女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

公開日: : ファッション

なんぞこれ、という暑さだった東京。

10月も終わりだというのに25度超えとか悩ましいですね。

さて、本日は少々お堅めの装いが必要だったのでどうしたものかと考えたのですが悩んだ挙句今季初のアンクルブーツを投入。

時期的には何らおかしくないのですが、今日の陽気的にはイマイチな選択だったでしょうか。いやいや、でも暑くとも季節は秋、これはこれでいいでしょう。

が、よくよく考えるとお堅めの装いといいつつブーツを選んでる時点でズレてますね。

「オフィスカジュアル」の曖昧さ

残念ながらデタラメな稼業を営んでいるもので、シャキッとしたビジネススーツ的なものを持ち合わせておりません。手持ちの黒のスーツは喪服だけ。それでも今日みたいに

「ちょっとだけちゃんとしておいたほうがよさそう」

な場面というのはあるもので、自分なりにきちんと感を演出したりしなかったりして暮らしています。ちなみに本日はコットンカーディガンにストール細身の黒のパンツにアンクルブーツという出で立ち。自分なりのきちんとポイントとして時計も装着しました。ここのところ腕時計はほとんど使わなくなりつつあり、もはやビジネス用アクセサリーと化しているような。

ところで本日のアンクルブーツはヒールが7cmほどあるものなのですが履きなれているからかさほど疲れもなく。やっぱりたまにはヒールも履かなきゃね、と久しぶりにコツコツしながら上機嫌で新宿あたりを歩いていたわけですが、このコーディネイト、きちんとしたお堅めの会社だったらきっとアウトですよね。私の中ではこれってオフィスカジュアルってヤツかしら?くらいの勢いだったんですけども、多分違ういますね。

ということを打ち合わせ相手からほんのりと指摘されて自分のズレっぷりに気がついたのでした。やれやれ。

女性のビジネススタイルの難しさに関しては以前も書きましたが。

関連 女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

今改めて読み返してみてやっぱり社会人は大変だとまた思う。そして女の社会人という言い回しにもまたじわじわくる。

靴よりも気になる鞄問題

editorsbag

さて、靴と鞄については年々好みが変わってきたというか、変わらざるを得ない状況になっております。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

靴に関しては今日みたいにきちんとフィットするものであればヒールはまだまだ全然OK、もともと好きだしね、という感じ。といってもちゃっかりジェルインソール入れて小細工はしてますが、毎日は無理にしてもたまに履くと背筋が伸びる感じがして気持ちいいのです。

が、鞄はダメだ。

普段は軽い布製のトートバックを愛用しているのですが、今日みたいなコーディネイトの時にはさすがに合わせられない。よって本日は白レザーのエディターズバッグにMacbookを入れて出かけたのだけどいやあ、重い、重いわ。じゃあパソコン置いてけよとかそういう話じゃなくて鞄本体が重い。現在所持している革のバッグの中では軽いほうだけど、それでもパソコン入れて持ち歩くのは厳しいなあ。これももう10年くらい愛用しているものでくたびれてはきたけれどデザイン的には未だお気に入りの偏愛アイテム。

ううむ、そろそろもう少し軽いビジネス仕様の鞄を探さねばならないか。考えてみればもう何年も鞄を新調していないしね。

などと書いていてふと気づく。これ、そもそもデザイン優先のアイテムで全くもってビジネス仕様じゃないよね。それを私が勝手にお堅めコーディネイトのお供に据えていただけであって、靴だけじゃなく私のセレクトは何もかもが一般的なビジネススタイルから逸脱したものだったのでした。やる気あるのか。

ミニマリストの持たない暮らし

とにかく、スーツにネクタイという盤石スタイルを持つ男性とは違ってバリエーションも解釈の幅も広い女性のビジネスファッション。どこまでがOKでどこからがアウトなのかは業界や社風によって大きく異なるだろうし、いやはや、そりゃ女性が洋服で悩むわけだよなあなんて改めて感じたのであります。

もはやビジネスマンではない私が今から一般的なビジネススタイルを追求しても披露する場がないのでアレですが、お相手を不快にさせない程度には気を使わねばなりませんね、って、何年社会人やってんだか。

 




関連記事

コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

By: Wendy Piersall[/caption] ここのところ手持ちの洋服をいかに今

記事を読む

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額、買取相場はおいくら?

By: Joe Shlabotnik[/caption] この秋冬ファッションのメインテーマ

記事を読む

Ines de la Fressange×UNIQLO をチェックしてきた。

先日から気になっていたユニクロのイネスコラボコレクション。 今日大型店舗の近くを通りかかっ

記事を読む

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう。 ア

記事を読む

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプルに

記事を読む

40代ファッション

2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります。 お出かけ気分の時はほぼこ

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

ミニマリスト 女性 ファッション

ミニマリスト女性の服とファッション。

本日は服とファッションのお話を。出来るだけモノを持たずに生活したい、とはいえ適当なものを選ん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑