L.L beanのトートを旅のお供に、と考える。

公開日: : 最終更新日:2017/03/26 ファッション

旅に出るのは好きだけど、旅の準備が嫌いな私。

予め季節ごとの旅の持ち物リストを準備してリストに沿ってパッキングする人も多いと聞きますが、その方法も気が変わりやすい私には向いていないような気が。
それでも今回はあれこれ持っていく程には既に荷物を保有していないし、放浪生活で養った旅スキルも駆使して簡単に準備ができそうです。

さて、荷物が少ない旅ではあるけれど、スーツケースは持参すると書きました。

参考 荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

日本出国はスーツケース持参だけど、今回も一箇所を拠点としてあちこち動く予定。その際の手持ちバッグを新調したいと考えました。



L.L beanのジップトートが欲しい

手持ちバッグはここ暫くホーチミンで購入した米袋素材のボストンを使用していた私。魚柄で可愛くて軽くて、ビニールコーティングで防水加工も施されているところが気に入っていて結構あちこち連れ回しました。
が、使いまくったからか、裏布が破れたりビニール加工が裂けたりと劣化が激しい。

うーん、これはそろそろ換え時かも。

そこであれこれ考えて候補に上がったのがアウトドアブランドL.L.Beanのトートバッグです。

 

「丈夫」のひとことに尽きるL.L.Beanのトート・バッグ。24オンスのキャンバス地を使用して、今でもここメイン州で製造されています。重い荷物もしっかりとサポートするサイドのオーバーラップ部分は、縫い目が劣化したり、ほつれたりすることのない丈夫なナイロン糸のダブル・ステッチで補強。ボトムは更にキャンバスで補強済み。

大容量でジップつきもあるし、シンプルなデザインでトレンドに流されない。何より丈夫なので長持ちしそうだし、履く予定のスニーカーともぴったりだからこれにするか。

と、ショップに行ってみたのですが…。

これ、結構重くない??

マザーズバッグとしても人気のトート

もともとは氷を運ぶためのバッグだったそうで重い荷物を運ぶに耐えうる丈夫さがウリではあるのですが、バッグだけでも結構な重量を感じました。

マザーズバッグとして使っている人も多いと聞いたのでてっきり軽いものだと思い込んでいたのだけど、小さいお子さんがいるママって、考えたら若い人が殆どだもんね。
ずっしりと重くのしかかるハイブランドのボストンバッグに手が伸びなくなってきた40代には少々厳しい、のかな?

参考 靴と鞄に求めるものが変わってきたのを実感する40代。

うーん。
できれば軽いバッグがいいんだけど、デザインと機能はいいんだよね…。
入れる予定のものは軽い洋服類だけ。だったら、さほど重さは気にならないかな。

よし、行くか。

欲しいタイプの色とスタイルの商品はオンラインストアでしか手に入らないようなので早速注文。モノグラムのシュミレーションもしていざ発注!

と思ったら、なんと「追加生産待ち」の表示が。
ズコーッ。

世界展開している大手アウトドアブランドの定番アイテムでも、そんなにカジュアルに品切れするんだ…。なんて思ってしまった私はなんだかんだで大量生産大量消費の文化に慣れ過ぎているみたいです。

やれやれ。

モノグラムは後入れOK

By: POP

出発までに入荷しないとわかったので、ならば他の商品にするかとあれこれ検索。
軽さを考えるとナイロン素材のエブリデー・ライトウェイト・トートがよさそう。モノグラムも入れられるし在庫もある。でも、好みの色がないし、私が持つには少々アウトドア臭が強すぎる。
あ、重さが気になるんだったらショルダーストラップつきでひとつ下のサイズにするっていうのはどう?と調べてみるも、金具がついている分ジップトートさらに重いという情報が。

うーん…。

ここはやっぱり欲しいデザインのジップトートを海外通販しているショップでモノだけ購入して、帰国後にモノグラムを入れるという方法でいくか。(※ 購入後にもモノグラムを入れることができます)

が、欲しい色とサイズがみつかりませんでした。

全滅。

欲しいものが、欲しい

あーあ。
じゃあ色違いにするか。在庫あるものから選ぶかな…などとあれこれ考えたのだけど、結局今回はやめました。

持っていけるバッグがひとつもないわけではないし、本当に欲しいものがわかっているのに焦って妥協する必要もない。そして、欲しいと思ったけれど入手できないということは、今が購入タイミングではないというサインかな、と。

しかしながら、たかだか数千円のバッグを購入するにあたってここまであれこれ考える自分に驚きます。

モノを持たずに身軽に暮らす

これはモノを厳選していった結果の効果なのか、単なる年の功なのか。

どうやら今の私は必要ないモノは欲しくないし、代替品で妥協してまで何かを無理やり手に入れようとも思わなくなっているようです。

※追記 旅行用の軽い鞄を入手しました。
関連 軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

 




関連記事

started

イラストをUPすると服になる。ブランド立ち上げサイト「STARTed」

「アイデア」っていうと何かとてつもなく斬新なものとか、今まで誰も見たこともないものを思いつく

記事を読む

By: Maurizio Costanzo

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

nerima37

靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がな

記事を読む

hat

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

nerima37

持たない日々を後悔する 春本番のコーディネート。

ようやくの気温上昇で本格的な春の装い。 花見がてらの夜の集い、さて何を着て行きましょう

記事を読む

blackboots

ミニマリスト女性の秋ファッション(1)スタイルよく見せてくれるパンツ。

暑くなったり寒くなったり忙しいですが、秋のファッションについて考えますか。  

記事を読む

daikanyama35

リュックサックしょって街に出ない。

出かけるタイミングだったからか、ここのところやたらと鞄の話ばかりしています。 秋・2週

記事を読む

baila_9

服と見た目が解決してくれること。

セール時期じゃないですか。 セール。たまには頃合いのものを手に入れて、お得さにホクホク

記事を読む

By: francois karm

いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

By: francois karm[/caption] 今回の旅は旅用の新しいアイテムを増や

記事を読む

By: Mainstream

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

Comment

  1. やまだ より:

    学生の頃よく使いました。ハードカバー10冊入れても平気なバッグはあれくらいだったと思います。

    L.L.Beanのダッフルバッグも同じくらい丈夫でいいですよ。ナイロン素材のバッグとしては軽い方ではないですが、トートより軽かったように思います。
    ミディアムサイズがジム通い用みたいなサイズで、旅行ならラージかなという感じです。

  2. やまだ より:

    何度も済みません。
    シフレの折りたたみシリーズも、折りたたみの割にかなりしっかり作ってあって、持ち歩き用としてかなり有望の感じです。
    ボストンバッグがかなり小さめで、持ち歩きようにいいかなと思っています。
    ただ折りたたみなので、取っ手のちょうど手に当たるところに補強がされていないので少し重くなるとイマイチかも知れません。

    私もあれこれ考えて、なかなかこれというものが見つからず探しています。

    • crispy-life より:

      やまださん

      情報ありがとうございます。

      >シフレの折りたたみシリーズも、折りたたみの割にかなりしっかり作ってあって、持ち歩き用としてかなり有望の感じです。

      !!
      ちょうど見ていたところでした。確かに軽くて折りたたみできるところはいいんですよね。デザイン的に悩むところですがさほど重いものを持ち運ばないのであれば旅行用バッグとして優秀なのかも。

      しかしまさかトートバッグごときを重いと感じる時が来るとは思いませんでした…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

→もっと見る

PAGE TOP ↑