柏餅をひとつだけ買えるか。

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 食べること

edogawa21

柏餅が食べたい。

もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは見かける頻度が高まるからでしょうか。

柏餅を手に入れるのはさほど難しくはない。今日日スーパーでもコンビニでもどこでも手軽にひとつから買えるので便利なものです。

しかし、それはそれで味気ないじゃないか。




柏餅をひとつだけ買えるか

tsukiji150930

柏餅が食べたい。それも、ひとつだけ食べたい。だけど、コンビニやスーパーで買うのはイヤ。

デパ地下ってのもちょっと違うし、街の小さな和菓子屋みたいなところのそれが理想的。

関連 同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

しかしわざわざ和菓子店に入って柏餅ひとつだけを買い求めるのはどうにも躊躇われる。

そんなこと、ありませんか。

甘いものはそれなりに好きなのだけれど、美味しいものをちょっとだけ食べたい派。じゃあいくつか買って何日かに分けて食べればいいかと言えばそうもいかないのがお菓子というもの、ああ悩ましい。

とか考えていたらふと通りかかった小さな和菓子店の入り口に

「おひとつからお気軽にどうぞ」

の張り紙を見つけ、思わず吸い込まれる。

「ひとつだけ、でもいいですか」

いや、張り出してまでいいって言ってくれてんだから改めて断ることもないんだけど、ご主人は

「はいどうぞ。今ならやっぱり柏餅だね、つぶあん、こしあん、みそあん」

と、まるで私の心を見透かしたような朗らかさで応える。じゃあみそあんで、とお願いすると今度は

「ほいきた、みそあん」

と小気味よい声が返ってきた。

人生初ほいきた、いただきました。

ほいきた

濃い系ラーメン屋の腕組み店主とかチェーン居酒屋の四六時中喜び気味の店員らが繰り出すような威勢のいい掛け声とは全く異なる、ごく普通のほいきた。

80代と思しき店主がおそらく日常使いしてきたであろうナチュラルほいきたの響きが、汗ばむ陽気の午後には妙に好ましく、言葉の力に感じ入る。

関連 こんにちは、の先制打。

ほいきた、ってこんな感じで言うんだ。あれ、もしかしたらおいきた、だったのかな。などと帰宅後も耳に残るひとことのことを考え続け、挙句こうして書き残している始末です。

望み通りに柏餅をひとつだけ買えたことよりも、思わぬほいきた体験のほうがうれしいような休日。

ミニマリストの持たない暮らし

ところで柏餅は断然こしあん派。柏餅に限らず、あんこまわりではおおよそこしあんが好きなのです。

けれど敢えてチャレンジしたみそあんのこぶりな柏餅の皮はたっぷりの水分をたずさえている。そこへちんまりと包まれた儚く上品な甘さのあんに香る味噌の風味が後ひく心地よさ。

これならひとつと言わず、一緒にこしあんも買えばよかったかな。

いやいや、こういうのはひとつを大切に食べるのがいいのだ。水羊羹をいくつ食べたなんて自慢は馬鹿のすること、もうひとつ食べたいところをぐっとこらえるのがいいと向田邦子も言っていたではないか。

 






関連記事

サバ缶のトマト煮

鯖のトマト煮とバケットで白ワイン。

先日使ったサバ缶の残りをワインのお供にしました。 鯖水煮缶とスライス玉ねぎにオリーブオ

記事を読む

160715.ienomi_7

晩酌簡単おつまみ 牛肉とトマトのしょうゆ炒め、きのこと三つ葉の卵とじ。

赤身が多い牛肉の切り落としが安く売られていたのでついつい手に取る。 昔は脂がしっかり入

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し

一人晩酌献立 鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し、水菜と油揚げのサラダ。

週末に外食が続いたせいか、山盛りの野菜が食べたくて食べたくて。 そうでなくても基本葉野菜を

記事を読む

海老とキャベツのにんにく蒸し

海老とキャベツのにんにく蒸し、ピーマンと葱の梅和えで晩酌。

昨日は休肝日、だったのでこれは週末の食卓です。 肉抜き週最終日、さて何をメインにしよう

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯

玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りましたが、作った、というほどの料理で

記事を読む

isuzu2

神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

砂ずり塩焼き

砂肝の塩焼き、にんじんとわかめのナムル。

砂肝、砂ずり。 個人的には焼き鳥屋の品書きで記されている印象の強い「ずり」がしっくりく

記事を読む

小松菜と豆腐の炒めもの

小松菜と豆腐の炒めもの、だし巻きしらすおろしで晩酌。

青菜がかぶったな。そう思いました。 豆腐と青菜とひき肉をあっさり味の炒めものにしよう。

記事を読む

豚肉のフライパンロースト

ワインで家飲み 豚肉と野菜のフライパンロースト。

冷え性対策の意味もあり、寒くなってからは夜に家でビールを呑まなくなりました。 よって、

記事を読む

160322wine

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    そんなこと、ありません。

    むしろ、町のお菓子屋さんへ寄ったときの方が、心置きなく個買いしてます。ものによりますが包装簡易で、気楽な印象。これは、微妙な都会住み所以かもしれませんが。
    でも、都内のどら焼きが有名なお店でも、すぐ頂くので!と散歩中テイクアウトしたことがある。
    旅先でもやりますので、これは個人の気質なんでしょう。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      そんなことない、ですか。

      確かにその場で食べちゃうときは団子でもコロッケでもひとつ買いが基本なのだから別に買い難いものではないですよね。
      実はパン屋でもひとつだけ買うのが苦手なのですが、それは単に目移りしているだけなのではないか疑惑もあります。ひとつだけ買いたい、といいつつ、本心ではあれもこれも食べたいと欲張っているだけなのかも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

arakawa47
酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き
豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとか

170429lg
本気の冷え性改善計画 ’17。

まさかのまさか、始まってしまいました。 まだ10月だとい

秋刀魚のしょうが煮
秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全て

suginami_36
今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

今年も残すところわずか1ヶ月となり、年内に片付けておきたいこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑