白菜漬けの卵炒め、トマトとわかめのサラダで家飲み。

公開日: : 家飯, 食べること ,

漬物ステーキ

夏場はぬか漬け、冬場は白菜漬けが最も手軽で便利で使える漬物だと思っています。

よって、現在は白菜漬けがつまみとなることが多いのですが、しっかり漬かりきった白菜漬けを見ていてふと思い出す。

そういや、漬物ステーキ、みたいな料理があったよな…。

遠い昔に試したことがあったような気もしますが、ここしばらくはその存在すらすっかり忘れておりました。



白菜漬けの卵炒めの献立

漬物ステーキ献立

  • 水菜漬け
  • 塩鮭と野菜の味噌汁
  • わかめとトマトのサラダ
  • 白菜漬けの卵炒め

水菜漬け

水菜の漬物

ざっとお湯をかけてしんなりさせた水菜を塩もみして昆布と唐辛子と一緒に漬けたもの。基本的には白菜漬けと同じ仕込みかたですね。

塩鮭と野菜の味噌汁

塩鮭入り味噌汁

昨日の煮物の残りに拍子木切りの大根を加えて味噌汁にしたもの。

わかめとトマトのサラダ

わかめとトマトのサラダ

生わかめ、スライス玉ねぎ、角切りのトマトをおろししょうが、醤油、酢を合わせたドレッシングで和えたもの。ノンオイルでもトマトの旨味が効いて食べ応えあり。

白菜漬けの卵炒め

漬物ステーキ

白菜漬けは水気を絞って一口大に切り、薄切りにした人参と一緒にごま油で炒めます。人参がやわらかくなったら醤油で味付けし溶き卵を投入。酒を振り入れてざっくりと混ぜ、卵がふんわりと固まったら完成。さらしネギと鰹節を乗せて。

漬物を炒める。メジャーどころでは豚キムチなんてのもありますが、まあ不味いわけがありませんわね。バターを使うレシピが多いようなのだけど、ちょっと重いかなと思って今回はごま油で。これはおかずじゃなくて完璧酒のつまみだなあ。

一人暮らしの料理レシピ

漬物を炒めて卵でとじる「漬物ステーキ」略して漬けステは岐阜県飛騨地方で食べられている料理だそうで。

飛騨地方では昔から漬物を焼いて食べる習慣があった。極寒の冬の貴重な食料であった漬物が野菜としての役目を果たしており、凍りついてしまった漬物を解かすために囲炉裏で朴葉に載せて焼いた料理法が始まりである。また、古くなってしまった(熟成が進んだ)漬物の再利用という面もある。飛騨地方の居酒屋では人気の定番メニューである。(wikipedia

ああ、やっぱり居酒屋定番メニューでしたか。納得。バターをつかったり味噌や胡椒で調味したり、と、各家庭や店によってレシピはいろいろあるそうな。

どうも私はこういう郷土料理の類に憧れる傾向がありまして。きっと自分の生まれ育ったところには他所に比べて特徴のある郷土料理がなかったからなんだろうな。

白菜漬け好きとしてはたくさん作り過ぎてもこうして別の形にて消費できる知恵はありがたい。漬物ステーキ、今後もお世話になりそうです。

といってもホンモノを食べたことがないので飛騨の居酒屋のそれがどういうものなのかはわかりません。シンプルな食べ物だからおおよその予測はつくものの、いやいややっぱりバターでしょとか紅生姜はどこだとかおまえの作ったソレを漬物ステーキとは呼ばせん、などなど地元の方々からの厳しいご意見がありましたらじゃんじゃんお寄せいただきたく思います。

 




関連記事

豚汁で酒

晩酌献立 豆と豆腐の塩炒め、豚汁。

鍋ものなんかもそうですが、ここしばらくで 「汁で酒を呑む楽しみ」 なるものに開眼

記事を読む

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。 とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、

記事を読む

いかの煮付け献立

イカとわけぎの煮付け、三つ葉と揚げのサラダ、ぬか漬けで晩酌。

噂では関東が梅雨入りしたとかしないとか聞きましたが、夏は酒が旨くていいですね。 夏じゃ

記事を読む

ごぼうのしぐれ煮

ごぼうのしぐれ煮、水菜の煮びたし献立。

水菜が、安い...! 冬の間満足に食べられなかったものだから、お手頃価格の葉野菜を発見

記事を読む

141118d

家飲み献立 11/18 キャベツステーキ、干し野菜のスープ。

風の強い1日でした。 帽子を被って出かけていたのですが、何度も飛ばされそうになって押さえな

記事を読む

141210d2

家飲み献立 12/10 干しキャベツで簡単ロールキャベツ。

今朝出掛ける時に近所の八百屋の前を通ったら、かごに山盛りのみかんが100円で売られていました

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

鶏のくわ焼き

鶏のくわ焼き、柿としめじの白和え献立。

季節の柿です。 果物としての柿にはまるで興味が湧かないというのに、酒のつまみ材料として

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いわしの塩焼き献立
いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ献立。

おりょうりいちねんせい。 そんなタイトルに変更すればいか

event_1
副業を始めるために必要な2つの要素。

知人(40代前半男性)が、副業を始めました。 彼は超大手

具が大きい豚汁献立
休肝日ごはん 具が大きい豚汁、三つ葉とえのきのおひたし献立。

豚汁は野菜がたくさん食べられて好きなので、よく作ります。

deskcafetime
ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーア

ストール
少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京

→もっと見る

PAGE TOP ↑