靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ




nerima37

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がなかったから。買い換えるどころか、持て余して里子に出したものさえ、ある。

ZOZO USED にブランド買取依頼、さていくら?

スニーカーの使用頻度が激増しています。エクストリーム上昇です。

さらには数が少ないものだから、消耗も早い。頻繁に買い換えることになるのも無理はありません。

靴とパンツの理想的なバランス

さてスニーカーに限らず、以前からすごく好きな「靴とパンツのバランス」があります。

それは、本体黒、ソール白でつま先部分がちょこっと反っている、そしてやや大きめサイズの靴と細身パンツの組み合わせ。「やや大きめのサイズ」というのがバランスのポイントなのだけど、イメージとしてはあの世界一有名なネズミの黄色い靴みたいな感じ、といえばわかりやすいでしょうか。

もちろん現実世界であの靴はでかすぎるけど、あくまでイメージね。

最近はフラットな白のスニーカーばかり使っていたけれど、黒を持ってくるならこういうバランスで履きたいなあ。と、気になるのはいつもメンズのスタイリング。こんな合わせ方してる男の人が好き(ハート)といった萌え要素ではなく、さあその靴をこっちによこせ、という感覚。単純に私が真似したいのです。

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

気になるあの靴、あの感じ。決まった名称があるんでしょうかね。なさそうなので便宜上「ネズミ履き」とします。

スラリとした長身の人よりも、どちらかというと小柄な人のネズミ履きがいい感じに見えるのだけど、あのバランス感、女性には出しにくいのでしょうか。足のサイズが大きい人に限ってネズミ履きが映えるのか。22.5cmの足には無理なのか。

ここはおなじみのインソール詐称などを駆使して、ネズミ履きに近いバランスを演出できるスニーカーを新調しようかと考えております。

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

冬場はブーツの登場機会が多かったけど、そろそろ春だしね。

あの日は直接関係ないけれど

ルシアンペラフィネニットコーデ

などと春の買い物ネタを書いてみるも、外はまだ少々寒く、今年の春は何を着ようかしら、みたいな浮き足立った気分にはなっておりません。そもそも、もう今年のトレンド云々の世界からすっかり遠ざかってしまってもいるし。

おしゃれに興味がなくなってきた疑惑。

早朝に目覚めてそうか、もう7年か、とあの日を回想してみたら、今日よりずっと暖かかった当時の明るい部屋を思い出す。あの年の今日はもう随分と春めいていた記憶があるのだけど、実際はどうだったのかな。

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

シーズン毎にどっさりと買い揃える私がいなくなったこととあの日は直接的な関係はないけれど、少なからずの影響はあって、そして、以前の私に戻る日は、多分もう来ない。

ミニマリストの持たない暮らし

もうさすがにいらないよね、とコートのファー部分を取り外してしまったことを軽く後悔する程度には寒かったここ数日。春は嫌いだけど、春はまだか。

 




関連記事

選択肢過多(Choice Overload)多くの候補から選べるのが幸せ?

最近読んだ本の中で「選択肢が増えすぎるとストレスが増し、幸福度が下がることがある」という記述

記事を読む

少ない服でおしゃれ、ワンピースは万能か。

夏のワンピースは涼しくていいなあ。 そう気付いたのは割と最近、日本の夏がグッと暑くなってか

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

サングラスが好きです。 「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

記事を読む

40代ファッション

2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります。 お出かけ気分の時はほぼこ

記事を読む

頑張らないあの人の朝ごはん。

朝ごはんにいたしましょう。 平日の午前10時。厳かなる言葉を添えて送られてきた写真には

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

By: Dan Taylor-Watt[/caption] なんぞこれ、という暑さだった東京

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿
    『歩くのが仕事』みたいな職業なので、スニーカーは“ 消耗品 ”として経費で購入しています★(春夏モノも含めて、2月に4足購入!!)
    買い替えのタイミングは、カカト部分がチョットでも偏って減ってきた時。出来るだけカラダのバランスを正しく保ちたくて大枚はたいてオーダーメイドの「インソール」も作りましたわぃ。 (~_~;)
    あと、仕事で頻繁に靴を脱いだり・履いたりするので、実用的な必要性で0.5ミリ大きいサイズを履いています♪ (^_-)-☆

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      なるほど、別府美人さんにとってのスニーカーとは仕事道具なのですね。私も着脱&見た目のバランスを鑑みて、常にやや大きめサイズを選択している次第です。

      ところで別府美人さんって、多岐にわたってこだわりをお持ちの方とお見受けします。私なんて今日までオーダーメイドのインソールの存在すら知りませんでしたから!

  2. カワ より:

    何年か前から増えた先の細くなった革靴は嫌じゃないですか。
    違和感しかないですw

    • crispy-life より:

      カワさん

      カワさんのおかげで、今日1日男性の革靴をガン見してしまいましたw
      先細のアレって、今のトレンドなのですか…?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑