味をひきたたせるため、塩味は控えめに。

アボカド豆腐丼

アボカド豆腐丼

うつわに盛ったごはんの上に一口大に切ったアボカドと豆腐、卵黄をのせ、鰹節とのりを散らします。わさびじょうゆをまわしかけていただきます。

アボカド豆腐丼だけでも結構なボリュームなのだけれど、もうちょい野菜が食べたくておひたしと味噌汁を追加。大根に入れる味噌汁はゴロゴロと大きめに切ることが多いのだけど、今日は急いでいたのでペラペラの薄切りに。これならあっという間に火が通ります。

休肝日の献立

火を使わずにできる、簡単丼もの。今日は包丁を使っているけれど、アボカドはスプーンでくりぬいて豆腐は手でちぎれば、包丁もまな板もいりませんね。味付けもわさびじょうゆなので失敗する要素なしなので、何も作りたくないけどお惣菜やインスタント気分じゃない時に便利です。

簡単でおいしい、けど、美味しそうには見えない盛り付けが惜しい。のりの配置のせいか、それとも慌てて卵黄をくずしてしまったことが敗因か。

案外バランスが難しいひと皿もの。要研究。

 




関連記事

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり。いずれにしても、魚です。ぶり

記事を読む

塩豚とキャベツの蒸し煮

おひとりさまの晩ご飯 塩豚とキャベツの蒸し煮、ピーマンとにんじんのナムル。

昨夜食事をしていたら突然強い雨が降ってきました。 窓を開けていたので慌てて閉めようとしたら

記事を読む

銀座・三州屋的 鶏豆腐。

TGIF! いい天気だったけれどまだまだ寒い今夜。 帰りにスーパーに寄ると、久しぶり

記事を読む

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

蒸しとうもろこし

三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

今日から7月。 今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

記事を読む

ゆでとうきび

鶏もも肉のソース焼き、ゆでとうきびで晩酌。

友人の夏の好物はとうもろこしで、私の夏の好物はオクラ。ある夏、 「今季はもう◯本食べた

記事を読む

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油っぽくて濃い味の中華料理とか、

記事を読む

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

煎り焼き豆腐

いり焼き豆腐、きのこおろし献立。

お店で食べて気に入ったメニューを家でも作ってみることが多々あります。 もちろんお店でい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑