埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

神亀 純米辛口

関東地方の旅、順調に推移しております。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

いつもはこれまで呑んだことのない銘柄を選ぶことが多いのですが、埼玉にきてさてどうすべかと考える。

結局定番にして思い出深い酒を選択しました。



神亀 純米酒(埼玉県・蓮田市)

神亀純米

埼玉の酒といえばこれ、という方も多いのでは。

参考 神亀酒造

神亀酒造は、1987年、戦後の日本で一番最初に造石全量を純米酒に変えた醸造蔵です。
それは、純米酒こそが、伝統的にも正統な日本酒であると同時に、 純米酒こそが、料理を引き立て、食事をすることに新しい喜びをもたらすものであると確信していたからです。

醸造酒否定派ではないけれど、なんとなく純米酒を選びがちかなあ。ちなみに食事しながら楽しむのであれば吟醸酒より純米酒のほうが好み。もちろん、個体差はあるけどね。

いつものように常温で一口。久しぶりに呑んだけど、ああこれこれ、このにおい。
神亀のこの独特の「におい」は何からくるんでしょう。熟成香なのか?猪口に注いだとたんに立ち上る神亀のにおい(香り、というよりにおい、が似合う気がする)ゆえにしっかりと記憶に残りやすいんでしょうね。決してくどくはないけれど力強いので、こってりと肉々しい料理に合わせてもいいかも。

次々といろんな銘柄を試していると前に呑んだものはなんとなく忘れてしまいがちだけど、これは記憶に残る酒。

神亀 純米酒 データ

蔵元 神亀酒造(埼玉県・蓮田市)
種類 純米
精米歩合 山田錦 60%
日本酒度  +5~6
酸度  1.5
アルコール度  15~16度

 

蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢で晩酌

蒸し鶏献立

  • 白菜漬け
  • 白菜と人参のスープ煮
  • 蕪のナムル
  • 葱の卵炒め
  • 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢

白菜と人参のスープ煮

白菜と人参のスープ煮

細切りにした白菜と人参、生姜の千切りを少量の油で炒め油が回ったら蓋をしてそのまま蒸し煮に。やわらかくなったところで鶏スープを注ぎさらに煮て塩胡椒で味を整えたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。酢を少々垂らすと美味。ほらアレ、皿うどんに酢、みたいなイメージです。

蕪のナムル

蕪のナムル

薄切りにした蕪を塩もみして水気を絞り、塩、胡椒、ごま油、すりゴマで和えたもの。

葱の卵炒め

葱の卵炒め

溶き卵に斜め薄切りにした葱と塩を加え混ぜ合わせます。フライパンに油を熱し卵液を流しいれざっくりとかき混ぜたら酒を振り入れ中火で葱に火が通るまでじっくり焼きます。

蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢

蒸し鶏の生姜ポン酢

手で裂いた蒸し鶏と蕪の葉を茹でたものをおろし生姜をたっぷりと加えたポン酢でいただきます。

蒸し鶏を何味にするか迷ってあっさりと生姜ポン酢にしたけれど、酒の強さを考えたらもう少しこってりしたタレにしてもよかったかな。

日本酒にあうおつまみ献立

当時を思い出す、といえば音楽が筆頭だけど、味にも思い出は宿るよね。と、久々に神亀を口にして思ったのでした。
と言ってもわざわざ披露するような面白エピソードでも、キュンとくるような色っぽい話でもないので思い出話の詳細は割愛。

これからもよい思い出になって残るいい酒を呑みたいな。




関連記事

きつね納豆献立

きつね納豆、小松菜のしらすおろし和え献立。

つまみバリエーションはそう多くない我が家の食卓ですが、中でもきつね納豆登場回数はかなり多いの

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

鶏団子鍋

鶏団子鍋で晩酌。

久しぶりに鍋にするか、と具材を考える。 寒い間は毎日鍋でもいいくらいの鍋好きなんですが

記事を読む

葱油芋奶のレシピと献立

里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

蒸した里芋にねぎの風味をまとわせるシンプルな料理、葱油芋艿。以前本だったか何だかでこの料理を

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

蒸し鶏とキャベツのしょうがタレ献立

蒸し鶏とキャベツのしょうがソース、トマトと卵のスープ献立。

引き続き蒸し鶏メニューです。 蒸し鶏は淡白なむね肉をしっとり仕上げて汁共々保存しつつ使

記事を読む

141030d4

家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。 外気より室内が寒いって、何が原因なんでし

記事を読む

砂肝炒め献立

一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

3月ですね。 3月って言ったら何かなあ、そろそろ春らしいあれこれが出てくるよねえなどと

記事を読む

鶏豆腐 晩酌

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。 メインはもちろん鶏肉と豆腐、

記事を読む

Comment

  1. ちゆーなー より:

    crispy様
    このところ連コメ失礼致します。
    crispyさんの思い出…ちょっと聞いてみたい気も…
    しかし、女性の過去聞くのは東京っ子として粋じゃありやせん笑。
    crispyさんの正確な年齢はわかりませんが、ブログから
    察するに「バブル未経験、せいぜいちょい舐め。社会出たら
    苦渋舐めまくり第1期生」ではないでしょうか?苦笑
    (間違っていたらごめんなさい)
    街にはまだまだワンレンボディコン。元気一杯ガールズポップ
    、派手なお金の話…。ところが、やっと自分がその扉を開けたら、もぬけの殻…
    アレな感じの思い出は嫌というほどわかります 苦笑
    これから良い酒飲みましょう 笑
    明日はこのブログで知った人参醤油漬けが肴です。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      そうですね、年代的にはおっしゃるとおりの時代だと思います。が、何しろ真っ当な人生を歩んでいないのでバブルの恩恵も残骸もほぼ無関係な青春時代でした。
      若い頃もそれなりによかったですが、私は大人になってからのほうが何かと楽しめているような気がします。酒を覚えたことでしなくていい失敗も山ほどしましたが、それでもやっぱり楽しい酒を呑みたいと思ってしまうのは、まあ、やっぱり好きなんでしょうね。困ったもんです〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

clothes
仕事ファッション、同僚とGUのトップスが丸かぶり。

今日はトップスが丸かぶりだから2人で並ぶとちょっと照れますね。

トマト豚しゃぶ
トマト豚しゃぶ、にんじんとツナのサラダ献立。

肉をさっとゆでて野菜とあわせる冷しゃぶは、夏のつまみにうれしい

nhatrang_foods_62
こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う

いわしの塩焼き献立
いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ献立。

おりょうりいちねんせい。 そんなタイトルに変更すればいか

event_1
副業を始めるために必要な2つの要素。

知人(40代前半男性)が、副業を始めました。 彼は超大手

→もっと見る

PAGE TOP ↑