僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 旅人への道




shibuya.min

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。

2004年、まだ30代で自分が何をしたいのか全くわかっていなかった頃には、まさか10年後に自分が海外生活を経て東京のシェアハウスで荷物を減らしまくる生活をしているとは夢にも思いませんでした。

私がミニマリストを目指しているのは思い立ったらすぐ旅に出たいから。いつも身軽に、モノや場所に縛られない人生を謳歌したい。それが現在の目標です。

>>参考
僕らが旅に出る理由 その1
僕らが旅に出る理由 その2
僕らが旅に出る理由 その3

 

会社を辞めなかった本当の理由

「もうこの会社にいても、やりたいことはできないかもしれない」

そう確信していた上に、いくつかの会社からお誘いの話もあったのにも関わらず、私はその時会社を辞めることができませんでした。

一番の理由は、責任を感じたから。
当時の新規プロジェクトに関わっていたメンバーの何人かは業務縮小を理由に退職しました。その気持ちは痛いほどわかったし道半ばにして夢を諦めざるを得なかった悔しさを考えると申し訳ない思いでいっぱいになりました。
一時は自分も辞める方向に傾いたのですが、一部門の責任者である以上、自分がここで抜けるのは間違っているのではないか、と考えなおしました。

…というのは、自分自身に対する「表向き」の理由。

もっともらしい理由が欲しくて「責任」という耳障りのいい言葉で自分を納得させていましたが、結局は自分のやりたいことや新しいチャレンジよりも、安定を選んだに過ぎません。
慣れ親しんだ社風、長年かかって獲得した発言力のあるポジション、そして十分な報酬を手放すのが怖かったのです。
今思えばとても小さなものですが、当時の私にとっては、それが全てに思えました。

地元を出ることすら考えたことのなかった私が仕事でいろんな地域を飛び回る生活をしたことで

「自分の世界が広がった」

と感じていたのに、結局私の「世界」は、会社の中と名刺交換から始まる繋がりでしか広がっていないとてもちっぽけなものでした。
私なんて今の肩書きがなければどこへも行けないし、何にもできない。
だからこそ、自分のやりたいことを追求するよりも、このポジションを守ることを優先するのが「正解」、なのだ。
そう結論付けました。

そしてそもそも「自分のやりたいこと」が何なのかもよくわからなくなっていたのです。

それでも仕事は好きだったし、愛社精神も人一倍強かった私。

「また頑張って一からやり直して、いつの日か新しいプロジェクトを立ち上げよう」

そう決意して本社でデスクワークを繰り返す日々を送ったものの、結局それ以降は仕事に対する情熱が戻ってくることはありませんでした。

つづく。

 




関連記事

天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の夏も海を見るべくドライブしてお

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

普段使いのナイロントートに収まる旅の荷物。

羽田って、いつからこんな感じになってたっけ? 外国人観光客ウケの良さそうなレストランフ

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

慌ただしい日々、悪いことばかりでもない。セブ日記 14

驚くことに、残すところあと2日である。 関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記」

記事を読む

蔵造りの街 小江戸川越を歩く。日本散歩・埼玉県

埼玉県・川越市を散歩してきました。 ここのところ海外にばかり目を向けていたので、これからは

記事を読む

高美湿地へのアクセス方法と帰り方 台湾一周一人旅。

台中の旅行記にてまた改めて書きます、と宣言しておきながら書いていなかった高美湿地の詳細記事。

記事を読む

自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるような天気にあたった印象がない。

記事を読む

敗北を喫したはとバスツアー参戦記。日本散歩・千葉県

最近なぜか立て続けにヨロレイヒーに誘われまして。 ヨロレイヒー。私の周りでは、結構この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑