ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。

公開日: : 最終更新日:2017/01/18 旅人への道

moalboal_2016_4

またまたやって参りました。

関連 モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 2016。

結構な回数足を運んでいるモアルボアル。ダイビングもしないのにまあ飽きずによく通いますわねと自分でも思いますが、アクセスの良さと近さ、治安の良さ、のんびりさ加減など、ゆったりとした休日を過ごすにはなかなか快適なスポットなのです。

今回も思う存分頭と体をゆるめてきましたよ。

ビーチリゾート一人旅、パナグサマビーチに宿泊する

moalboal_2016_25

今回宿泊したのはクオバディスダイブリゾート。またかよって感じですね。

関連 モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記

たまには別のところに泊まろうかなあと毎回考えるのですが、

  • ホテルの目の前が海
  • 敷地内レストランももちろん目の前は海
  • 飲食店エリアから少し離れているので夜は静か
  • 料金が手頃すぎ

などの点で他の宿よりやや優位。

少しはずれに行くともう少しリゾート然としたそれなりのホテルもあるのですが、パナグサマビーチ界隈ののんびりしたローカル感が好きなのでビーチ付近で選ぶとなるとやはりここに落ち着いてしまうのですね。

moalboal_2016_38

今回も昨年と同じくガーデンビューの部屋を選択。というか、他の部屋は空いてませんでした。

moalboal_2016_39

冷蔵庫もエアコンもない必要最低限のファシリティ。天井のファンだけで十分涼が取れるので暑さは問題ありません。ホットシャワーの湯量はやや弱いけれど温度は熱いぐらいなのでご安心を。

moalboal_2016_12

呑めるプールも健在。

このホテルが前回2015年に滞在した時と変わったところといえば

  • レンタル料金の値上がり
  • ダイビングショップスタッフに外国人多し
  • ハンモック登場
  • wifi環境改善

あたりでしょうか。

ダイビングをしない私は毎回シュノーケリンググッズを借りるのですが、今回は1日レンタル300ペソ(=約630円)、1時間レンタル175ペソ(=約367円)でした。3~4年前までは50ペソとかだったような記憶が…まあそれでも十分良心的なんですけどね。ちなみに今年は浅瀬でウミガメに遭遇できました(3年ぶり2度目)。これは吉兆と見た。

そしてダイビングショップに外国人スタッフさんが何人かおられました。どこの国の方かはわかりませんが、ダイビング旅行でモアルボアルに来てすっかり気に入ってそのまま住み着いちゃった的な空気をビシバシ感じる。いや、ただの妄想です。

moalboal_2016_3

海沿いのハンモック、去年はなかったような。

そして嬉しいことにwifiがかなりいい感じになっていました。去年はレセプション付近で繋がったらラッキーくらいの速度だったのが、プールサイドでは全くストレスなく使えるようになっていて時間帯によっては部屋でもサクサク。wifi渇望症の私にとっては嬉しい限りです。

これはこのホテルに限らず感じたこと。セブ全体でネット環境がだんだんよくなっているのでしょうね。

moalboal_2016_26

そして最終日、朝から呑んでて部屋に戻ってうっかり昼寝。案の定寝過ごしてチェックアウト時間の12:00をオーバーしてしまい焦りました。ごめんねえ、でも私ここ好きで何回も来ててブログでもおすすめって書いてるから!と妙な言い訳をするとなぜかすごく感謝されてお菓子とかいろいろくれました。厚かましくてすみませんねえ。

というわけで今年も本当に楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。

クオバディスダイブリゾート

モアルボアル パナグサマビーチの様子2016

moalboal_2016_24

ところでこのホテル、目の前は海と言っても砂浜ではなくかなりイカつめの岩場。よって、子供がちゃぷちゃぷ砂遊びできるような感じではないのですが、今回界隈を歩いていて近くに砂浜があるのを発見しました。

moalboal_2016_9

ホテルから歩いて5分ほどの場所にある「CHILI BAR」付近。

moalboal_2016_11

こんな風に砂浜が広がっている辺りでは地元の子供たちも遊んでいます。

moalboal_2016_8

ホテルから水着のまま歩いて移動できる距離なので砂浜が好みの場合はホワイトビーチまで行かずともこの付近で過ごすのも手だな、と今回初めて気が付きました。遅い。

さて、モアルボアルはのんびりした田舎街のビーチリゾートゆえに数年前から大きな変化はありません。それでもいくつか前回とは変わった点もありました。

ひとりダイバー急増中

moalboal_2016_4

モアルボアルに滞在する旅行者は大人数のダイバーグループor子連れファミリーorカップルor老夫婦、が多いようで、これまではあまりひとり旅の方を見かけませんでした。が、今回はひとりダイバーの方に結構な割合で遭遇、中には日本人と思しき方の姿のちらほら。まあこれは時期的なものかもしれませんね。少しズレているとはいえ、まだまだ夏休み期間だったので。

日本人経営のダイビングショップもいくつかあるようなので、おひとりさまダイビングもなかなか楽しそうです。

野良犬飼い犬急増中

moalboal_2016_23

首輪をつけた飼い犬の放し飼い、野良犬共にやたらと犬が増えていました。前はこんなにいなかったような気が。とにかくそこかしこに犬がいる状況は犬が苦手、怖いという人には少々キツイ環境かもしれません。 基本的に彼らは人間にさほど興味を示さないのでトラブルになる確率は低いですが、狂犬病などのリスクもあるので気をつけましょう。

犬が増えたなあ、と思っていたら案の定現場に遭遇。

moalboal_2016_20

moalboal_2016_21

増えている。

moalboal_2016_18

確実に増えている。フィリピンは人口だけでなく犬口も増えている。
しかしこの仔犬、犬好きにはたまりません。でも、気をつけましょうね。

モアルボアルのレストランで無料のアクティビティ

moalboal_2016_6

続いて食事事情。
モアルボアルには何度も行っているのに毎度同じレストランでばかり食事をしているので今回は新しいところを試そうと思っていたのですが、結局さほど代わり映えのないラインナップにて終了しました。

その理由は、ロケーション。

モアルボアルには特に美味しいレストランがあるわけではなく、価格も似たような感じなので正直なところどこで食べても料理の質はさほど変わりません。ならばやっぱり見晴らしのいい場所で海を眺めながらビールを呑む喜びを存分に味わいたいではないですか。いや、むしろそれが醍醐味。というわけでついつい海辺の店にばかり通ってしまうのです。

moalboal_2016_7

エメラルドグリーンの海も

moalboal_2016_13

紅く染まる空も鑑賞料は驚きの無料。壮大な景色、ラブリーなウミガメと戯れるひとときもぜーんぶタダ。いやはや、自然の偉大さには敵いません。なんという贅沢、ありがたいことでございます。

と、とりとめもなく書いてしまいましたがレストランに関してはまた改めてまとめることにしましょうか。

※追記 書きました
関連 モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

空港からのアクセスや豪華さという点ではマクタン島のビーチリゾートに軍配が上がります。シャングリラのプライベートビーチなんてホントによく手入れされていてそれは見事なお魚天国が楽しめるしスパも素敵。

でも、人工より天然がいいんだよ、ローカルレストランやバーを巡るのも楽しいじゃないか、という方にはモアルボアルのパナグサマビーチが断然おすすめ。こじんまりしていて治安もいいし、女性一人旅でも安心して滞在できますよ。

 




関連記事

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

マドリード王宮

スペイン・マドリードの旅2015。

念願のスペイン旅行。 バルセロナから移動してマドリードに来ています。 なんとなく

記事を読む

ベトナム一人旅、ニャチャンで観光しない理由。

ホーチミンから寝台列車に乗って、ニャチャンに到着しました。 ホーチミンからニャチャンへ

記事を読む

台湾一周一人旅 高雄、台東、花蓮で利用したお手頃で便利なホテル。

台湾一周旅行で利用したホテルのまとめ。 台北、台中〜嘉義、台南に続き今回はラスト3都市で泊ま

記事を読む

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

特別名勝 栗林公園で緑の洪水に溺れる 高松日帰り弾丸旅行 その3。

深夜便のフェリーで神戸から高松へやってきた日帰りの旅。 高松からことでんに乗って、まず

記事を読む

少ない服でもおしゃれがしたい旅の準備・冬。

By: Kylir Horton[/caption] 12月に入ったねえと言いつつものんびり

記事を読む

髪を切るタイミングとかっこいい白髪。

By: Ruocaled[/caption] 髪を切りました。 前回切ったのはいつだっ

記事を読む

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが今回の台

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑