お金を全然使わない。セブ日記 7

公開日: : 最終更新日:2019/10/23 旅人への道, 英語

cebu-diary-07-3

この1ヶ月の滞在を単純に

「旅」

と称するのが正しいかどうかはわからないが、普段いる場所とは別のところへ出向き、過ごすことを旅と呼ぶのならば、これもまた旅なのだろう。

とすれば、こんなにお金を使わない旅もないのではないかと思う。



お金を全然使わないセブ島短期留学

cebu-diary-07-1

本日で滞在12日目。

関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記」はじまる。

通常の旅行ならばエアーや宿泊費など事前に支払い済みのもの以外にも何かと出費がかさむのが常。観光に出かけるには現地での交通費も必要だし、入場料的な費用も発生する。そして何より、3食食べる必要がある。

しかし今回、観光は一切しておらず(もう特に行くべきところもないのだけれど)、外食も、もちろん飲酒も週末のみと決めているせいで、驚くほどお金を使っていない。

ここまで使った金額を改めて計算してみると、たったの1500PHP、日本円にして約3,300円だった。

手元に余っていた現金数100ペソを持参し、到着時に現地の銀行から2,000PHPを出金(セコい)して、それっきり。週末に外で酒を飲んだ他には、トイレットペーパーやインスタントコーヒーなど消耗品の買い物とジプニーの運賃くらいしか使っておらず、よくよく考えればまだタクシーにすら乗っていない。

関連 セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情

1日当たり、おこづかいは約280円。今日日小学生の修学旅行でももっと散財してそうなものだが、これが実際のところである。

もちろん短期留学には申し込み時にかかる語学学校への支払い費用の他、現地到着後にSSP(Special Study Permit=特別就学許可証)の取得費用や、滞在期間によってはVISAの延長費用も必要ではある。しかし、観光ついでの留学ごっこではなく、真剣に英語学習にフォーカスするのであれば、日常生活に必要な費用はこの程度のもの。

「フィリピン留学は諸経費以外の滞在中の出費もバカにならない」

という話をちょくちょく聞いていたけれど、それは食事の提供が3食ない学校であったり、観光や夜遊びに精を出した場合の話だったのだろうな、と今ではわかる。

まあこれは私が今回は全く観光や遊びを必要としていないからではあるけれど、先週の卒業セレモニーで

「せっかくセブ島に数ヶ月も滞在したのに、結局どこへも遊びに行かずに帰国することになりました」

と笑って話していた男の子もいた。ちょっと勿体無かったかな、少しは遊べばよかったかな、と彼は言っていたけれど、はるばる飛行機に乗って南の島までやって来て、一切遊ばないで帰国するのもひとつの選択であると思う。そしてそれは間違いではないとも思う。

今日の食事

cebu-diary-07-2

  • 朝 目玉焼き、キャベツ炒め、ごはん コーンスープ、バナナ
  • 昼 フライドチキン、インゲンのソテー、白菜の煮もの、なすのにんにく炒め、ごはん、チキンスープ、オレンジ
  • 夜 煮魚、キャベツ炒め、かぼちゃの煮もの、梨のサラダ、ごはん、白菜スープ、すいか

食事のバリエーションはどれくらいあるのだろうかという素朴な疑問を持って毎日献立を記録し続けているが、少なくとも2週間は同じメニューは出ない模様。朝ごはんでさえ毎日違うものが出ている。

ミニマリストの持たない暮らし

早いもので、この短期留学体験もそろそろ後半戦に突入する。注意力散漫なことで定評のある私が、ここまで集中力が全く途切れずにきているのが不思議で仕方ない。我ながら、ミラクル。

つづく

 

 




関連記事

ny_dt_34

ダウンタウンの街散策、橋から眺める女神の姿。

ニューヨークの旅、先日のアップタウン編に引き続きダウンタウンその他編です。 関連 アッ

記事を読む

travel3

僕らが旅に出る理由 その3 ~あまりに辛い変化~

40過ぎたというのに若い人が中心のシェアハウスで生活しながら日々モノを減らす作業を続けている

記事を読む

By: Ernst Moeksis

アトピーとほうれい線をにわかオイリー肌で改善する。

By: Ernst Moeksis[/caption] 日本を離れて早10日が経過しました。

記事を読む

By: Nattu

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

ソンクラン2015

ソンクランの準備と服装。ソンクラン参戦記。

By: YANG HAI[/caption] 先日ソンクラン参戦のスタイルが間違っていた、と

記事を読む

takamatsu_103

特別名勝 栗林公園で緑の洪水に溺れる 高松日帰り弾丸旅行 その3。

深夜便のフェリーで神戸から高松へやってきた日帰りの旅。 高松からことでんに乗って、まず

記事を読む

Hi sukhumvit hostel

バンコク女性一人旅。トンロー駅近くのホステルに滞在する。

今回はバンコクでホステルにチャレンジするぞ!という妙な目標を設定した私。 参考 バンコ

記事を読む

shibuya.min

僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。 2004年、まだ

記事を読む

spainfood5

サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

スペイン旅行の記録です。 関連 スペインの旅2015 マドリード名物とか人気のレ

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

yamanashi_23
ぶどうがぶらぶらぶら下がる勝沼の非日常。日本散歩・山梨県

初めての山梨旅行、つづきです。 河口湖畔で別荘遊び 日本

焼き厚揚げおろし和え
焼き厚揚げおろし和え、ごまみそキャベツ献立。

その瞬間は嬉々として箸をつけているのに、後で見返すとこれはあん

new-glass
中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距

yamanashi_13
河口湖畔で別荘遊び 日本散歩・山梨県

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。 今まで

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。
焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

先日さんま用に調達したすだちが余っている。 さんまの酒蒸

→もっと見る

PAGE TOP ↑