白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

closet

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい。

夏ならTシャツ数枚にデニムにサンダル、冬なら足元はスニーカーかブーツでアウターはダウン、でほぼ事足りるでしょう。実際その程度の軽装で旅を続けている人も少なくありません。もちろん私も旅に限らず多くの服は必要ではないと考えています。

関連 40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

ただ、外国人だからこれで許してとばかりにどこへでもサンダル履きで侵入する旅行者にはなりたくないとも思っているのです。




バックパッカーのドレスシャツ

これは友人が若かりし日にバックパックを担いでヨーロッパを旅していた時のエピソード。

寝台列車の2等席に入ると彼の前には自分と似たような年頃のフランス人らしき男性2人組。同じく貧乏バックパッカーといった風体で薄汚れたTシャツにデニム、擦り切れたバックパックをベッドの奥に押し込んで寝そべっていました。

ああ、彼らも自分と同じ大学生だろうか。どこまで行くのだろうか。

なんとなく親近感を持った友人でしたが、夕刻になってその親近感はちょっとした憧れに変わります。なぜなら、2人組の若者がバックパックから取り出した白のドレスシャツに着替えて食堂車に消えていったから。

おそらくそのシャツ自体は高級なものでも特別に仕立てたものでもなんでもないでしょう。けれど、わざわざ着替えて食堂車に行くという発想を持っていなかった当時の彼の目には、2等席で移動する若きバックパッカーがドレスアップしてディナーに出かけるその姿がなんとも素敵に映ったと言います。

「その時に服の持つ力を感じて、状況に応じた装いを楽しむのっていいもんだなと思うようになったんだよね」

私がこのエピソードを友人から聞いたのは彼も私もすっかり大人になってからのことですが、ああいい話だな、と素直に思ったのでした。

「装いプレイ」というお遊び

白いシャツ1枚がガラリと人の印象を変えてしまう。洋服というのはなんとも面白いものであります。

オリエントエクスプレスのような豪華列車でもないのにわざわざ食堂車に行くために着替えるなんて大げさな、とも言えるけど、シャツ1枚変えるだけで「ちょっと上質な旅のディナー気分を味わってしまおうプレイ」に興じるとはなかなか愉快な若者ではありませんか。友人が見とれてしまったのはきっとその2人組が美青年であったことも大きいのでしょうが、この何気ない出来事がいつまでも印象に残っているのはとても共感できるのです。

もちろん感じ方は人それぞれなので、同じ場面に遭遇してもなんとも思わずすぐに忘れてしまう人だっているだろうし、同じ年頃でもヨーロッパとアジアでは文化が違うんだなあと感じる人、自分の装いや行動と比較して意味もなく恥じ入ってしまう人などさまざまでしょう。その場にいた訳でもないのに状況を思い浮かべながら素敵な話だなあ、なんて思った私はおそらくシャツ1枚で気分を変えるプレイ賛成派、なんだろうな。

高価な品やブランド物に頼らずとも、楽しもうという心構えさえ持っていればよい。たった一枚のシャツで遊べる「装いプレイ」のなんと奥深きことよ。

ミニマリストの持たない暮らし

人から聞いた旅のエピソードの中でもこれはものすごく好きな話なのに、舞台がどこへ向かう何という列車だったのかはすっかり失念してしまいました。寝台列車があってそこそこのクオリティの食堂車がついているヨーロッパの長距離列車、となるとシティナイトラインあたりかしら。何しろもう20年以上昔のことだから、今ではなくなっているかもしれないけれど。

若きバックパッカーだった白シャツ2人組も既に齢40を超えているはず。今はどんな大人になっているのでしょう。装う遊びは今でも続けているでしょうか。

 






関連記事

takamatsu_126

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

whitepants

少ない服で秋ファッション(2)家で洗えるレザージャケット。

暑い。 夏の陽気に逆戻りですね。 正直この暑さの中、秋服について書くテンションでもな

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

By: Lindsey Turner

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

airportsofa

最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

nagata1

鉄人28号モニュメント 神戸、長田にて。

久しぶりに神戸の街をぶらぶら歩いたのでその記録を。 まずは用事があり立ち寄った長田で。

記事を読む

tainan-hotel15

台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。 道中で最も長く滞在したのは台南。

記事を読む

knit17

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変

記事を読む

taiwan-foods6

台湾一人旅でもちょっと一杯したい!台湾一周一人旅の食事 その2。

少し時間が空いてしまいましたが、台湾の食まとめ第2弾。 関連 台湾一人旅でもローカルフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nakano21
あなたのその怒りはどこから。

とある夜。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってから

春キャベツと肉団子のスープ煮
春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。

履かない靴
履かないヒールがどんどん高くなっていく。

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を

水菜の卵とじ献立
水菜と油揚げの卵とじ、梅わかめ納豆献立。

先日に引き続き、またまたやや肌寒い日の晩酌献立。さすがにもうあ

moalboal_2016_28
勢いで必要なものまで捨ててしまう恐怖。

先日、パソコンのデスクトップの整理をしておりました。 定

→もっと見る

PAGE TOP ↑