家飲み献立 3/23 具沢山 鶏出汁こんにゃく麺。

鶏出汁こんにゃく麺

旅に出る前は保存できない食材は全て食べきろう。しかも、美味しく。

そう考えて最後の晩餐(?)に選んだのは麺料理。

「麺」といっても原材料は米でも小麦でも蕎麦でもなく、こんにゃく。

昨年からちょくちょく登場しているこんにゃく麺でフォー的な汁麺を作ったところ、思いのほか豪華な「全部のせ」になりました。

 

今夜の晩ごはんメニュー

こんにゃく麺を使った料理 レシピ

  • 蕪の浅漬け
  • キャベツのおかか醤油
  • 鶏出汁こんにゃく麺

蕪の浅漬け

蕪の浅漬け

ストックおかず。蕪の白+葉っぱの緑+鷹の爪の赤という美しい色合いが食欲をそそります。

キャベツのおかか醤油

キャベツのおかか醤油

さっとゆでたキャベツを搾って鰹節と醤油で和えるだけ。簡単だけどしみじみ美味しい副菜です。

鶏出汁こんにゃく麺

トマト、卵、野菜…具沢山 鶏出汁こんにゃく麺

先日の蒸し鶏の茹で汁を流用して。鶏の茹で汁でこんにゃく麺を茹でたら卵を落として器に盛り、トマト、白葱、玉ねぎ、韮など残り野菜をのせました。仕上げに黒胡椒を振ってナンプラーをたらり。

我が家では蒸し鶏の最終日メニューとして頻繁に登場するこの料理。余りものを全部トッピングしたら、思いの他豪華になって、お腹いっぱい!満足できました。

うーん、珍しく色合いも美しい…。

これは何料理?ベトナムにはこんなフォーないよね?とかいわれそうですが、ただの冷蔵庫一掃麺料理です。だが、それがいい。

一人暮らしの料理

汁麺をずずずっと啜る快感というものは確かに存在するようで、それが糖質もカロリーも少ないこんにゃく由来の麺であっても、一定の満足は得られます。

但し、何事もやりすぎはよくないので、くれぐれもこんにゃくばかりに偏ったメニューを続けられませんよう。

◆ 3/23の「新しいこと」
新しいことを毎日取り入れるキャンペーン実施中)

  • 近所のお店に入ってみた

ちょっと遠くまで歩いてみると、あれ、こんなところにこんな店が?と目を疑うような素敵なお店を発見。国産素材だけで職人が手作りしている鞄の専門店でした。ああー、名前は聞いたことあったけど、実際目にしたことはなかったな…。

先日から検討していた某ブランドのトートバッグよりもかなり軽くて丈夫そう。

でも、ぴったりくるサイズが見つけられず…。

うーん。
私の旅のお供鞄探しは、まだまだ続きそうですな。




関連記事

家飲み献立 9/13 さんまのアヒージョと白ワイン。

失敗ナシ、さんまのアヒージョの簡単レシピです。 今夜は秋刀魚だ!と朝から決めていた本日

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

銀座・三州屋的 鶏豆腐。

TGIF! いい天気だったけれどまだまだ寒い今夜。 帰りにスーパーに寄ると、久しぶり

記事を読む

豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。 たった5種類で豪勢、は言

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

茄子とトマトのバジル炒め

茄子とトマトのバジル炒め、キャベツの生姜醤油和え。

絶賛粗食生活満喫中、及び必要最低限の調味料しか持たない、さらに普通の食材を使う、がモットーの

記事を読む

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

砂肝のにんにく炒め

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

天気のせいでしょうか、スーパーの品揃えが不作です。 毎日お世話になっているのに不作など

記事を読む

1人暮らしの晩ご飯 8/8 にんじんだけで一品。

昨夜があまりにも緑ばかりの食卓になってしまったので、今夜は赤いものを食べる、と決めていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑