味付けのバリエーションが、塩ばかり。

公開日: : 最終更新日:2020/03/17 家飯, 食べること ,

じゃがいもとひき肉の塩煮献立

大きめサイズのじゃがいもがひとつ、余っていました。

煮るにせよ焼くにせよ、1個じゃなんだか心許ないかしら、と思ってしまう。それがじゃがいも。

しかし新じゃがや小ぶりなメークインあたりならふたつみっついけても、大きめサイズのじゃがいもだと、まあ、ひとつでいいのかな、と最近思う。

欲張って2個調理すると思った以上のボリュームになってしまい、やりすぎたかしらと後悔する。そんなお年頃です。

じゃがいもとひき肉の塩煮、レタスとえのきのスープ献立

じゃがいもとひき肉の塩煮、レタスとえのきのスープ献立。

  • レタスとえのきのスープ
  • 紫大根の甘酢漬け
  • 小松菜のおひたし
  • じゃがいもとひき肉の塩煮

レタスとえのきのスープ

レタスとえのきのスープ

鶏がらスープでえのきを煮て塩、胡椒、ごま油、黒酢で味を整えます。ちぎったレタスを加えてさっと煮たら完成。

紫大根の甘酢漬け

本日の漬ものは紫大根の甘酢漬け。写真撮り忘れ。

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

ゆでた小松菜をざく切りにして出汁しょうゆと鰹節で和えます。

じゃがいもとひき肉の塩煮

じゃがいもとひき肉の塩煮

フライパンに油を熱し、合挽き肉を入れ塩を加え炒めます。くし形に切った玉ねぎと一口大に切ったじゃがいもを加えてさらに炒め、潰した粒胡椒と酒、水を加え、じゃがいもがやわらかくなるまで煮たら完成。

ひき肉を使った塩味の肉じゃが、といったところでしょうか。分量としてはじゃがいもひとつで十分でしたが、ひき肉と玉ねぎの分量からするとじゃがいも率が低めでややアンバランスだったか。粒胡椒がいい感じ。

日本酒にあうおつまみレシピ

相変わらずの塩味贔屓で、料理のほとんどの味付けを塩、胡椒、酒でまかなっている気がします。本日と同じく肉とじゃがいも、玉ねぎの組み合わせでも、水分量が異なれば別の料理が出来上がる。

シチュー、凍みこんにゃくのごま味噌炒め献立。

そして酒と粒胡椒ってのが、これまたなかなかいい働きをしてくれるのですよ。

にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

世の中には魅力的な旨調味料が山のようにあるけれど、やっぱり基本は塩。塩ですね。塩、それは味の故郷、舌のふるさと。あとはしょうゆと味噌と油でもあれば中年の食卓はどうにかなるのではないでしょうか。

ここのところとんと新しい料理にチャレンジしておりませんが、私が下手に料理バリエーションを増やさずとも季節は勝手に巡り、旬の食材とやらで自動的に食卓に変化をつけてくれるので、私はわりと幸せです。

ミニマリストの暮らし

 




関連記事

さんまの酒蒸し献立

さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/1 蒸し鶏、きつねチーズ焼き。

By: Iryna Yeroshko[/caption] 8月もうーんと自炊生活を楽しむ所存です

記事を読む

家飲み献立 11/13 三つ葉と揚げの卵とじ他全5品で晩酌。

今に始まったことではありませんが、最近妙にお腹が空きます。寒くなってきたからでしょうか。

記事を読む

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

蕪と塩豚のしょうが煮

晩酌メニュー 蕪と塩豚のしょうが煮、セロリとザーサイ奴。

予定通りの温かいもの。 そして蕪祭り。 ビジュアルがなんだか真冬の食卓、熱燗での

記事を読む

澤乃井しぼりたて純米生原酒

東京の酒 澤乃井 純米生原酒しぼりたてで晩酌、塩肉じゃが 献立。

今年ラストの日本酒全国ツアーは、一周回って東京の酒。 勝手に日本酒全国ツアー そ

記事を読む

家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。 外気より室内が寒いって、何が原因なんでし

記事を読む

焼きレンコン

焼きレンコン、ニラの卵とじで一人晩酌。

近所に小さな八百屋さんを発見して早くも愛用しています。 かなり小さな店で大型スーパーと

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑