買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo

7月は何かと物入りでした。

何事もいつまでもぐずぐずと先延ばしにしてしまう術に長けている私、こういう時こそさっさと行動せねばなりません。というわけで月初の定例ポスト。

関連 捨てたものリストと買ったもの

自分にしてはあまりもじもじせずに買ったように思うのですがどうでしょう。

そのついで、でもないのですが、洋服も少し買い足しました。



7月1ヶ月で捨てたもの

  • ベッドパッド

7月は珍しく捨てたものの数よりも買ったものの数が大きく上回りました。

7月に買ったもの

小さい折り畳み傘

煌髪(キラリ)

その他靴、長袖の薄手ニット、パーカー、ストールを買いました。

おおお、たくさん買いましたねえ、そうでもないですかねえ。

ベッドパッドと防ダニシートはアレルギー診断結果が出て買い換えたもの。

関連 皮膚科で受けるパッチテストの結果 手湿疹の意外な原因。

ダニが原因、と言われると途端に寝具関係が痒みの元のような気がして(単純)そそくさと防ダニ対策を施したのでした。おかげさまで経過は良好。といってもまだ肝心の掛け布団を買い換えていないまま旅立ってしまったのでそちらは戻ったらすぐに導入したいと思います。

折りたたみ傘は買う買う詐欺で買えていなかったのがようやく決まったもの。こちらも現在旅先で日傘として活躍中です。関西も暑いわ。

新しく導入したカラートリートメントは消耗品なのですが、ブラシはある程度繰り返し使えるだろうから一応買ったものに入るかと。

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中

ファッション変革期の真っ只中にいたこともあり、新しいアイテムをほとんど増やさない生活をしばらく送っていたのですが。

関連 1年間服を買わずに過ごした結果。

最近はまたあちこちで服をチェックしたり街ゆく人の姿からヒントを得て自分なりに取り入れたりと今の自分の装いに前向きになってきております。以前のように着もしないのにバカスカ買うようなことはもうしませんが、基本的におしゃれは嫌いじゃないので今の自分だからできるスタイルを楽しみながら追及中なのです。

話を何億年も前に遡って恐縮ですが、小学校の時、3~4年生くらいになるとランドセルがなんとなく野暮ったく感じて違う鞄で通学していました。制服があった中学、高校の時もついつい学校サボったりして期間限定の制服を着る機会を自分で短くしてしまっていました。で、いざ卒業にあたって

「ああそうか、もうこれは明日から着れないんだ。だったらもっとたくさん着ておけばよかったな」

なんて考えたことを思い出します。

10代の制服と40代のファッション迷子状態をひとまとめにするのはなかなか乱暴な行為ではありますが、それこそ足腰が立たなくなる年齢を迎えてから昔を思い出して

「40代ってなんであんなに臆病になってたのかしら、好きな服をもっと自由に選べたのにね」

なんて考えるのかしら、なんて。未来の私がどう感じるかなんて、今の私にはてんでわからないけれど。

 




関連記事

award

年間ランキングを眺めて2014年を振り返る。

12月もそろそろ中盤戦、ということで年末っぽい話題をシェア。 Amazonの年間売上ラ

記事を読む

By: Saaleha Bamjee

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

chiayi-hotel-12

捨てるのすら面倒なもの、ストックでこころ豊かになるもの。

久しぶりに整理して、何もない状態になりました。何もない。文字通り、ゼロ。 郵便受けにチ

記事を読む

HotelEdison_NY_9

究極のミニマリストがあまりにもしんどくて哀しい。

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。 このフレーズを額面通りに受け取ればとてもポ

記事を読む

knitgage

あたたかそうであたたかくないアイテムで秋の隙間を埋める。

15度ですって。 このまま一気に冬に向かうのでしょうか。私はとても悲しいです。

記事を読む

150831lg

40も過ぎれば、トレンドが恥ずかしくなる。

そろそろ湯たんぽも不要かという気候になってまいりました。 3月に入ってから凍えるほど寒い日

記事を読む

nudeshoes

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならない

記事を読む

サングラス

大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天気予報をチェックしてみると、明

記事を読む

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

tainan-hotel10

トランクひとつで暮らす未来は、すぐそこに。

一人身で持ち物も少なく、身軽なので、引っ越しが好きです。ひとところに止まらず転居を繰り返して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑