家飲み献立 11/16 野菜だけのスープとボイルドレバーで赤ワイン。

141116d4

今日もいい天気でしたが、朝夕は本格的に寒いですね。
今朝は久しぶりに5時前という早い時間に目が覚めたので余計にそう感じたのでしょうか。日の出時間がどんどん遅くなっています。

そして筋金入りの冷え性の私は相変わらず冷え取り対策に勤しんでいます。

参考 本気の冷え取り対策記録

よって、冷えの大きな原因のひとつである大好きなビールをもう暫く呑んでいません。
真冬でもとりあえずビール!何はなくともビール!お茶よりビール!な私だったのに、これは事件だ。

冷え取り対策としてはいい傾向なんですが、ワインや日本酒はビールと違ってお腹が膨れないのでついつい呑み過ぎてしまうのには注意しなければ。

今夜の家飲みメニュー

141116d

  • トマトとキャベツのスープ
  • ボイルドレバー
  • アンチョビ豆腐
  • りんごのクリームチーズ和え
  • トマト
  • オリーブ
  • バケット

トマトとキャベツのスープ

141116d3

みじん切りのにんにくとしょうがをオリーブオイルで炒めたらざく切りにしたキャベツとトマト、塩、ローリエ、水を加え煮込みます。最後に塩胡椒で味を調えて。

ボイルドレバー

141116d2

以前も紹介した「レバーパテもどき」ですね。昨日鶏すきを作る傍らで仕込んでおいたので、今日は切っただけです。楽チン。

あとは豆腐にアンチョビをのせたもの、りんごとクリームチーズを和えたもの、トマト、オリーブ。どれもこれも切っただけ、のせただけ、なので、今日も料理らしい料理はしてません。こんな簡単なメニューでも、お気に入りのパン屋さんのバケットと一緒に赤ワインが(白ワインも…)ぐいぐい進みます。

うん、家飲みはこんなありきたりな材料で作った簡単・シンプルなものでいいんです。
凝った料理はプロに任せて外で食べます。

さて、今夜の「温め担当」は、しっかりしょうがが入ったキャベツとトマトのスープ。
蒸し鶏のゆで汁などがあれば加えるところですが、あいにく何もなかったので野菜だけでシンプルに仕上げました。野菜とハーブと塩胡椒のみ、と、材料だけ見るとなんだか物足りない感じもしますが、野菜本来の甘味と旨みで十分美味しいスープになります。緑と赤の彩りも美しくていい。
スープというとなんとなく肉や魚介類で出汁を取らなきゃいけない、と思いがちですが、野菜からも美味しい出汁は出ますからね。時にはこんな潔くすっきりキレイな味わいも嬉しいものですよ。

 

ベジブロスをはじめよう。
タカコ・ナカムラ ホールフードスクール
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2013-03-21)
売り上げランキング: 81,587



関連記事

家飲み献立 10/29 葱とじゃがいものグラタンをメインに。

ここ数ヶ月の間、ほぼ毎日のように家飲みメニューを写真とともに綴っているからか、最近は肉豆腐と

記事を読む

豚肉のねぎ塩炒め献立

「放題」への密かな憧れ。

真冬らしく立派に太った白ねぎが安売りされていて、思わず手に取りました。 ねぎなんても

記事を読む

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段

記事を読む

塩もみキャベツのタルティーヌで朝ごはん。

Good morning world! 普段は晩酌事情ばかりUPしていますが、たまには

記事を読む

なすのにんにく炒め

なすのにんにく炒め、ゴーヤのツナ和え献立。

なすと油の相性の良さは、全人類が認めるところですから、なす好きの私だってもちろん承知してい

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さんまが好物だからです。そして、

記事を読む

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

冷え性改善生活を続けているので、家飲みでのビールは控えめにしています。 むくみを解消す

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

親子煮献立

親子煮、きのこおろし献立。

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。 日本酒によく合う親子煮は晩

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑