大人の神戸散歩 開園60周年の須磨海浜水族園が楽しい。

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 旅人への道 ,

sumasui_1709_13

神戸市須磨区にある須磨海浜水族園に行ってきました。

前回行ったのはいつだったか全く思い出せないほどに久しぶりの水族園、かれこれ数十年ぶりなのではないでしょうか。須磨自体は去年も来ているのですけどね。

関連 須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

須磨海浜水族園は今年2017年で開園60周年を迎えられたとのことです。おめでとうございます。




2017年で開園60周年、須磨海浜水族園へ

sumasui_1709_1

スタートはJRの須磨海浜公園駅。

sumasui_1709_2

昔はこの駅がなく、水族園に行くにはJR須磨駅から結構な距離を歩く必要がありました。便利になりましたね。

sumasui_1709_3

水族園へ向かう道でパネルの中から海の生き物がお出迎え。

sumasui_1709_5

sumasui_1709_4

駅からほんの5分程度で到着します。

sumasui_1709_8

sumasui_1709_6

参考 神戸市立須磨海浜水族園

正式名称は変わらずだけど、いつの間にか一人称は「スマスイ」になっていたのですね。飼育員のお兄さんお姉さんはみなさん「スマスイ」呼びでした。略称を浸透させて親近感を高める手法ですね、ひらパー的な。

sumasui_1709_7

入り口看板を始め、園内のあらゆるツールのイラストを手がけるのは The rocket gold star 山崎秀昭氏。神戸在住のイラストレーターさんです。

sumasui_1709_9

入園料は大人1,300円、中人800円、小人500円。小学生に満たない幼児は無料です。

sumasui_1709_10

チケットもポップなデザインでかわいい。

sumasui_1709_11

しばし悩んだ末、神戸在住の連れは3,000円の年間パスポートを購入。まさに大人買い。年パスを申し込むと入り口で写真の撮影をしてくれて、帰りにインフォメーションカウンターで顔写真入りのパスがもらえます。

これで2018年9月末までスマスイ入り浸り放題か。うらやましいぞ。

大人が楽しむスマスイ、平日日中は静か?

sumasui_1709_12

平日の日中の水族園。夏休みも終わっているし、さぞかし閑散としているのだろうと思っておりました。

sumasui_1709_14

sumasui_1709_15

美しいサンゴを見れば、南の島を思い出す。

関連 ビーチリゾートお気軽一人旅。

でも、なんかおかしい。

sumasui_1709_16

よくわからないおしゃべりな子たちを見ても、

sumasui_1709_17

作りもののように美しいくらげを眺めても、

sumasui_1709_19

飼育員さんとハウスに入る入らないの攻防を繰り広げるペンギンの様子を見ても、なんか思ってたのと違う。

sumasui_1709_18

イルカショーで、その違和感が確信に変わる。

休みでもないのに、子供がめちゃくちゃたくさんいるじゃないか。

sumasui_1709_21

ラッコの餌やりショーに至っては、3階部分までびっしりの超満員。

イメージ図↓

sumasui_1709_22

これぐらい、びっしり。

なんで?子供たちはもう学校でしょ??と思ったのだけど、よくよく確認してみれば、就学前のちびっ子たちや近隣の保育園のお散歩軍団でキャッキャウフフの大騒ぎ。

そうかそうか、小さいお友達はみんな無料で遊べるんだもんね。そりゃ来るよね。

神戸市に子供がいっぱい育っている様を目の当たりにして、なんとなく安心したのでした。

実は大人っぽいスマスイのライブ

sumasui_1709_20

フォントって大事だなとしみじみする、アマゾン館の入り口。ものすごいアマゾン感。怖いわ。

アマゾン館はおいといて、イルカショーやラッコ餌やりはそれなりに可愛らしい構成。しかしびっくりしたのはさかなライブ劇場なるコーナーで行われた餌やりライブ。若くてかわいい飼育員さんが

「この小さなおさかなは、大きなおさかな身を引きちぎって柔らかい内臓だけ食べます。身は食べません。内臓を食い散らかされたおさかなの残骸をご覧ください」

とか言う。水槽では腹を無残に切り開かれた大きなおさかなを披露。

「続いて、ワニのジュリアちゃんに馬肉をあげてみます。ジュリアちゃんが馬肉に反応するまでの間、お肉について詳しく説明します」

とか言う。なぜに水族園で馬肉の説明を。

なんか、このズレっぷりが面白い。大人心をくすぐる。子供にはこの可笑しさがわからないのだろうけど、お父さんお母さんはもれなくざわついていました。これはアレだ、子供心を掴むにはまずは親から狙え的イケメンライダー投入方式かも。なんていちいちマーケティング視点を繰り出す私も、その昔は無邪気におさかなを見つめる女児だったのだ。

sumasui_1709_24

最後に遊園地コーナーを見てホッとする。

sumasui_1709_23

私の頃はトーマスじゃなくてロボコンだったけど、基本的な要素は昭和と変わらない。これはどこでもそうなんだね。

関連 あらかわ遊園と蝉取り。東京散歩・荒川区。

60周年ともなれば、親子三代が楽しんだ家族だって少なくはないはず。そりゃすごいことよ。

sumasui_1709_25

久しぶりに来てもやっぱり楽しかったスマスイ。年パスを手に入れた友人は仕事帰りにふらっと寄って売店でビールを飲む計画だそうな。いいな、いいな、それぞ大人のスマスイだ。ちなみに売店の生ビールは500円となかなかの良心価格でした。

須磨から神戸へ、そして

sumasui_1709_26

小さなお友達がたくさんいるけどやや大人っぽさもあるスマスイを満喫した後は、JRで神戸駅まで移動し卓球場のある地下道を使って新開地方面へ歩く。

sumasui_1709_27

Beer&Wineのサインがステキなおでんの老舗で一杯やった後は

myhometown2

sumasui_1709_28

ぶらぶら歩いて元町へ。

sumasui_1709_29

連れはコロンとした箸置きを購入。

sumasui_1709_31

sumasui_1709_30

遠くに浮かぶポートタワーをチラ見しつつ

sumasui_1709_32

通りかかった居酒屋に吸い込まれる。健全な神戸散歩と見せかけて、結局飲んじゃうんだわ。いやあねえ。まあ、それを楽しみに生きているところがあるので何卒お許しを。

関連 神戸で酒を呑むならば。

相変わらず観光ガイド風の役立つ旅記録にはなりませんでしたが、秋の神戸を満喫することとします。

 






関連記事

oyakoryugaku5

フィリピン セブ島で1週間の親子留学を体験してきた。

今回フィリピンに渡った理由のひとつは親子留学プログラムに参加することでした。 親子留学

記事を読む

By: Mario Mancuso

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

naruto_24

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。 昨年の同じ時期にはフェリーで同

記事を読む

cebu-text-1

フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ島短期語学留学の記録 2

記事を読む

worldmapandfar

モノを捨てよ世界に出よう。日本を出ると、一体何が変わるのか。

今月初めの読書に選んでいたこちらの本。   モノを捨てよ世界へ

記事を読む

3Howw Hostel

バンコク女性一人旅。スクンビット駅近くのゲストハウスに滞在する。

シェアハウス住まいで定住意識が希薄な移動生活志向の私。 以前なら絶対に考えもしなかった

記事を読む

Hi sukhumvit hostel

バンコク女性一人旅。トンロー駅近くのホステルに滞在する。

今回はバンコクでホステルにチャレンジするぞ!という妙な目標を設定した私。 参考 バンコ

記事を読む

newbag

海外旅行に便利なバッグ、現金、カード、パスポートも入る。

昨年中に手に入れたものでこれはよかったなあとしみじみ感じるものについて書きました。 関

記事を読む

JALプレミアムエコノミーラウンジ

JALプレミアムエコノミー搭乗記、東京・成田からニューヨーク・JFKの旅。

もともと海外旅行には縁がなかった私ですが、それでも一度は行ってみたいと思い描いていた場所がい

記事を読む

141230

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑