実はいらなかったと気づいたものを、再び取り戻すか。

公開日: : ミニマルライフ

例のアレが想像以上に長引いていて、良くも悪くも共存に慣れつつあるこの頃。

行動が制限され、生活様式が変化する中、今まで必須だと思っていたけど案外なくても大丈夫だった。むしろないほうがよくない?と気づいてしまったものやこと、ありますね。

例えば、化粧しないほうが肌の調子いいな、とか。飲み会なくなったほうがむしろコミュニケーションの質が上がるな、とか。会社行かない方が業務効率上がるよね、などなど、誰しもいくつか思い当たる節があるでしょう。

なくても大丈夫とわかってしまったあれこれ。この先、また取り戻す?

実はいらなかったと気づいたものを取り戻すか。

例のアレが完全になくなって生活はすっかり元通り!などという世界線があるのかどうかはわかりません。しかしいつまでも宣言下の生活を続けられるはずもなく、今後もしばらくは騙し騙し共存しながら新様式とやらに順応する、が現実的なのでしょう。

徐々に元に戻る、あるいは新しい生活に慣れていくなかで、元々あった習慣を取り戻したくなるのかどうか。「なくてもいいよね」と一度気づいてしまったものでも、再び手にする必要はあるのか。

この先数年間で人々の意識や選択はガラリと変化を遂げるのか。それとも、長年慣れ親しんだ習慣はそうそう変えられないものなのか。この点は案外見ものだなと思っています。「見もの」って言い方はやや非常識ですけども、興味はある。

なんとなくそういうものだと思い込んで、時間やお金や労力を費やしてきたものが、実は自分には必要なかった。そうわからせてくれたのは、数少ない例のアレの功績でしょう。

私はといえば、飲みに行かなくなったことで、自分が持っている一人飲みへの情熱が明らかになりました。

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

さらに、月に4,5回は食していた大好物のそばをめっきり食べなくなったことにも気づきました。

あんなに頻繁に食べていたそばをここのところめっきり食べていない。つまり、私がそばを食べる機会のほとんどが飲んだ後の「シメ」であって、純粋な食事としてのそばは楽しんでいなかったのだ、と。

なんということでしょう。好物だと思い込んでいたそばが、いつのまにか酒とセットになっていたなんて。

ということは、私はそばという料理自体が好きなのではなく、一人で酒を飲むのが好きなだけで、その行動とセットになっていたそばを好きだと勘違いしていただけなのか…?

この件に関しては、じゃあもうそばを食べなくてもいいじゃないか、ではなく、いろいろ問題がある飲酒習慣を今こそ変えるべきではないか、という結論になりますね。

そばのくだりから話がずれてしまった感は否めませんが、いずれにせよ、自分にとって本当に大事なものは何か?考える期間が、さらに1ヶ月延びましたよ。というお話です。

少なくて豊かな暮らし




関連記事

今日捨てたもの 大切なのは数か否か。

By: Craig Leontowicz[/caption] もしかすると今年最初の捨て記事か。

記事を読む

使わないとダメになるから、使えるうちに使いたい。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 昨日は友人と昼呑みを楽

記事を読む

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろいろあって、涙ポロリポロリの展

記事を読む

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

便利な口コミやレビューが買い物の邪魔をする。

新たに導入したいものとか買い換えたいものがいくつかありまして。 適当なもので済ませるの

記事を読む

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

ロルバーンノート 使い方

優柔不断な女の片付け。

「crispyさんの顔を見るの、すごく久しぶりな気がします!」 今まで話したことのない運送会社

記事を読む

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑