塩豚とキャベツの炒めもの、蕪の梅サラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること

塩豚とキャベツのしょうが炒め

先日普通に入手したキャベツを大事に食べています。

いやー、つかめない。野菜の動きがつかめないわ。

新居付近の物価が相対的に高いのか、もしくは野菜価格高騰の影響なのか真意が未だ掴めぬまま日々のつまみ材料を調達する日々。

なんて家計を気にするフリをしつつ日々バカスカ酒飲んでるんですけどね。野菜より酒のほうがよっぽど不経済ですよ。




塩豚とキャベツの炒めもの献立

塩豚とキャベツのしょうが炒め献立

  • ぬか漬け
  • 蕪の梅サラダ
  • 焼ききのこ
  • キャベツと塩豚のしょうが炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなすとキャベツ。渋い色合いのコンビです。

蕪の梅サラダ

蕪の梅サラダ

梅肉を叩いてオリーブオイルと酢で伸ばしたドレシングでスライスした蕪とさっと茹でた蕪の葉を和えたサラダ。

焼ききのこ

焼ききのこ

フライパンで焼いたエリンギに粗塩を振ってすだちを添えたもの。

キャベツと塩豚のしょうが炒め

塩豚とキャベツのしょうが炒め

フライパンに油を引き千切りのしょうがを炒めて香りを出します。豚薄切り肉を塩漬けにしていたものを加えて炒めたらキャベツを投入して炒め合わせ、塩、胡椒、酒で調味したら完成。塩豚の塩気によっては追加の塩は不要かも。

なんだか苦し紛れ感のある献立ですが、一応それなりの量の野菜を摂取できているのでよしとします。炒めものではあるけれどかなりあっさりなメインを軸に常温の日本酒をちびちびといきました。

日本酒にあうおつまみレシピ

塩豚はかたまり肉で仕込んでちょっとずつ切って使いつつ熟成させていくのも好きなのですが、こんな風に使い残した薄切り肉を日持ちさせる手法としても活用します。作り方はかたまり肉同様、薄切り肉に塩を揉み込んでキッチンペーパーで包んだものをさらにラップで包んで冷蔵庫で保存するだけ。豚肉以外にも鶏もも肉や手羽端の余りを塩漬け保存しておくとスープの味だしに使えて重宝します。

しかし、野菜、野菜よ。

こんな時でも豆腐やら卵やらさほど大きく変動しない食材はいろいろあるので如何様にも献立は作れるのだけれど、野菜中心のメニュー構成を好む身としてはなんだかハラハラですわね。だから野菜の数百、数十円にブツブツ言うのなら酒代のほうが(略)。

 






関連記事

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

肉団子味噌汁

肉団子と大根の味噌汁、千切りにんじんの塩炒め献立

味噌汁がしみじみ旨い季節になりました。 野菜類や豆腐の入ったオーソドックスな味噌汁も大好き

記事を読む

茄子の蒸し煮

ごま鯖の酒蒸し、茄子の蒸し煮。

鮮魚売り場をウィンドウショッピング(by 湘南いそいそ家飲み日記。)していたら、思わぬ出会い

記事を読む

晩酌メニュー

1人暮らしの家飲みおつまみ 三つ葉とかまぼこの和え物、にんじんのごま煮。

毎度質素な食卓を恥ずかしげもなく晒してすみません。 今日のはいつもよりさらに質素です。

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

ど辛 純米

秋田の酒 ど辛 純米で晩酌 肉玉子炒め、じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし。

今日は忘れずに酒屋に寄って帰宅。 酒屋で店頭の入荷情報貼り紙を見ると、秋田の酒のがちら

記事を読む

140914d4

家飲み献立 9/14 ビールか、ワインか?アンチョビポテト。

今日は朝からアンチョビを食べると決めていました。 って、昨日と同じパターンですが、なんでし

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

150721d6

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-diary-122
オリジナリティにこだわらない。

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こう

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑