実はいらなかったと気づいたものを、再び取り戻すか。

公開日: : ミニマルライフ

例のアレが想像以上に長引いていて、良くも悪くも共存に慣れつつあるこの頃。

行動が制限され、生活様式が変化する中、今まで必須だと思っていたけど案外なくても大丈夫だった。むしろないほうがよくない?と気づいてしまったものやこと、ありますね。

例えば、化粧しないほうが肌の調子いいな、とか。飲み会なくなったほうがむしろコミュニケーションの質が上がるな、とか。会社行かない方が業務効率上がるよね、などなど、誰しもいくつか思い当たる節があるでしょう。

なくても大丈夫とわかってしまったあれこれ。この先、また取り戻す?

実はいらなかったと気づいたものを取り戻すか。

例のアレが完全になくなって生活はすっかり元通り!などという世界線があるのかどうかはわかりません。しかしいつまでも宣言下の生活を続けられるはずもなく、今後もしばらくは騙し騙し共存しながら新様式とやらに順応する、が現実的なのでしょう。

徐々に元に戻る、あるいは新しい生活に慣れていくなかで、元々あった習慣を取り戻したくなるのかどうか。「なくてもいいよね」と一度気づいてしまったものでも、再び手にする必要はあるのか。

この先数年間で人々の意識や選択はガラリと変化を遂げるのか。それとも、長年慣れ親しんだ習慣はそうそう変えられないものなのか。この点は案外見ものだなと思っています。「見もの」って言い方はやや非常識ですけども、興味はある。

なんとなくそういうものだと思い込んで、時間やお金や労力を費やしてきたものが、実は自分には必要なかった。そうわからせてくれたのは、数少ない例のアレの功績でしょう。

私はといえば、飲みに行かなくなったことで、自分が持っている一人飲みへの情熱が明らかになりました。

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

さらに、月に4,5回は食していた大好物のそばをめっきり食べなくなったことにも気づきました。

あんなに頻繁に食べていたそばをここのところめっきり食べていない。つまり、私がそばを食べる機会のほとんどが飲んだ後の「シメ」であって、純粋な食事としてのそばは楽しんでいなかったのだ、と。

なんということでしょう。好物だと思い込んでいたそばが、いつのまにか酒とセットになっていたなんて。

ということは、私はそばという料理自体が好きなのではなく、一人で酒を飲むのが好きなだけで、その行動とセットになっていたそばを好きだと勘違いしていただけなのか…?

この件に関しては、じゃあもうそばを食べなくてもいいじゃないか、ではなく、いろいろ問題がある飲酒習慣を今こそ変えるべきではないか、という結論になりますね。

そばのくだりから話がずれてしまった感は否めませんが、いずれにせよ、自分にとって本当に大事なものは何か?考える期間が、さらに1ヶ月延びましたよ。というお話です。

ものを持たない豊かな暮らし




関連記事

今日捨てたもの 紙袋2つだけの荷物でお引っ越し。

By: Sugar Beach Residences[/caption] 必要最低限のモノで

記事を読む

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

今日捨てたもの 8/10 思い出の品を捨てるには。

8月は毎日1つづつ部屋にあるものを手放す月間と設定し、日々実行しています。 あれ、8月もも

記事を読む

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。 関連 引っ越しから10年以上そのまま放置して

記事を読む

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

ZOZO USED にブランド買取依頼、さていくら?

大量に処分した衣類の中から、未使用品やブランド品は買取サイトに出してリサイクルするためにキー

記事を読む

何もしたくない日。

By: Richard Walker[/caption] 年に数日くらいの頻度で 「何

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑