僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 旅人への道

shibuya.min

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。

2004年、まだ30代で自分が何をしたいのか全くわかっていなかった頃には、まさか10年後に自分が海外生活を経て東京のシェアハウスで荷物を減らしまくる生活をしているとは夢にも思いませんでした。

私がミニマリストを目指しているのは思い立ったらすぐ旅に出たいから。いつも身軽に、モノや場所に縛られない人生を謳歌したい。それが現在の目標です。

>>参考
僕らが旅に出る理由 その1
僕らが旅に出る理由 その2
僕らが旅に出る理由 その3

 

会社を辞めなかった本当の理由

「もうこの会社にいても、やりたいことはできないかもしれない」

そう確信していた上に、いくつかの会社からお誘いの話もあったのにも関わらず、私はその時会社を辞めることができませんでした。

一番の理由は、責任を感じたから。
当時の新規プロジェクトに関わっていたメンバーの何人かは業務縮小を理由に退職しました。その気持ちは痛いほどわかったし道半ばにして夢を諦めざるを得なかった悔しさを考えると申し訳ない思いでいっぱいになりました。
一時は自分も辞める方向に傾いたのですが、一部門の責任者である以上、自分がここで抜けるのは間違っているのではないか、と考えなおしました。

…というのは、自分自身に対する「表向き」の理由。

もっともらしい理由が欲しくて「責任」という耳障りのいい言葉で自分を納得させていましたが、結局は自分のやりたいことや新しいチャレンジよりも、安定を選んだに過ぎません。
慣れ親しんだ社風、長年かかって獲得した発言力のあるポジション、そして十分な報酬を手放すのが怖かったのです。
今思えばとても小さなものですが、当時の私にとっては、それが全てに思えました。

地元を出ることすら考えたことのなかった私が仕事でいろんな地域を飛び回る生活をしたことで

「自分の世界が広がった」

と感じていたのに、結局私の「世界」は、会社の中と名刺交換から始まる繋がりでしか広がっていないとてもちっぽけなものでした。
私なんて今の肩書きがなければどこへも行けないし、何にもできない。
だからこそ、自分のやりたいことを追求するよりも、このポジションを守ることを優先するのが「正解」、なのだ。
そう結論付けました。

そしてそもそも「自分のやりたいこと」が何なのかもよくわからなくなっていたのです。

それでも仕事は好きだったし、愛社精神も人一倍強かった私。

「また頑張って一からやり直して、いつの日か新しいプロジェクトを立ち上げよう」

そう決意して本社でデスクワークを繰り返す日々を送ったものの、結局それ以降は仕事に対する情熱が戻ってくることはありませんでした。

つづく。

 




関連記事

バルセロナからマドリードへAVEで列車移動してみた。

スペインの旅、今回はバルセロナからマドリードまで鉄道を使って移動しました。 スペインの

記事を読む

英作文はオリジナリティにこだわらない。セブ日記 12

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こうじゃなくちゃなあ。と、大きな窓

記事を読む

一人飲茶を堅尼地城で楽しむ 香港一人旅で食べたもの その3。

年末から続いていた香港一人旅記録、今回がラストです。 香港年末一人旅 クリスマスの過ご

記事を読む

横須賀昼飲みはしご酒 日本散歩・神奈川県。

恐怖の無人島、猿島を無事脱出しました。 本当に怖い無人島 猿島日帰り一人旅  日本散歩

記事を読む

モノを捨てよ世界に出よう。日本を出ると、一体何が変わるのか。

今月初めの読書に選んでいたこちらの本。   モノを捨てよ世界へ

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅

記事を読む

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛笹持ってこい」 全国的な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑