小さな暮らしも素敵だけど、大きな家ってやっぱりいいよね。

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 シェアハウス, ミニマルライフ

子供の頃から「大きな家」に住むのが夢でした。

高級住宅街で育った私は同級生に結構なお金持ちがたくさんいたので、友人宅に訪問する度にうらやましくて仕方なかったのです。
4階建てのお城のようなお家に住む男の子の家にみんなで遊びに言った時、ケーキを出してくれたお手伝いさんが彼のことを「坊ちゃん」と呼んでいたのを聞いてひっくり返りそうになったのを未だに覚えています。

「私も大人になったらいっぱいお金を稼いでこんな家を建てるんだ!」

と、狭い部屋で家族と布団を並べて寝ながら無邪気に夢見ていたものです。

閑静な住宅街の土地つき戸建(しかも豪邸)がいったい幾らするのかなんて当時は検討もつきませんでしたが。

タイニーハウスも素敵だけれど

が、大人になってくると現実が見えてくるので「土地つきの戸建は無理だ。3LDKのマンションをローンで買うのが精一杯だな」と悟りました。

それでもいつか地元でマンションのひとつくらいは買うだろうと思っていたのに、まあ変われば変わるもんですね。

って話、以前も書きましたけど。

家と言えば以前タイニーハウスについても書いたことがあります。

参考 タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

小さく住まうのは大きなスペースを使うよりもずっとクリエイティブだし素敵なスタイルだとも感じます。タイニーハウスとは違いますが、私自身も自立してから住んでいるのは単身者用のマンションばかり。広さはせいぜい40㎡くらいの部屋にしか住んだことがないので、コンパクトに暮らす楽しさもわかる。

でも最近、やっぱり広い家っていいなあと改めて思うようになりました。

子供の頃に憧れた暮らし

子供の頃からずっとマンション住まいだった私は「家の中に階段がある」ことに異常に憧れていました。友達の部屋に遊びに行くと大抵の家では子供部屋が2Fにあるんですよね。
階段を上って初めて、自室にたどり着く。
それがなんだかすごく特別なことのように思えたものです。

今考えたら、荷物の上げ下ろしが大変なので階段なんてないほうがいいんですが、それでも「広い家」はなんだか楽しい。
そう思ってしまうのはきっとあの時の憧れを忘れていなかったから。三つ子の魂ってヤツですね。

それに私は基本的に一人で過ごすのが好きですが、自分の部屋にじっと閉じこもるのではなくカフェで一人で本を読んだり、居酒屋のカウンターで一人静かに杯を傾けたり、見知らぬ土地にふと一人旅をしてみたり、と「雑踏や喧騒の中で一人過ごす」行為を好むところがあります。
一人暮らしだけれど住まいの中に自室以外で過ごせるスペースがたくさんあるシェアハウスでの暮らしは、そんな私の「雑踏欲」を十分に満たしてくれるのです。

所有だけが夢を実現する方法じゃない

子供の頃に憧れはしたけれどやっぱり現実的には無理だった、と思い込んでいた大きな家での暮らし。35年ローンを組むこともなく、所有することすらなく「シェアする」だけで長年の夢が叶うとは思いもしませんでした。

そう、私のしたかったのは

「大きな家を買うこと」

ではなく

「大きな家でのびのび暮らすこと」。

家を買わなければできないと思っていたのに、持たない暮らしと広々とした暮らし、両方一度に実現できてなんだか得した気分です。

モノを持たずに身軽に暮らす

住まいに限らず「買わずとも、所有せずとも叶う夢」はたくさんあるはず。

無理だと諦めていたけれどちょっと発想を変えるだけで実は簡単に現実できることって他にもまだまだあるような気がします。

 




関連記事

モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

このブログにはモノを持たない生活についての記事がたまっているので、シンプルな暮らしや断捨離に

記事を読む

収納がない部屋だからできる 地球家族ごっこ。

ようやく音楽CDのデータ化にも着手(まだ終わってないけど)し、順調にモノが減っています。

記事を読む

40歳は立派に初老。

両親の傘寿祝いをしていません。ミニマリスト主婦は80歳一般常識に疎いもので正式(?)にはい

記事を読む

依存の強さにうんざりする。

去年1年間で買ってよかったもの、第1位。 関連 2017年 買ってよかったものベスト3

記事を読む

収納がない部屋の収納を考える。

現在、毎日何かひとつづつモノを捨てるというキャンペーン(?)を実施しています。 参考 「一日一

記事を読む

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

今日捨てたもの 8/1 「名刺」

  昨日宣言した通り、今日から小さなものでも1日に1つは手放していきます。

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    はじめまして。
    過去に遡って拝読しています。

    この大きな家のくだり、最近私が漠然と考えていたことにとてもフィットしました。

    家を買いたい(持ちたい)のか、そういう家に住みたいのか。そこを曖昧にしていたことに気が付いたのです。

    もし可能なら、私のブログでリンクさせていただけますか?

    また、お邪魔しますね!

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      コメントありがとうございます。

      そうなんですよね。持ちたいのか、したいのか。モノや形を前にすると本来の望みがなんだったのかがわからなくなってしまうことが多くて。自分の本心を穿り出すことがこのブログを書く目的のひとつでもあります。

      >もし可能なら、私のブログでリンクさせていただけますか?

      もちろんです、ありがとうございます!

      今後ともよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

→もっと見る

PAGE TOP ↑