あの頃の必要経費も今となれば贅沢品。

公開日: : これからの働きかた

ここ数年、お知らせが来るたびに迷っている気がするドメイン更新。今年も期日ギリギリまで放置していたのですが、結局更新いたしました。

本業で利用しているjpドメインが、今回でなんと15年継続利用ですってよ奥さん。

我ながら、びっくり。

つまりはかようにデタラメな生活をもう15年も続けてしまっているということですね。

こんないい加減な暮らしをしていると、ロクな死に方しないだろうなあ、とも思うし、人間案外どうにか生きていけるものだなあ、とも思え、しみじみします。

あの頃の必要経費も今となれば贅沢品。

個人事業主とはいえ屋号をつけて活動をするのだから、連絡先が携帯番号とGメールだけでは格好つかない。固定回線とjpドメイン

くらいは持っておかねば。最初にドメイン契約をした時にはそう考えていた気がします。

だからでしょうか、当時はターミナル駅の高層ビルにオフィスも構えてもいました。もちろんシェア形式だけども、そこそこコストかかってたなあ。

あれから15年経った今では固定電話の存在意義はめっきり薄れ、仕事でもメールは使わずメッセンジャーやチャットで連絡するのは当たり前。それなりに大所帯の企業でさえフルリモートに切り替えて都心のオフィスは解約、が珍しくない世界になりました。

現在は例のアレによる異常事態とはいえ、流れの早い今の時代、10年も経てばこれくらいの変化は普通に起こりますね。

今となればあの時のオフィス賃料は投資に回しておけばよかった。などと悔やむわけですが、いまさら好きだと言わないでよね、と懐かしいルミ子の声が聞こえます。当時は必要経費だと信じていたのだから、仕方ありません。

おひとりさまの老後資金、自分年金作りは40代からでも遅くない?

もちろん世間の常識だけでなく、自分の感覚も変わりました。

生まれた時からふらふらしたやる気のないタイプではありましたが、フリーになって以降も熱量は下がり続け、50を目前にしてなおケセラセラ具合が半端ない。それでも平常心の自分が怖い。

きっとドメイン取得当時はそれなりのやる気を見せていたんだな、と遠い目をしている2021年の私にはjpドメインは不要であります。身にあまる贅沢品。

それなのにまた3,000円払って更新したのは、単に面倒だから。15年間あちこちでこのドメインのメールアドレスを使用してきたものですから、止めちゃうとなんらかの不具合が出るでしょう。何しろこの15年間住所も電話番号もコロコロ変えてきた身、ただ一つだけ持ち続けてきたメールアドレスまで変わるとなると、いろいろ面倒なのですよ。

こんなことならGメール1本でやっていればよかった、と思わなくもないですがこれまたいまさらの話。ジロー重ねのジロー大渋滞。

いざ止めてみたら、恐れていたほどの混乱は起こらないとは思います。だって、長年同じ番号で使い続けた携帯電話を解約した時も、なんの不自由もなかったもの。

携帯電話をやめたことが、いちばんよかったかもしれない。

わかっているけど面倒なふりして解約しないのは、なぜなのか。長年親しんだ屋号に愛着があるのか。それともやる気ナイナイといいつつ、まだしつこく何かやろうとしているのか。

やる気はないくせにあの頃描いた夢だとか目標らしきものはいろんな形で叶えてきて、それはそれでアラいいですねえとしか言いようがないんだけど、それとこれとは話が別、という気がしている近頃。

いいことがあったらうれしいけど、なくても大丈夫で、いかなる状況にあっても自分の日々の満足感に大きなうねりはない。爆音サルサでご機嫌ダンスな昼下がりと、ドカンと大きな仕事を成功させる喜びに、果たして大小の区別はあるのだろうか、とか。

でもいつか書いた「貧乏入門」みたいなことになるのはダメなのだ。

貧乏入門あるいは幸せになるお金の使い方。

本当は欲しいけど、手に入れるのは大変だし、必死になるのもカッコ悪いからいらないふりをする、のは違うのだ。

さて、来年の私はこのドメインを更新するのでしょうか(他人事)。

大人世代がひとりで暮らす




関連記事

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

40代独身東京一人暮らし女性が、 今後の働き方を討論す。

【前回のあらすじ】 新しい分野へのチャレンジ、その準備に3年の月日を費やしたというイラ

記事を読む

週休3日勤務、生まれたその1日で何をする。

いやー、スランプ気味だわ。というメッセージを送ると、 「え、crispyさんでもスラン

記事を読む

50代で叶える、アルバイトの夢。

自分比でややヘビーな締め切りに追われ、顔面を青くしたり白くしたりしていた月末月初。どうにか

記事を読む

愛用中のToDoリストマネージャを教えてください。

日々のタスクは少ないに限るな! 仕事がなくなれば入るものも入ってこないフリーランスのく

記事を読む

フリーランス、はじめてのオンライン新規営業。

先日、生まれて初めて「オンライン新規営業」を経験しました。 どんな業界も営業の縮小や自粛傾向にある

記事を読む

仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっている案件の状況について説明す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑