40代残りの20年、その先の20年。

公開日: : これからの働きかた




meguro17

ざっと残りは20年、ってとこか。
その言葉に、思わず顔を見合わせる。

「まあまあ、長いな」
「まあまあ、長いよ」

人生そろそろ終盤戦、へいこら登り続けてきたこの急勾配を今まさに降らんとす。などといっぱしの中年を気取っている我々、よくよく考えれば定年まであと20年もあるではないか。

ヤクザな商売を営む私には残念ながら定年も退職金もなく、最期のその時まで働き続ける覚悟をしておるわけですが、きちんとお勤めしている同年代の友人らの「あと20年」に驚いた次第です。

長くて短い20年

minatoku6

あと20年、働く。もちろん、運が良ければの話。

あと20年もこの仕事を続けるのはキツいなあと思っていたらそれよりずっと早く諸事情により働けなくなりましたとか、そもそも会社がなくなりましたなんて話は日常茶飯事なので、あくまでも、運が良ければ、のあと20年。

でも、長い。

そしてこれまた運が良ければ、定年後には20年超の「老後」が待っているのかもしれない。

な、長い。

これまでの20年よりもこれからの20年のほうがずっと早く過ぎるであろうことは想像に難くないけれど、にしても20年って結構な長さだなあと思うのです。

人生は短く、そして長い。時間感覚とはなんとも不思議なものですね。人間40代ともなればそろそろ人生下り坂。と思いきや、多くの人が現役を退くであろう年齢まで、あと20年も残っているなんて。

下り坂って20年もかけて勿体ぶって歩くようなものじゃなし、ここからさらに上を目指して坂を登るのはキツくても、短くはない距離どうにか歩き続けるくらいの気概は持っていたほうがいいのではなかろうか。

して、何を目指して歩くのか。

あと20年あると思ったら長すぎて目眩を覚えるという友人は、これからライフワーク的なものを開拓して、できれば仕事にも繋げたいという。だって今から新しいことを始めて20年続けたら、定年を迎える頃にはそれなりの形になっていそうだもんね。

関連 副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

けれどそれはもちろん、本業で今目の前にあるすべきことに全力を注いだ上でのプラスαのお話。おいおい、パワーあるじゃないか、楽しみだ。

残りの20年、そしてその先の20年

子供の頃、大人になったら自動的にできるようになるのだろうな、と漠然と思っていたことがあります。

例えば、何気ない社交トークとか、乾杯の音頭とか、お茶出しとか。

でも、ただ悪戯に年を重ねても自然に身につくようなことなんてなくて、できるようになる環境に身を置いて経験を積まない限り無理なのだ。と悟ったのは結構大人になってからでした。当たり前か。やりたい、変えたいと漠然と考えているだけでは、現実は何にも変わらない。

習慣を変えるには自分の意思とか意識云々よりも環境を変えるほうがずっと簡単、などと言いますが。

関連 フィリピン留学なんて必要ない。

今から何かを始めたら20年後にはいい感じになってそうだな、なんていう調子のいい皮算用も、実行に移さなければ単なる妄想で終わるのは当然で。

運が良ければあるかもしれない残りの20年、そしてその先の20年を思い、「今」何かを変えたり始めたりするならば、果たして。

ミニマリストの持たない暮らし

なんてことを、ふと考えたりしないですか。まずは目の前に横たわる確定申告終わらせてからですか。

 




関連記事

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

客筋のいい料理店、怖くてもやってよかった。

おっかなびっくりで主催したイベント、昨日無事開催いたしました。 働いている人も、働いて

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

40代独身東京一人暮らし女性が、 今後の働き方を討論す。

【前回のあらすじ】 新しい分野へのチャレンジ、その準備に3年の月日を費やしたというイラ

記事を読む

忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまいました。 なぜ、今、この

記事を読む

風邪をひいたら、仕事はすっぱり休みませんか。

体の具合が悪い時は、休む。 いくら忙しい社会人のみなさんでもここは厳守していただきたい

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

もう働きたくないんです。

完結していない長編漫画を読み続けるのが苦手です。 30巻くらいまで出ていて、今なお連載

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑