白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

closet

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい。

夏ならTシャツ数枚にデニムにサンダル、冬なら足元はスニーカーかブーツでアウターはダウン、でほぼ事足りるでしょう。実際その程度の軽装で旅を続けている人も少なくありません。もちろん私も旅に限らず多くの服は必要ではないと考えています。

関連 40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

ただ、外国人だからこれで許してとばかりにどこへでもサンダル履きで侵入する旅行者にはなりたくないとも思っているのです。

バックパッカーのドレスシャツ

これは友人が若かりし日にバックパックを担いでヨーロッパを旅していた時のエピソード。

寝台列車の2等席に入ると彼の前には自分と似たような年頃のフランス人らしき男性2人組。同じく貧乏バックパッカーといった風体で薄汚れたTシャツにデニム、擦り切れたバックパックをベッドの奥に押し込んで寝そべっていました。

ああ、彼らも自分と同じ大学生だろうか。どこまで行くのだろうか。

なんとなく親近感を持った友人でしたが、夕刻になってその親近感はちょっとした憧れに変わります。なぜなら、2人組の若者がバックパックから取り出した白のドレスシャツに着替えて食堂車に消えていったから。

おそらくそのシャツ自体は高級なものでも特別に仕立てたものでもなんでもないでしょう。けれど、わざわざ着替えて食堂車に行くという発想を持っていなかった当時の彼の目には、2等席で移動する若きバックパッカーがドレスアップしてディナーに出かけるその姿がなんとも素敵に映ったと言います。

「その時に服の持つ力を感じて、状況に応じた装いを楽しむのっていいもんだなと思うようになったんだよね」

私がこのエピソードを友人から聞いたのは彼も私もすっかり大人になってからのことですが、ああいい話だな、と素直に思ったのでした。

「装いプレイ」というお遊び

白いシャツ1枚がガラリと人の印象を変えてしまう。洋服というのはなんとも面白いものであります。

オリエントエクスプレスのような豪華列車でもないのにわざわざ食堂車に行くために着替えるなんて大げさな、とも言えるけど、シャツ1枚変えるだけで「ちょっと上質な旅のディナー気分を味わってしまおうプレイ」に興じるとはなかなか愉快な若者ではありませんか。友人が見とれてしまったのはきっとその2人組が美青年であったことも大きいのでしょうが、この何気ない出来事がいつまでも印象に残っているのはとても共感できるのです。

もちろん感じ方は人それぞれなので、同じ場面に遭遇してもなんとも思わずすぐに忘れてしまう人だっているだろうし、同じ年頃でもヨーロッパとアジアでは文化が違うんだなあと感じる人、自分の装いや行動と比較して意味もなく恥じ入ってしまう人などさまざまでしょう。その場にいた訳でもないのに状況を思い浮かべながら素敵な話だなあ、なんて思った私はおそらくシャツ1枚で気分を変えるプレイ賛成派、なんだろうな。

高価な品やブランド物に頼らずとも、楽しもうという心構えさえ持っていればよい。たった一枚のシャツで遊べる「装いプレイ」のなんと奥深きことよ。

ミニマリストの持たない暮らし

人から聞いた旅のエピソードの中でもこれはものすごく好きな話なのに、舞台がどこへ向かう何という列車だったのかはすっかり失念してしまいました。寝台列車があってそこそこのクオリティの食堂車がついているヨーロッパの長距離列車、となるとシティナイトラインあたりかしら。何しろもう20年以上昔のことだから、今ではなくなっているかもしれないけれど。

若きバックパッカーだった白シャツ2人組も既に齢40を超えているはず。今はどんな大人になっているのでしょう。装う遊びは今でも続けているでしょうか。

 




関連記事

香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。 なんてことがよ

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に答える。 ちなみに母は私

記事を読む

部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇。

2019年は、ベトナムで寝台列車に揺られていた。ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。さ

記事を読む

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

白シャツやデニム、黒パンツ、ボーダーTなど、誰しもがそれぞれ自分なりの 「定番」

記事を読む

無駄使いが嫌いなクセにとんでもない無駄遣いをする。

無駄なことは好きか否かと問われれば、まあ好きだと返すでしょう。むしろ好きなことはほとんどが無

記事を読む

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

By: Anthony Easton[/caption] 20代の頃、当時よく通っていたセレ

記事を読む

スマートフォンのない生活 ’18。

スマホ代わりに愛用中のiPod touchがそろそろヤバそうなので、買い替えを検討。

記事を読む

2月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Lima Pix[/caption] 毎度お馴染み月初のまとめ。 毎月はじめに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑