コンタクトが目の中で無くなる不思議と恐怖。

公開日: : 最終更新日:2016/10/19 健康と美容

以前はメガネを使用することが多かったのですが、最近はほぼコンタクトです。

その理由はあまり愉快なものでもないのですが。

関連 40代は眼鏡か、コンタクトか。気になる問題点とは。

トホホですね。メガネもサングラスも大好きなんですが、背に腹はかえられぬというか。

メガネを愛用していたことからコンタクトレンズデビューはかなり遅かった私ですが、さすがに最近はコンタクトにも慣れてきました。




コンタクトが目の中で無くなる不思議

By: n4i

先日朝家を出て駅に向かって歩いていると妙な違和感がありました。何かはわからないけど、何かが違う。なんだろう、私の中で何かが生まれ変わったのかしらリボーン、などと馬鹿げたことを考えながら大通りに出てようやく左目があまり見えていないことに気付く。

普通ならばコンタクトレンズが片方しか入っていないことなどすぐわかりそうなものですが、自発的に外したわけではないこんなケースだと発見は遅れるものなのかもしれません。

幸い鞄の中に予備のレンズを入れていたので家に引き返さずに済んだのですが、気になるのはコンタクトの行方です。何しろ、装着後に外した覚えがないのだから。

そういや洗顔後に目が痒くてちょっとこすっちゃったからあの時に外れたのかな?でも、外れたとしたらその瞬間に気付きそうなものだし、目の中で行方不明に?でも特に違和感はないし…などと考えていて、小学生の頃先生が授業中に披露した恐怖のエピソードを思い出しました。

コンタクトレンズの怖すぎる話

当時まだ20代だったと思われる江戸川先生(仮名)によれば、ご友人がコンタクトレンズを装着していたところ目の中で行方不明になりそれはそれは大変なことになったとか。決して取り出せない眼球の裏側まで入ってしまい激しい痛みに襲われ病院に担ぎ込まれ云々とただでさえ低い声をさらに低くしゆっくりと物凄く恐ろしい描写でとつとつと語られたコンタクト話はまだ幼かった私に強烈なインパクトを残しました。幸い当時の視力はすこぶる良かったのでメガネもコンタクトも必要なかったのですが

「もしも今後視力が悪くなってもコンタクトは怖そうだから手を出さないでおこう」

などと考えつつぶるぶる震えながら聞いたものです。

あれから30年以上が経過し、すっかり視力矯正器具が手放せなくなり、さらには今まさにコンタクトが行方不明という危機に晒された瞬間、ふとこの話を思い出しました。いやはや、人の脳ってのはすごいもんですね。目の前で起きている出来事に関連する記憶が瞬時に引き出されるようになっている。いや、この場合は目の前というよりも目の中、か。

恐怖のエピソードを思い出した私は瞬時に青くなり慌てて病院に駆け込み医師に泣きつき…なんてことはさすがになく、あの恐ろしいコンタクト話はいったいどこから来たんだろう?と考えつつ調べる。

参考 コンタクトが外れないときはどうすればよいか?(新宿東口眼科医院)

あわてず、コンタクトレンズが目に入っていることを確認して下さい。コンタクトレンズは、決して目の中に入ったり、目の裏にまわったりはしません。鏡を見て、目を左右上下にゆっくりと動かしてコンタクトレンズがどこにあるか探して下さい。

やっぱりそうだよね。なんなんだ、江戸川先生(仮名)よ。ただ、

探しても見つからない時は、落としてしまった可能性も高いです。ただ、落としたレンズが見つからない時、また、症状がなくても眼の中に残っている事がありますので念のため、眼科受診が必要です。

こういうこともあるらしいので100%の作り話、というわけでもなかったのでしょうが。

しかしいくら思い出そうとしてもこの恐怖のコンタクト話がどこに着地したのかは全く思い出せず。だからコンタクトは使うな、だったのか、メガネのほうが安全だから今日からメガネを装着する高木くん(仮名)のことを笑っちゃダメ、だったのか。いや、高木くん(仮名)がメガネにしたのは担任が石井先生(仮名)の時だったから違うな。

などとおよそどうでもいい関連エピソードが脳内で次々ヒットするのでした。

その後上下の瞼をくまなく捜索するもどこからも検出されなかったことからどこかに落としてしまった可能性大。まあねえ、あんな薄いもの落としちゃったらなかなか見つからないもんねえ、とは思いつつも翌日はメガネで過ごしたビビリの私です。まあアレだ、たまには角膜にも休息がね、必要ですからね。

 




おすすめ記事

関連記事

By: Ian Ransley

休肝日にはバナナを食べる。

By: Dr. Abdullah Naser[/caption] 思わぬトラブルに見舞われた

記事を読む

By: Umberto Salvagnin

休肝日を取っても意味がない、眠れない?

By: Thanh Liêm[/caption] 先日友人と食事をしている時に休肝日の話にな

記事を読む

grayhouse

本気の冷え性改善記録 15日目 外より寒い家は、ある。

つま先が氷のように冷たくなる末端冷え性を放置したまま幾年月。 この冬こそは冷え性を根本的に

記事を読む

ハッカ油

ハッカ油で虫除け対策。ハッカ油スプレーとおすすめオイル。

私の部屋には網戸がないので、結構頻繁に虫が入ってきます。 先日カナブンが轟音と共に突入

記事を読む

brownhair

白髪を染めたくない。ヘアカラートリートメントを使ってみた 5回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、5回目のレポートです。 &nbs

記事を読む

washing

白髪が隠れるまで。ヘアカラートリートメントを使ってみた 3回目

これだけ科学が進歩を遂げた現代においても、染める以外の白髪ケアは未だに開発されていないようで

記事を読む

By: Wrote

「ノーメイク」は、やめました。

By: Thomas Leuthard[/caption] 洋服の数を減らしたことで「よそゆ

記事を読む

longhair

ロング?ショート?40代女性ヘアスタイルの悩み。

40歳になったらショートヘアにしよう、とずっと昔から決めていました。 40代に入ると髪

記事を読む

morning3

ファスティング(家断食)の記録 その7 ~感動のゴールテープ~

数年前に実施したファスティングのレポート、いよいよ最終日となりました。 この日は1週間ぶり

記事を読む

outbath

シャンプーやめました。湯シャン生活4週間の効果は?

シェアハウス入居を機に、シャンプーをやめました。所謂「湯シャン」ってヤツですね。 私の

記事を読む

Comment

  1. カワ より:

    何年も前にレーシックやりましたが凄くいいですよ。今は安くなってますし。会社でも何人かやってます。

    • crispy-life より:

      カワさん

      レーシック! いいなあと思うものの、コンタクトでオタオタしてる怖がりの私はとてもとても…。しかし裸眼で過ごせるのは快適でしょうね。

  2. 美森 より:

    私はソフトコンタクトレンズを落としたわけでもないのに無くなり、目の奥に違和感を感じたため眼科に行ったところ「目の中には無いので落としたんでしょう」と言われました。不審に思いながらも新しいコンタクトレンズを購入、1週間したころ、道を歩いていていると急に一瞬眼が見えなくなりました。すると目から2枚のコンタクトレンズが出てきました。目の奥に入っていたんです。それ以来、眼科の言うことは信じていません。ご注意ください。

    • crispy-life より:

      美森さん

      コメントありがとうございます。

      目の構造的に裏側へ回るようなことはないにせよ、おっしゃるように見えない位置に入り込んで取れなくなってしまうケースはあるようで。眼科の受診でもわからなかったのは驚きですが、とにかく無事コンタクトが出てきて何よりでしたね。
      私は何せ使い方が雑なところがあるので気をつけようと思います。アドバイスありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Aurora Soho ブランチ
エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイ

NY ホテルエジソン ツインルーム
まずはモノを減らせ、は万能ではない。

「部屋、キレイでしょ」 思わずそう口に出していました。

鶏もも肉のパリパリ焼き献立
鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え
キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒

→もっと見る

PAGE TOP ↑