埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

神亀 純米辛口

関東地方の旅、順調に推移しております。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

いつもはこれまで呑んだことのない銘柄を選ぶことが多いのですが、埼玉にきてさてどうすべかと考える。

結局定番にして思い出深い酒を選択しました。

神亀 純米酒(埼玉県・蓮田市)

神亀純米

埼玉の酒といえばこれ、という方も多いのでは。

参考 神亀酒造

神亀酒造は、1987年、戦後の日本で一番最初に造石全量を純米酒に変えた醸造蔵です。
それは、純米酒こそが、伝統的にも正統な日本酒であると同時に、 純米酒こそが、料理を引き立て、食事をすることに新しい喜びをもたらすものであると確信していたからです。

醸造酒否定派ではないけれど、なんとなく純米酒を選びがちかなあ。ちなみに食事しながら楽しむのであれば吟醸酒より純米酒のほうが好み。もちろん、個体差はあるけどね。

いつものように常温で一口。久しぶりに呑んだけど、ああこれこれ、このにおい。
神亀のこの独特の「におい」は何からくるんでしょう。熟成香なのか?猪口に注いだとたんに立ち上る神亀のにおい(香り、というよりにおい、が似合う気がする)ゆえにしっかりと記憶に残りやすいんでしょうね。決してくどくはないけれど力強いので、こってりと肉々しい料理に合わせてもいいかも。

次々といろんな銘柄を試していると前に呑んだものはなんとなく忘れてしまいがちだけど、これは記憶に残る酒。

神亀 純米酒 データ

蔵元 神亀酒造(埼玉県・蓮田市)
種類 純米
精米歩合 山田錦 60%
日本酒度  +5~6
酸度  1.5
アルコール度  15~16度

 

蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢で晩酌

蒸し鶏献立

  • 白菜漬け
  • 白菜と人参のスープ煮
  • 蕪のナムル
  • 葱の卵炒め
  • 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢

白菜と人参のスープ煮

白菜と人参のスープ煮

細切りにした白菜と人参、生姜の千切りを少量の油で炒め油が回ったら蓋をしてそのまま蒸し煮に。やわらかくなったところで鶏スープを注ぎさらに煮て塩胡椒で味を整えたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。酢を少々垂らすと美味。ほらアレ、皿うどんに酢、みたいなイメージです。

蕪のナムル

蕪のナムル

薄切りにした蕪を塩もみして水気を絞り、塩、胡椒、ごま油、すりゴマで和えたもの。

葱の卵炒め

葱の卵炒め

溶き卵に斜め薄切りにした葱と塩を加え混ぜ合わせます。フライパンに油を熱し卵液を流しいれざっくりとかき混ぜたら酒を振り入れ中火で葱に火が通るまでじっくり焼きます。

蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢

蒸し鶏の生姜ポン酢

手で裂いた蒸し鶏と蕪の葉を茹でたものをおろし生姜をたっぷりと加えたポン酢でいただきます。

蒸し鶏を何味にするか迷ってあっさりと生姜ポン酢にしたけれど、酒の強さを考えたらもう少しこってりしたタレにしてもよかったかな。

日本酒にあうおつまみ献立

当時を思い出す、といえば音楽が筆頭だけど、味にも思い出は宿るよね。と、久々に神亀を口にして思ったのでした。
と言ってもわざわざ披露するような面白エピソードでも、キュンとくるような色っぽい話でもないので思い出話の詳細は割愛。

これからもよい思い出になって残るいい酒を呑みたいな。




関連記事

豚とわかめのおろし和え

豚とわかめのおろし和え、キャベツとにんじんのナムルで家飲み。

豚とわかめのおろし和え。 早い話が冷しゃぶでしょうか。そろそろこういう冷たいというか常

記事を読む

せせり塩焼き献立

せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたし献立。

今ではすっかり希少食材となってしまったせせり。以前は頻繁に食べてたんだけどなあ。 家飲

記事を読む

塩つくね

焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。 と勘違いして酒を買わずに帰宅し

記事を読む

豚しゃぶ梅しそ和え

豚しゃぶ梅しそ和え、なすと春雨のサラダ。

おや。 そういやこの夏はあまりエスニック系メニューが出てこなかった気がする。 ふとそ

記事を読む

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。 牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃが

記事を読む

鶏むね肉のトマトだれ献立

鶏むね肉トマトだれ、わかめのねぎ和え献立。

トマトだれ、という表現も如何なものかと思いますが、ソマトソースと呼ぶには少々気がひける。よっ

記事を読む

塩鶏のホイル蒸し

塩鶏と水菜のホイル蒸し、ベジブロスのキャベツ煮浸し 晩酌献立。

人はなぜ食材を包むのか。 それは、蒸すからだ。 材料切って包むだけのホイル蒸しっ

記事を読む

鰤カマと白ネギの昆布蒸し

ぶりと白ネギの昆布蒸し、生ひじきの梅サラダ献立。

帰省中にぶりしゃぶを食べたんですよ。 美味しいよねえ、ぶりしゃぶ。 脂の乗ったぶ

記事を読む

かれいと豆腐の煮つけ

カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたし献立。

久しぶりのカレイの煮つけだというのに、うっかり無残な姿にしてしまいました。 破れかぶれ

記事を読む

夏野菜の焼きびたし

夏野菜の焼きびたし、ちくわチーズ揚げ。

てんぷらとかとんかつとか、揚げ物は基本的に 「お店で食べるもの」 と考えています

記事を読む

Comment

  1. ちゆーなー より:

    crispy様
    このところ連コメ失礼致します。
    crispyさんの思い出…ちょっと聞いてみたい気も…
    しかし、女性の過去聞くのは東京っ子として粋じゃありやせん笑。
    crispyさんの正確な年齢はわかりませんが、ブログから
    察するに「バブル未経験、せいぜいちょい舐め。社会出たら
    苦渋舐めまくり第1期生」ではないでしょうか?苦笑
    (間違っていたらごめんなさい)
    街にはまだまだワンレンボディコン。元気一杯ガールズポップ
    、派手なお金の話…。ところが、やっと自分がその扉を開けたら、もぬけの殻…
    アレな感じの思い出は嫌というほどわかります 苦笑
    これから良い酒飲みましょう 笑
    明日はこのブログで知った人参醤油漬けが肴です。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      そうですね、年代的にはおっしゃるとおりの時代だと思います。が、何しろ真っ当な人生を歩んでいないのでバブルの恩恵も残骸もほぼ無関係な青春時代でした。
      若い頃もそれなりによかったですが、私は大人になってからのほうが何かと楽しめているような気がします。酒を覚えたことでしなくていい失敗も山ほどしましたが、それでもやっぱり楽しい酒を呑みたいと思ってしまうのは、まあ、やっぱり好きなんでしょうね。困ったもんです〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑