塩豚とキャベツの炒めもの、蕪の梅サラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること

塩豚とキャベツのしょうが炒め

先日普通に入手したキャベツを大事に食べています。

いやー、つかめない。野菜の動きがつかめないわ。

新居付近の物価が相対的に高いのか、もしくは野菜価格高騰の影響なのか真意が未だ掴めぬまま日々のつまみ材料を調達する日々。

なんて家計を気にするフリをしつつ日々バカスカ酒飲んでるんですけどね。野菜より酒のほうがよっぽど不経済ですよ。

塩豚とキャベツの炒めもの献立

塩豚とキャベツのしょうが炒め献立

  • ぬか漬け
  • 蕪の梅サラダ
  • 焼ききのこ
  • キャベツと塩豚のしょうが炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなすとキャベツ。渋い色合いのコンビです。

蕪の梅サラダ

蕪の梅サラダ

梅肉を叩いてオリーブオイルと酢で伸ばしたドレシングでスライスした蕪とさっと茹でた蕪の葉を和えたサラダ。

焼ききのこ

焼ききのこ

フライパンで焼いたエリンギに粗塩を振ってすだちを添えたもの。

キャベツと塩豚のしょうが炒め

塩豚とキャベツのしょうが炒め

フライパンに油を引き千切りのしょうがを炒めて香りを出します。豚薄切り肉を塩漬けにしていたものを加えて炒めたらキャベツを投入して炒め合わせ、塩、胡椒、酒で調味したら完成。塩豚の塩気によっては追加の塩は不要かも。

なんだか苦し紛れ感のある献立ですが、一応それなりの量の野菜を摂取できているのでよしとします。炒めものではあるけれどかなりあっさりなメインを軸に常温の日本酒をちびちびといきました。

日本酒にあうおつまみレシピ

塩豚はかたまり肉で仕込んでちょっとずつ切って使いつつ熟成させていくのも好きなのですが、こんな風に使い残した薄切り肉を日持ちさせる手法としても活用します。作り方はかたまり肉同様、薄切り肉に塩を揉み込んでキッチンペーパーで包んだものをさらにラップで包んで冷蔵庫で保存するだけ。豚肉以外にも鶏もも肉や手羽端の余りを塩漬け保存しておくとスープの味だしに使えて重宝します。

しかし、野菜、野菜よ。

こんな時でも豆腐やら卵やらさほど大きく変動しない食材はいろいろあるので如何様にも献立は作れるのだけれど、野菜中心のメニュー構成を好む身としてはなんだかハラハラですわね。だから野菜の数百、数十円にブツブツ言うのなら酒代のほうが(略)。

 




関連記事

油揚げのふきみそチーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね?

記事を読む

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

油揚げと豆苗の卵とじ

油揚げと豆苗の卵とじ、えのきとしょうがのスープ献立。

子供の頃、たまご丼が大好きでした。 親子丼でも他人丼でもなく、たまご丼。といってもはた

記事を読む

蒸しとうもろこし

三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

今日から7月。 今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

記事を読む

加賀鳶山廃純米ひやおろし勢

石川の酒・加賀鳶 山廃純米ひやおろし 勢で晩酌 秋鮭とれんこんの黒酢照焼き。

お久しぶりの日本酒全国ツアーです。 今回は石川県にやってまいりました。 勝手に日

記事を読む

野菜だけのスープ献立

野菜だけのスープ、かぼちゃのサラダとワインで家飲み。

ワインにしようかなあ。 今あるのは赤と泡だから、はて、何を作ろうか...。 などと考えてワイン

記事を読む

糖質制限中でも大丈夫、こんにゃくフォー。

昨日宣言(?)した通り、今夜は温かいものを。 加えて、だらだら汗かきながらはふはふしたい!

記事を読む

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。 新年に考える今年の食計画。 す

記事を読む

肉団子と大根の味噌汁

肉団子と大根の味噌汁、レタス炒め献立。

先日の鯖水煮缶と同じパターンです。 鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。 鯖サラダ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑