女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

公開日: : ファッション

なんぞこれ、という暑さだった東京。

10月も終わりだというのに25度超えとか悩ましいですね。

さて、本日は少々お堅めの装いが必要だったのでどうしたものかと考えたのですが悩んだ挙句今季初のアンクルブーツを投入。

時期的には何らおかしくないのですが、今日の陽気的にはイマイチな選択だったでしょうか。いやいや、でも暑くとも季節は秋、これはこれでいいでしょう。

が、よくよく考えるとお堅めの装いといいつつブーツを選んでる時点でズレてますね。

「オフィスカジュアル」の曖昧さ

残念ながらデタラメな稼業を営んでいるもので、シャキッとしたビジネススーツ的なものを持ち合わせておりません。手持ちの黒のスーツは喪服だけ。それでも今日みたいに

「ちょっとだけちゃんとしておいたほうがよさそう」

な場面というのはあるもので、自分なりにきちんと感を演出したりしなかったりして暮らしています。ちなみに本日はコットンカーディガンにストール細身の黒のパンツにアンクルブーツという出で立ち。自分なりのきちんとポイントとして時計も装着しました。ここのところ腕時計はほとんど使わなくなりつつあり、もはやビジネス用アクセサリーと化しているような。

ところで本日のアンクルブーツはヒールが7cmほどあるものなのですが履きなれているからかさほど疲れもなく。やっぱりたまにはヒールも履かなきゃね、と久しぶりにコツコツしながら上機嫌で新宿あたりを歩いていたわけですが、このコーディネイト、きちんとしたお堅めの会社だったらきっとアウトですよね。私の中ではこれってオフィスカジュアルってヤツかしら?くらいの勢いだったんですけども、多分違ういますね。

ということを打ち合わせ相手からほんのりと指摘されて自分のズレっぷりに気がついたのでした。やれやれ。

女性のビジネススタイルの難しさに関しては以前も書きましたが。

関連 女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

今改めて読み返してみてやっぱり社会人は大変だとまた思う。そして女の社会人という言い回しにもまたじわじわくる。

靴よりも気になる鞄問題

editorsbag

さて、靴と鞄については年々好みが変わってきたというか、変わらざるを得ない状況になっております。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

靴に関しては今日みたいにきちんとフィットするものであればヒールはまだまだ全然OK、もともと好きだしね、という感じ。といってもちゃっかりジェルインソール入れて小細工はしてますが、毎日は無理にしてもたまに履くと背筋が伸びる感じがして気持ちいいのです。

が、鞄はダメだ。

普段は軽い布製のトートバックを愛用しているのですが、今日みたいなコーディネイトの時にはさすがに合わせられない。よって本日は白レザーのエディターズバッグにMacbookを入れて出かけたのだけどいやあ、重い、重いわ。じゃあパソコン置いてけよとかそういう話じゃなくて鞄本体が重い。現在所持している革のバッグの中では軽いほうだけど、それでもパソコン入れて持ち歩くのは厳しいなあ。これももう10年くらい愛用しているものでくたびれてはきたけれどデザイン的には未だお気に入りの偏愛アイテム。

ううむ、そろそろもう少し軽いビジネス仕様の鞄を探さねばならないか。考えてみればもう何年も鞄を新調していないしね。

などと書いていてふと気づく。これ、そもそもデザイン優先のアイテムで全くもってビジネス仕様じゃないよね。それを私が勝手にお堅めコーディネイトのお供に据えていただけであって、靴だけじゃなく私のセレクトは何もかもが一般的なビジネススタイルから逸脱したものだったのでした。やる気あるのか。

ミニマリストの持たない暮らし

とにかく、スーツにネクタイという盤石スタイルを持つ男性とは違ってバリエーションも解釈の幅も広い女性のビジネスファッション。どこまでがOKでどこからがアウトなのかは業界や社風によって大きく異なるだろうし、いやはや、そりゃ女性が洋服で悩むわけだよなあなんて改めて感じたのであります。

もはやビジネスマンではない私が今から一般的なビジネススタイルを追求しても披露する場がないのでアレですが、お相手を不快にさせない程度には気を使わねばなりませんね、って、何年社会人やってんだか。

 




関連記事

マキシワンピコーデ

思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

ちょろっと歩くだけでも汗だくになる季節がやってまいりました。 わたくし、あまり汗をかか

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

激しい雨音で早朝に目覚め、慌てて起き出し開け放していた窓を閉める。 この雨のせいか、少

記事を読む

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーを手に入れました。 ずいぶん前にハンガー全と

記事を読む

股下80cm以上の人を探しています。

By: Nick Page[/caption] 先日某コーヒーショップで打ち合わせを終えて

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑