敗北を喫したはとバスツアー参戦記。日本散歩・千葉県




hatobus_tour_70

最近なぜか立て続けにヨロレイヒーに誘われまして。

ヨロレイヒー。私の周りでは、結構この言い回し通じるんですけど、意味わかりますかね。つまり、食べ放題のことです。

今時食べ放題って表現、あまりしないでしょうか。ブッフェとか、まあつまりはオールユーキャンイートですよ。

行ってきたんですけど、ものすごい負け戦でした。

敗北を喫したはとバスツアー参戦記

はとバスツアー参戦記

なぜ私を誘ったという感じのデザートブッフェは予定が合わずで断ってしまったのだけれど、浜焼き食べ放題には乗っかりました。

これ、単なる食べ放題じゃなくて、バスツアー。そういや東京近郊でこの手のバスツアーに参加したことってないかも、と気づき、友人からの誘いにホイホイ応じたのです。

ツアー工程は以下の通り。

チーズがとろける♪浜焼き食べ放題と白黒いちご・花摘み・圧巻の房総最南端へ!

浜松町 (8:00発) → 東京湾アクアライン通行 → 東京ドイツ村 (入園、芝桜等の鑑賞) → 房州きよっぱち (ショッピング) → 浜焼市場きよっぱち (昼食:浜焼き食べ放題) → ちばかだんフラワーガーデン (ポピーなどのお花摘み) → 南房総いちご狩り (食べ放題) → 白浜野島崎 (灯台や広大な太平洋を一望) → 東京駅 (18:30着予定)

さすがはとバス、盛りだくさんですね。

hatobus_tour_5

ドイツ村の丘に咲き乱れる芝桜。お恥ずかしながら私この日まで、東京にドイツ村なんてものがあることすら知りませんでした。千葉だけど。

さて、このはとバスツアーに参戦したのはゴールデンウィーク真っ最中。車内は事前に予想した通りなかなか年齢層高めで、しっとりと落ち着いた空気が充満しておりました。

聞くところによると、やんちゃな10代20代ではなく、達観してマイペースな高齢者でもない、我々のような中年層がメインの団体客は扱いやすいとかやすくないとか。車内でも大人しいし、集合時間などのルールは守るし、いい感じだそうです。確かに、私が乗車したバスにも紳士淑女が集っていました。

しかし、私は負けた。食べ放題というシステムに。そして、手練れの紳士淑女らに。

浜焼き市場きよっぱちで負け戦

浜焼き市場きよっぱち

昼食会場となる「浜焼き市場きよっぱち」は、バスツアーの団体客専用の店らしく、基本は60分食べ放題一本勝負。ホタテやサザエなどの貝類を客自らが目の前のコンロで網焼きにして食べるシステムになっています。

昼食1時間て仕事中の休憩時間くらいの慌ただしさだし、貝なんてそう大量に焼けないでしょ、と我々は初っ端から白旗上げ気味ではあった。さらには他の客がトング片手に貝ブースに突進していく後ろ姿を眺めながら、とりあえずビール売り場に出向いた不届き者でもあった。

hatobus_tour_22

そう、あらゆる貝を目一杯食べてやる!という意識が希薄薄だったことは確か。にしても、周りのあまりの手際の良さには圧倒されてしまった。それは、我々以外の全員浜焼きプロなのかと疑うほどに。

hatobus_tour_20

もうもうと煙が立ち込めるサウナのごとし店内で飲む生ビールは冷たくて、網焼きにしたサザエやホタテをアテに昼間から飲めるのは、いい。いいけど、いつもくだらない話をつまみに昼から酒を酌み交わしている我々は「とにかく急いで大量に焼き、急いで大量に食べる」が正義であるこの会場では何もできない赤子に等しい存在であり、網の上にみっしりと貝を並べて効率よく焼き、なんなら肉や野菜も焼き、その傍で海鮮丼を作り、味噌汁やデザートにまで手を伸ばし、しかもそれら全てを美しく平らげていくプロイーターらを横目に、ただただビールをお代わりするしかなかったのです。

「…ものすごい敗北感」

結局いたたまれなくなり、制限時間を15分残して店外に出た瞬間、友人がそう呟いたのも無理はないでしょう。見事としか言いようがない。

もしも制限時間が、2時間だったら。もっとコンロ配置に余裕があったら。などと言いだすのがもう素人の証。プロフェッショナルはいつ、いかなる環境であっても、試合会場の特性を瞬時に分析し、食べ放題という特異なルール下で獲物を存分に味わうテクニックを身につけているのだと思い知らされたバスツアーでありました。

というか、酒飲みと60分食べ放題の相性は悪い。いや、60分しかないのにだらだら酒を飲もうとするのがそもそも間違っている。食べ放題というゲームのルールを知りもせずに試合に挑んだビギナー丸出しの敗戦と言えましょう。

最後まで負け戦

hatobus_tour_35

負け戦に意気消沈した我々はその後待ち受けていた「苺食べ放題」ではそこそこ頑張ったつもりだったのだけど、きっと数ではプロに負けている。

hatobus_tour_40

hatobus_tour_39

もぎたての苺、美味かったから満足だけど。

hatobus_tour_33

hatobus_tour_49

hatobus_tour_50

現場の指導に従って、蕾がついたお花も摘んだ。

hatobus_tour_60

浜焼きに負けはしたものの、房総最南端の海風は心地よく、さらに帰路のバスは酒が入った身には揺りかご同然でしかと昼寝。そのまままんまと渋滞に巻き込まれて予定の2時間半遅れで東京に戻ったのもいい思い出となりました。無論、東京駅に着いてまた飲み直し、せっかく摘んだ花を店に忘れて帰ったのもいい思い出となりました。

 




関連記事

鮭と小松菜のオイル蒸し献立

小松菜と塩鮭のオイル蒸し、しいたけと三つ葉のおろし和え献立。

魚類の入手困難問題は、未だ解決できておりません。 頼りにしていたご近所店の棚変更が要因

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

豆腐とひき肉の塩炒め、生わかめのサラダ献立。

たまに出てくる謎料理。 なんとなく頭で思い描きつつ調理にとりかかり、でも途中で方向転換

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

素焼きアーモンドなら1日20粒くらい食べてもいいということを知りました。 参考 おやつ

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑