自動更新の罠で固定費に影響が出る。

公開日: : 最終更新日:2019/06/30 ミニマルライフ

wimax2+ wx03

ちゃんと確認していたのに、自動更新の罠にまんまとハマりました。

自動更新のお知らせ、ちょっと意味がわからない。

意味がわからない、といいつつそれなりにわかっていたつもりだったが、結局わかっていなかったのか。

難解な日本語を読み違えて何もアクションを起こさなかった結果、モバイルWifiの月額利用料金がまんまと値上げされてしまいました。

自動更新の罠で固定費に影響が出る。

いうても、月700円くらいの話なんですけど。でも、年間にして8,000いくら、2年縛りだから差額トータル17,000円くらい。泣きわめくほどの金額ではないがしかし、自動更新の契約内容を読み誤ったせいで発生した経費だと考えるとやりきれない。

守銭奴でおなじみのわたくしが、なぜこんなポカをやらかしたのか検証してみました。

更新時期を知らせるメールは2回到着しており、最初のメールには当時支払っていた金額がそのまま記載され、あたかも更新後も金額が変わらないかのような文面でありました。2回目のメールには自動更新後の料金が記載されているものの、「これまでの割引プランは引き継がれます」旨の注釈が添えてある。これで勘違いしちゃったんだな。

その時点で気になっていたくせにちゃんと調べず、旅行中だからと問い合わせもしなかった私の落ち度なのでミスリードとまでは言わないが、なんかなあ、ねえ?という気持ちだったので、なんかなあ、ねえ?どうですか?と正直に先方へ問い合わせてみたところ

「個人情報に関することなのでメールではお答えできません」

との迅速なご対応をいただきました本当にありがとうございます。

引っかかりは700円ではなくて

setagaya_23

たかが700円でよくもまあネチネチと、とお思いでしょう。

40過ぎてから訳あって生き方を再構築してからというもの、私の中で固定費の削減は割と大きなテーマとなっており、その意味では自分のミスによる700円の出費は確かに悔しくはある。

持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

でも、今回のことで強くひっかかっているのは700円そのものではなくて、自動更新の内容を確かめもせずスルーしてしまった自分の判断能力の衰えであります。

元々綿密に計画を実行するタイプでもなく、契約書類を隅から隅まで熟読する慎重派でもなかったけれど、それなりの判断能力を持って生きてきたと自負しております。だからこそ、こうして今もやっていけているのだし、これからもそうしていかねばならぬ。ならぬのに、この体たらくですよ。

オレオレ詐欺だか母さん助けて詐欺だか、はたまた家電量販店の高額なスマホ設定サービスだかのニュースを見るたびに、なぜ騙されるかなとか、なぜその価格設定に疑問持たないかなとか不思議に思っていたけれど、こういうことですかね。いや、別に騙されちゃいないけど、小さい文字とか煩雑な契約書を読むのが億劫になり、まあいっかでスルーし続けるとその先にはさらなる面倒が待ち受けているのだと悟った次第。

自らの判断能力を過信するべからず。その学習費としての700円であると捉えるべきでしょうか。




関連記事

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひ

記事を読む

MacBook Air '11

キーボードカバーの必要性と耐久性 2代目。

どうせまた1年くらいでダメになるだろうから、来年の今頃また同じ検証をしましょうね。 そ

記事を読む

持たない暮らしのリアルを覗く。

By: Peter Alfred Hess[/caption] 身内の書店員情報によれば、相

記事を読む

そろそろ限界、買い替えを検討する。

ついにいきました。 関連 壊す女、雑な人。 いつか来るだろうけれど、まだその時で

記事を読む

洋服を捨てれば、減らせば、幸せになれるのか。

By: Francisco Anzola[/caption] たくさん洋服を持っていないとお

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

ナイロントートがものすごいスピードで汚れる。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、もしかすると、素材云々色どうこ

記事を読む

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

持たない暮らし、引越し作業は20分。

By: John Benson[/caption] 家もいいけどまわりもね。 ということで、新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑