埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

神亀 純米辛口

関東地方の旅、順調に推移しております。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

いつもはこれまで呑んだことのない銘柄を選ぶことが多いのですが、埼玉にきてさてどうすべかと考える。

結局定番にして思い出深い酒を選択しました。

神亀 純米酒(埼玉県・蓮田市)

神亀純米

埼玉の酒といえばこれ、という方も多いのでは。

参考 神亀酒造

神亀酒造は、1987年、戦後の日本で一番最初に造石全量を純米酒に変えた醸造蔵です。
それは、純米酒こそが、伝統的にも正統な日本酒であると同時に、 純米酒こそが、料理を引き立て、食事をすることに新しい喜びをもたらすものであると確信していたからです。

醸造酒否定派ではないけれど、なんとなく純米酒を選びがちかなあ。ちなみに食事しながら楽しむのであれば吟醸酒より純米酒のほうが好み。もちろん、個体差はあるけどね。

いつものように常温で一口。久しぶりに呑んだけど、ああこれこれ、このにおい。
神亀のこの独特の「におい」は何からくるんでしょう。熟成香なのか?猪口に注いだとたんに立ち上る神亀のにおい(香り、というよりにおい、が似合う気がする)ゆえにしっかりと記憶に残りやすいんでしょうね。決してくどくはないけれど力強いので、こってりと肉々しい料理に合わせてもいいかも。

次々といろんな銘柄を試していると前に呑んだものはなんとなく忘れてしまいがちだけど、これは記憶に残る酒。

神亀 純米酒 データ

蔵元 神亀酒造(埼玉県・蓮田市)
種類 純米
精米歩合 山田錦 60%
日本酒度  +5~6
酸度  1.5
アルコール度  15~16度

 

蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢で晩酌

蒸し鶏献立

  • 白菜漬け
  • 白菜と人参のスープ煮
  • 蕪のナムル
  • 葱の卵炒め
  • 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢

白菜と人参のスープ煮

白菜と人参のスープ煮

細切りにした白菜と人参、生姜の千切りを少量の油で炒め油が回ったら蓋をしてそのまま蒸し煮に。やわらかくなったところで鶏スープを注ぎさらに煮て塩胡椒で味を整えたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。酢を少々垂らすと美味。ほらアレ、皿うどんに酢、みたいなイメージです。

蕪のナムル

蕪のナムル

薄切りにした蕪を塩もみして水気を絞り、塩、胡椒、ごま油、すりゴマで和えたもの。

葱の卵炒め

葱の卵炒め

溶き卵に斜め薄切りにした葱と塩を加え混ぜ合わせます。フライパンに油を熱し卵液を流しいれざっくりとかき混ぜたら酒を振り入れ中火で葱に火が通るまでじっくり焼きます。

蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢

蒸し鶏の生姜ポン酢

手で裂いた蒸し鶏と蕪の葉を茹でたものをおろし生姜をたっぷりと加えたポン酢でいただきます。

蒸し鶏を何味にするか迷ってあっさりと生姜ポン酢にしたけれど、酒の強さを考えたらもう少しこってりしたタレにしてもよかったかな。

日本酒にあうおつまみ献立

当時を思い出す、といえば音楽が筆頭だけど、味にも思い出は宿るよね。と、久々に神亀を口にして思ったのでした。
と言ってもわざわざ披露するような面白エピソードでも、キュンとくるような色っぽい話でもないので思い出話の詳細は割愛。

これからもよい思い出になって残るいい酒を呑みたいな。




関連記事

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

今夜のメインは出汁巻き。でも、心のメインは、粕汁。 汁ものをアテに酒を飲むのが好きなの

記事を読む

男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

北海道の酒 男山純米生貯蔵で晩酌 さんまの梅煮、柿の白和え。

酒類は持ち帰るのが重いこともあっていつもは通販で購入することが多いのですが。 先日近所の酒

記事を読む

テイクアウト界隈がエラいことになっていた。

先日、珍しくテイクアウトを利用しました。楽天リアルタイムテイクアウト経由でさくっとオーダー

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。 納豆って、他の食品と比

記事を読む

葱キャベツ油揚げ、定番食材使い回し。

毎週のことですが、金曜日のシェアハウスはひっそりとしています。 外は雨。それでも若い人たちは街

記事を読む

大根と牛肉のバター煮

大根と牛肉のバター煮、焼き甘長で家飲み。

大根といえば圧倒的に焼き大根率が高い我が家ですが、本日は珍しく甘辛い醤油味の煮物に。

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

Comment

  1. ちゆーなー より:

    crispy様
    このところ連コメ失礼致します。
    crispyさんの思い出…ちょっと聞いてみたい気も…
    しかし、女性の過去聞くのは東京っ子として粋じゃありやせん笑。
    crispyさんの正確な年齢はわかりませんが、ブログから
    察するに「バブル未経験、せいぜいちょい舐め。社会出たら
    苦渋舐めまくり第1期生」ではないでしょうか?苦笑
    (間違っていたらごめんなさい)
    街にはまだまだワンレンボディコン。元気一杯ガールズポップ
    、派手なお金の話…。ところが、やっと自分がその扉を開けたら、もぬけの殻…
    アレな感じの思い出は嫌というほどわかります 苦笑
    これから良い酒飲みましょう 笑
    明日はこのブログで知った人参醤油漬けが肴です。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      そうですね、年代的にはおっしゃるとおりの時代だと思います。が、何しろ真っ当な人生を歩んでいないのでバブルの恩恵も残骸もほぼ無関係な青春時代でした。
      若い頃もそれなりによかったですが、私は大人になってからのほうが何かと楽しめているような気がします。酒を覚えたことでしなくていい失敗も山ほどしましたが、それでもやっぱり楽しい酒を呑みたいと思ってしまうのは、まあ、やっぱり好きなんでしょうね。困ったもんです〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑