商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 旅人への道 ,

nishinomiya_34

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。

「商売繁盛笹持ってこい」

全国的な認知度はいかほどかわかりませんが西の地域では馴染み深いこのフレーズ。

そうは言ってもこれまで行った事ないし、今年は新しい仕事も始めたいし、私も商売繁盛を祈願すべく参戦です。

十日戎 西宮神社2017

nishinomiya_1

本戎の1月10日。西宮神社へ向かうべく阪神西宮駅へ。

nishinomiya_2

驚いたのは阪神西宮駅到着時に「西宮、西宮えびすです」とのアナウンスがあったこと。阪神西宮駅はいつから西宮戎駅なる呼び方になったのだ、と調べてみればこれ、十日戎期間中のみのアナウンスのようです。

nishinomiya_3

nishinomiya_4

本戎とはいえ平日の昼間。動けないほどの大混雑ではなさそうで人ごみの苦手は私はホッと安心。夜になるともっと多くなるんでしょうね。

さて、十日戎とは。

関連 由緒・歴史(西宮神社)

古社廣田神社の浜南宮の内に鎮座したえびす大神は、漁業の神として信仰されていましたが、この西宮は西国街道の宿場町としても開け、市が立ち、やがて市の神、そして商売繁盛の神様として、灘五郷の一つ西宮郷の銘酒と共に、隆盛を極めるようになります。 現在では一月九日、十日、十一日の「十日えびす」には百万人に及ぶ参拝者で賑い、阪神間最大の祭として全国に知られています。

「福男」目指して境内を激走する若者の姿も十日戎の風物詩です。と、なんとなく歴代福男名簿なるものをチェックして田中の圧倒的な脚力に驚く。田中をここまで駆り立てたものとは。

nishinomiya_5

西宮神社は駅から徒歩5分。駅前からご覧の通りずら〜っと屋台が並んでいます。

nishinomiya_6

人出は少なめでも神社前はこの通り。

nishinomiya_7

nishinomiya_9

すぐに西宮神社に到着、境内に入るとすぐに人だかりができています。

nishinomiya_11

猿まわし。

nishinomiya_10

nishinomiya_12

いやーお利口さん。毎年この場所でやっているのだそうです。

nishinomiya_13

猿に感心しつつ先へ進みます。十日戎期間中の神社内は混雑緩和のために一方通行になっています。

nishinomiya_14

納札所には古いお札が山盛り。
同行者もそうだったのですが、十日戎って絶対的に毎年来ている人が多いはず。近隣で商売している方々にとっては絶対に外せない行事なのでしょうね。

nishinomiya_16

nishinomiya_17

本殿近くでは御神酒をいただけます。

nishinomiya_19

nishinomiya_18

巫女さんからありがたく注いでいただきました。もちろんほんの少し、ですが寒い時にはありがたい。

nishinomiya_20

寿の扇で頭を撫でてもらう人々。なにやらご利益ありそで大人も子供もこぞって頭を差し出しています。

nishinomiya_21

福々しいお顔。

nishinomiya_22

nishinomiya_25

いよいよ本殿へ向かいます。

商売繁盛で笹もってこい

nishinomiya_26

さて冒頭でも書きましたが十日戎、えべっさんには「商売繁盛で笹もってこい」の掛け声がセットです。でも、なんで笹?

えびす様が竹の釣竿も持っておられるということ、そして真っすぐに伸びる竹の姿は縁起が良く、商売人の正直な心を象徴しているともいわれることから、福の神えびす様の縁起物として用いられるようになりました。(西宮神社 正月・十日えびす

うーむ。それほど深い意味があるわけでもなくとにかく縁起物だからってとこでしょうか。

nishinomiya_38

が、商売繁盛を祈願するのは笹だけでなく

nishinomiya_27

nishinomiya_28

nishinomiya_29

有馬温泉の温泉水やら

nishinomiya_31

大まぐろやら、この他野菜やら酒樽にもあやかろうと小銭がびっしり。別にここに5円玉をくっつけたから云々ということもないのでしょうが、そこに湯があれば1円玉を浮かべたくなってしまうのはなぜでしょう。そういや以前外国人の友人にどうして日本人はこんなにも賽銭が好きなのかと問われ答えられませんでしたが。

関連 日本人はなぜ賽銭を投げる 意外に知らぬ正月作法 (日本経済新聞)

お金には貨幣としての経済的意味と経済外的意味があると指摘する。各地の古くからの祭事などでは、お金が人の身代わりとして「ケガレ」を引き受ける風習が残っているという。

知りませんでした。これに限らず意味や由来を理解せずなんとなくやっちゃってる行為のなんと多いことよ。

nishinomiya_32

nishinomiya_40

nishinomiya_39

飲食店経営の友人が商売繁盛を願って引いたおみくじはまさかの凶。

nishinomiya_44

お店の繁栄とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

nishinomiya_50

nishinomiya_48

nishinomiya_47

nishinomiya_46

おや?と思うような変り種屋台もあるけれど、基本的には昔懐かしい定番ものが並んでいます。今の子供たちもお化け屋敷とかだるま落としなんて古めかしい遊びを楽しむんだねえ。

nishinomiya_53

さて神様、私のところにも商売繁盛ひとつよろしくお願いしますよと何度も念押しして神社を後にします。

自分で選び、動くということ

nishinomiya_51

さてそれでは験担ぎに何か食べておきましょうかねと考えつつ近隣の商店街をぶらぶら。お祭りの屋台もいいけど、こういうイベント時に近隣商店の出店を覗くのもまた楽しいのです。

nishinomiya_54

とかいいつつ結局酒屋さんが出していたにごり酒なぞを飲む。ついでにきざみ奈良漬をいただいて帰ったのでした。

関連 キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

これで私の2017年は大成功を約束されたも同然ではないでしょうか。初詣に行った神社のみくじでは大吉を引いたし、まったく素晴らしい新年の幕開けであります。

nishinomiya_55

と、乗っかり感満載のにわか参拝者丸出しですが、初めての十日戎参戦かと思いきや実は20年程前に一度だけ行ったことがあった、とお参りの最中に思い出しました。当時勤めていた会社の同僚と仕事帰りに行ったような記憶はあるのですがそれが西宮戎だったか今宮戎だったかは不明。

昔の出来事とはいえ成人してからの記憶がこうも曖昧とは脳機能的に大丈夫なんでしょうか。

これに限らずこれまでに行ったところ、やったことに対する記憶がかなり朧げなところがある、と以前から薄々気づいてはいました。理由はおそらく人に連れられて、人に言われるがままに行ったりやったりしているから。自分の意思を持ってやったことや行った場所ではなく、単に誰かについて行ったり誘われてふらっと参加したりなんていうパターンが多かったことから強く記憶に残っていないのではないかと推測するのです。

ああそうか、そういうことか。

きっと神様は自分で動けるように、自発的に行動できる人間になるように私を自営業者として独立させ、さらには一人旅に出るよう仕向けたに違いない。

そんな風に考えてみたらばなんだかいろいろ合点がいくのでした。




関連記事

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

大人のセブ島短期英語留学記録 「セブ日記」はじまる。

苦手な寒さから無事脱出、南の島に到着しました。 今回の旅の目的地は毎度おなじみフィリピ

記事を読む

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

「航空券が届かない」苦情相次ぐ 海外旅行、代理店を使う?

これは旅人にとって気の毒かつ、恐ろしいニュース。 旅行代理店「レックスロード」(東京都新宿

記事を読む

ミニマリストとスーツケースの選び方。

ミニマリストとスーツケースはなんだかセットで語られることが多いような。荷物を詰め込んで即飛び

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記録 その2。

前回から少し間が開いてしまいましたがモアルボアル滞在記録の続きをば。 参考 モアルボア

記事を読む

僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。 2004年、まだ

記事を読む

夏休みはセブ島で過ごしたい?ならばこれが最後のチャンス。

前回セブ島に滞在した時のことをあれこれ書いたからでしょうか、夏休みにセブ島で過ごすことを計画

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑