シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

公開日: : 最終更新日:2017/02/19 ミニマルライフ, 生き方と考え方

chiyoda_sanpo_4

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。

パラパラとめくると

「シンプルとはなんぞや」

という禅問答的テーマにいろんな人が答えているページがあったのですが、わかるようなわからないような回答が並んでいてふうんと思いました。

シンプルは孤独という贅沢から得られる

モアルボアル チリバー

別のページには國分功一郎氏による

「シンプルは孤独という贅沢から得られる」

というタイトルのコラムが掲載されていました。その内容は、複雑な世の中、誰かと繋がっていることが当たり前の現代では静かな時間を持つ行為はすでに贅沢となっており、孤独に過ごす時間こそシンプルなものなのだというもの。ものすごく端折ってますが、これまたふうんと思う。

孤独ってどちらかというとネガティブな響きがあるのでそれが贅沢であるかどうかはきっと意見が分かれる、というか孤独には向き不向きもあるでしょう。

SNSやらなんやらで常時誰かと繋がっている状態を息苦しく感じる人にとっては束の間の孤独は贅沢に見えるかもしれないけれど、FaceBookのポストにいいね!がたくさんつく様を心底楽しんでいる人にとっては孤独なにそれ美味しいの状態。一人静かに己と向き合う贅沢なひとときに魅力は感じるけれどそれ以上に誰かとつながっている時間に意味を見出す人だっているだろうな、といろんな友人の顔を思い浮かべて考えるのです。

孤独に強い人が孤独向きなわけじゃない

私はといえば孤独にめっぽう強く、一人で過ごす時間を心底楽しめるタイプ。現在の状況でこういうことを言うと裏側を読みたがる人も少なくはないので実社会ではあまり口にしませんが、かなり愉快に孤独な日々を送れていると自負しています。

関連 孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

でも、孤独に強いからといって孤独に向いているかどうかはまた別の問題。

時に息苦しい人間関係から解き放たれて敢えて孤独に過ごし、自分と向き合い深く考える時間を作ることでまた明日から頑張れたり、これまでと違う何かを得られる人もいるでしょう。

けれど私にとっては孤独とはもはや楽しい日常であり、日々ふんだんに用意されているひとりきりの時間の中でとんでもなくくだらないことを考え続けるだけでそこからは何も生まれない。ああこれぞ究極の無駄、シンプルが無駄を削ぎ落とした機能美であるとしたらそこからは対極の位置にいるのだなと痛感します。

孤独な時間は、確かにシンプルで美しい。けれどそれを贅沢なひとときに変換できるかどうかは自分次第。

私のように孤独な時間から特別素敵な何かを生み出せない人間は生産性という観点から見れば本来孤独を選ぶべきではないのでしょう。まあそれでも生っ粋の孤独好きなので突然「繋がり」に目覚めたりはしないけど。

さて先日もちょうどシンプルという概念を疑っていました。

関連 シンプルだから飽きない、は真実か。

そもそもシンプルってなんぞやという話で、言葉なんて如何様にも捉えられるものだからどんどん深みにはまって抜けだせなくなるよねえ、とは思っていたのだけど、いろんな人がシンプルなる概念について語っているそのてんでバラバラな様を目にして

「そりゃ考えても答えはないわ」

と感じたのでした。で、バラバラで別にいいわな、から出た「ふうん」なのでした。

誰もが選んでいるいちばん面倒なこと

ここでも散々書いているけれど、とにかく面倒くさがりで管理能力に難あり、そして風来坊気質なものであれこれたくさん揃えるよりも少ないもので暮らす生活が気楽だし自分には合っています。

でも、その一方でめちゃくちゃ面倒くさいことをやってるんだよなあとも思う。

どんなにモノを減らしても、暮らしをシンプルにしても、考え方をシンプルにしても、そして孤独で身軽に過ごしても生きていくこと自体がもう何かと面倒くさい。私がどうしようが、私の与り知らないところで面倒が起こるのは阻止できず、そこで気分が煩わされるとただでさえ面倒な人生がさらに面倒になってしまう。

だからこそ、自分でコントロールできる範囲くらいは自分好みに整える程度の手間は惜しまないでいたいし、自分には何が大切なのかを知っておきたいのです。

関連 機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

そしてこのリストも永遠に正解ではなく、時間とともに今後どんどん変わっていくのでしょう。その変化に恐れたり戸惑ったりしながらあの手この手で自分をもてなしているうちにこの面倒な人生が終わるのでしょう。

あれ、人生が終わるとか書いちゃうとなんだか少々物悲しい感じだけれど、なんかそれでいいなあと結構腑に落ちてしまいました。

ミニマリストの持たない暮らし

以上、本日も全然意味ない妄想を垂れ流す安定の通常運転なり。

時間は有限だし、人生とっくに折り返し地点だし、他にいくらでも考えるべきことはあるのだけれど、無駄なことを考えている時間のほうが俄然楽しいってのがどうにもね。

 




関連記事

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

ドミニック・ローホー シンプルを極める 成熟した自我とは。

ドミニック・ローホー氏。 シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も著書を

記事を読む

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

現在使っている冷蔵庫はシェアハウスに備え付けのミニ冷蔵庫。ビジネスホテルなんかについてるあれ

記事を読む

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

レンタルドレス、着物、衣装を取り入れる利点とは。

多くのモノを持たずに身軽に生きていく、というとなんだか味気ない人生になるのではと思われるかも

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

私の話を聞いてくれない。

人の話を聞かない。これはなかなかにネガティブな印象を与えがちな行動であります。「あいつ、人

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

今までと同じことができなくなる焦り。

この暑さのせいで仕事が進まなくて〜、というのは単なる言い訳。怠け者の戯言でしかありません(当

記事を読む

少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを羽織る。秋ですね。 男性

記事を読む

Comment

  1. マル より:

    孤独にめっぽう弱く、なのに一人になりがちな私からすればうらやましい限り。
    孤独に強くなれるような方法ってありますか?

    • crispy-life より:

      マルさん

      コメントありがとうございます。

      孤独に弱い。それってそんなに悪いことじゃない気がするのですがどうでしょう。孤独に弱いからこそ他者とのコミュニケーションを大切にできるのではないかと思うのです。私なんかほっといたらいつまでも引きこもって手に負えなくなりますからね (汗)

      孤独耐性を高める方法があるとすれば一人でも楽しめる何かを見つけることでしょうか。私は誰かと一緒のそれももちろん好きではあるのですが、一人で旅行に行ったり酒を飲んだりする時間がどうしようもなく楽しくてめちゃくちゃ大切にしているフシがあります。別に出かけずとも部屋で映画見たり本読んだり音楽聴いて踊り狂ったりと色々方法はあるので、何か孤独だからこその密やかなお楽しみみたいなものが発見できれば捗るかもしれません。

      なんだかあまり役に立たないお返事になってしまいましたが今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

  2. マル より:

    たまにこのブログに来ているのですが、
    いろんなことを楽しそうに書かれているので、
    いつも「いいなぁ」と思って読んでいます。

    そうですね。
    一人だからこそ楽しめる何かを、
    私も意識的に探そうと思います。
    いきなりの質問に丁寧に答えてくださって
    ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

お金をください。

もう随分前になるけれど、フリーライターの友人が 「請求

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑