少ない服 七分袖からの脱却と、チームV加入。

公開日: : 最終更新日:2020/07/28 ファッション

好きなわけでも、似合うわけでもないのになぜかやたらと豊富に取り揃えていた七分袖トップス。

今日捨てたもの 高価はいつでも正解か。

無自覚に購入していたことが原因だったので、自覚してからというものあれよあれよと消えてなくなっていきました。そりゃそうか。

ここ数年、七分袖モノは一枚も追加していない代わりに、Vネック比率が上がった気がします。

少ない服 七分袖からの脱却と、チームV加入。

Vネックに傾倒するようになったきっかけは、かなりはっきりしています。

制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

そう、首短めのマイボディには、Vがしっくりくると気づいたのです。それからというもの、襟に高さのあるものは極力回避し、V。ラウンドとVの選択肢があればVを手に取る体質になりました。

謎の七分袖地獄から脱却したというのに、懲りずにチームVに加入するとは。まあ、加入理由が明確なだけ七分時代より幾分マシといえましょう。いえるのか。

巷で「私服の制服化」などと呼ばれてる装いの固定化にはさほど興味はありませんが、チームV加入により「いつも同じような服を着ている人」感は増しております。

少ない服、基本のスタイル

さて、2020年夏の我が基本スタイルとは

  • VネックのTシャツやカットソー
  • ストレート、もしくはテーパードパンツ

以上。

素材やカラー、サイズ感の異なる上下を何パターンか組み合わせているだけで、基本は90%がこのスタイルです。見たか世界よ、これがワンパターンだ。

思考停止ワンパターンワンピースコーデはおしゃれじゃない

ワンパターンなのは今に始まったことでもなく、特にボトムは基本的にパンツしか履かない人生なのですが、近年は選ぶサイズとシルエットが大きく、ゆるく変化しています。本体のサイズは大きく変わっていないので、変わったのは時代と気分のほうですね。常識的に可能な範囲で、ゆるいほうがありがたい。

これはトップスも同じ。以前なら迷わずSサイズを選んで、なんなら袖だって七部でタイトにパツッと着ていたところを、Mとかメンズサイズをチョイスするようになった点に、これまた時代を感じます。

トレンドを研究するような洒落者ではないけれど、下垂方面が気になりだした今、ゆるめのサイズ感が気分(と自分で思っているだけ)なのは本当にありがたい。ぴったりぱっつりフィットするTシャツも平気だった七分袖時代は遥か昔、今では体がだるだる過ぎて、むやみに服なんてフィットさせている場合じゃないもの。

持たない暮らし

そもそもこの歳になってなぜTシャツばかりに頼り始めたのだという話ですが、夏だし、いいじゃないか。まあ、たまにはボートネックあたりに手出ししておきたいところではありますね。あと、Tシャツってのは通販利用にさほど抵抗がないのもいいですね。




関連記事

今日捨てたもの 9/28 洋服にも思い出は宿る。

By: Luigi Torreggiani[/caption] あれ、捨てたんだっけどうだっ

記事を読む

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

洋服が少なくて本当によかったと思った話。

年末年始の帰省も例の鞄を使いました。 リュックサックしょって街に出ない。 抜群の

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

By: Sandra Cohen-Rose and Colin Rose[/caption]

記事を読む

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

毛皮のコート 誰も着ないのにクローゼットにある理由。

By: Mic[/caption] とにかく気に入った洋服を長く使いすぎる傾向があるので古く

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

春に向けて何をどう着ようかなと考え始めています。 と言っても、何を買おうかな、ではなく、今ある

記事を読む

もう、おしゃれを諦める。

諦めました、あなたのことは。 どうも、ナオコです。ナオコ、寒いです。 ここのとこ

記事を読む

Comment

  1. ちゃちゃまる より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
    私も首が短い族なので、首回りの詰まった服は到底選べません…さらに胸元にボリュームがあるタイプなので、Vネックも気をつけないと谷間部分が見えてしまい、もはや何を着ろというのですか?状態です。若い子なら許されてもおばさんには許されないので…笑
    スタイルに合った服選びは簡単なようでとても難しいですよね。

    • crispy-life より:

      ちゃちゃまるさん

      首短同志よ、さあさあ一緒に首長ダンスを踊りましょう、ホーレホレホレ。とやってみても、すぐには伸びないのが悩ましいところですね。

      加えてわたくし、メリハリがなく広義でドラえもん体型なので、凹凸のはっきりしたグラマラスボディには強い憧れがあります。しかしそれはそれでまた着こなしが難しい面もあるのですよね。。。ああ、熟女の悩みは尽きない。なんて言ってられるのもまた、ありがたき平和ですね。いつもありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑