食べなきゃ痩せる、は当たり前?休胃日生活1ヶ月。

公開日: : 最終更新日:2017/05/15 健康と美容

週に一度の休肝日を設けるようになってから早2ヶ月。

休肝日は胃腸もついでに休ませるということで週に一度夕食抜きの状態を続けているのですが、実際のところは酒を呑む前提じゃないメニューを考えるのが面倒というのが大きな理由です。

参考 休肝日は休胃日に。夕食抜きはダイエットのため?

これがなかなかいい感じでよく眠れるし、その分翌朝はすっきり目覚められるし、いいことずくめ。

よって、かなりお気に入りの生活パターンと化しているのですが、少々困ったことになりました。

食べなきゃ痩せる、は当たり前?

週に一度の夕食抜きが原因かどうかはわかりませんが、先日体重を計ってみたところびっくりするくらい減っていました。

昨年帰国した時は手持ちのデニムが入らない程度には増量していたので勝手に家飲みダイエットと名付けてベスト体重にまで戻したのですが。

参考 目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

これは少々絞らねばならぬ、と感じた頃から比較するとおよそ6kgくらいの減量。

こりゃいかん。

体重減の理由は単に痩せたというよりも筋肉量の低下によるところも大きいでしょう。健康体に最低限必要な筋肉を増やすためにもとりあえずはもっと食べたほうがよさそうです。

私の場合酒は呑むし、決して少食でもありませんが

  • とにかく野菜が好き
  • 肉類は脂身より赤身が好き
  • ジュースや乳飲料などの甘い飲み物が苦手
  • スイーツ系は適度に好きだけど大量には食べられない

という元々の嗜好によるところも痩せやすい原因なのかもしれません。

ベストな体型を維持したい理由

何がなんでもとにかく体重を落としたい!軽ければ軽いほどいい!と妄信しているにも関わらずお年頃ゆえどうしてもふっくらしてしまう、なんて10代の女の子の悩み話なら可愛いらしいのですが、40代で必要以上にやせ細ると貧相になってしまいます。それは避けたい。

ってあれ、去年の秋も似たようなこと書いてたな。

参考 40代はベスト体重を再定義する必要があるのかも。

健康面はもちろんのこと、サイズが変わりすぎて手持ちの洋服が似合わなくなるのも困りどころ。体型維持はお気に入りの洋服を長く楽しむためにも大切な要素ですからね。

というわけで、これまで考えていたベスト体重+2kgくらいを目標に少々増量してみましょう。
ってそんな簡単に調節できるかしら。

いや、できるはず。

肥満児だった(!)幼少期を除いて、成人してからは基本的に急激には太らないタイプですが、ちょっと太ったな、体が重いな、と感じた時に短期間で元に戻すのは得意。よって、いい感じに増量することもできる(はず)。

力士並みのトレーニングができるストイックさがあればとにかく米を食べることで健康的に増量できそうですが、残念ながら運動関係は最も苦手とする分野。日々のウォーキングとストレッチで目一杯という体たらくです。

たんぱく質をしっかり採るよう常に意識はしているつもりだったのですが、ここはやっぱりガツンと肉類の摂取をもう少し増やしますかねえ。

休胃日の扱いをどうするかは来週まで検討しますが、胃を休ませる日があるというのはなかなか調子がいいと感じているので普段の食事の分量を増やすほうがよさそう。

暑さで食欲が落ちる…ということも生まれてこの方一切ないので、毎日元気にバランスよく食べてベスト体重&ベスト体型を維持したいと思います。

関連 おなかぶよぶよ大作戦。

 




関連記事

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

Aurora Soho

冷え性で早起きが辛い、朝が寒い。

根っからの夜型だったのに朝型に変化してしばらく経ちます。 早起き習慣のコツと効果。超夜

記事を読む

アルコール消毒が原因の手湿疹、薬を使わず治療する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予防の手洗いやアルコール消毒が原

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

本気の冷え性改善記録 2日目 生姜、運動、コツコツと。

辛く冷たい末端冷え性を改善しようと、できることから少しずつ始めています。 参考 本気の

記事を読む

続けて、変える。秋の健康・美容計画 2015。

By: Kevin Dooley[/caption] いやあ、寒くなりましたね。 新し

記事を読む

旅を支えるシンプルケアと日焼け肌のアフターケア。

いやー、焼けた。 関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。 今回は到着日の天

記事を読む

残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、

記事を読む

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうの甘辛炒め
大きさで解決できる問題がある。

どっしりと太いごぼうをこれまたどっしりと大きめに切って、こっ

100均に寄り付かない人間がまとめ買いしたもの。

ものを増やさずにシンプルに暮らしたい。そう考える人にとって、

納豆チーズオムレツ
納豆チーズオムレツ、なめこおろし献立。

居酒屋で見かけるとつい頼んでしまいたくなる地味メニュー、納豆

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

→もっと見る

PAGE TOP ↑