鯖納豆、豆苗と卵の炒めもので晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

鯖納豆献立

先日に引き続き鯖缶メニューです。

鯖の水煮缶詰は割と大きめのタイプが多いので一食で全部食べきってしまうのは少々多い。一人で消費するなら何か別の食材とあわせてカサ増しして2回くらいに分けるとちょうどいいような気がします。

というわけで本日は納豆。

鯖缶に納豆といえばあの麺料理を思い浮かべますね。実際に現地で食べたことはないけれど。

鯖納豆、豆苗と卵の炒めもの献立

鯖納豆献立

  • ぬか漬け
  • キャベツの梅和え
  • えのきとオクラのおろし和え
  • 豆苗と卵の炒めもの
  • 鯖納豆

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなす、にんじん、プチトマト、キャベツの4種盛り。

キャベツの梅和え

キャベツの梅和え

梅肉を叩いてオリーブオイルで伸ばし茹でたキャベツとあわせます。

えのきとオクラのおろし和え

えのきとオクラのおろし和え

茹でたえのきとおくらを大根おろしで和えたものを酢醤油で。

豆苗と卵の炒めもの

豆苗と卵の炒めもの

卵はフライパンで炒めて一旦取り出しておきます。豆苗を炒め塩、胡椒、酒で調味し卵を戻し入れざっと炒め合わせて完成。

鯖納豆

鯖納豆

鯖の水煮缶と納豆を混ぜ合わせてたっぷりのネギをのせ醤油を少々、仕上げに黒七味を振ります。鯖缶の塩気があるので醤油はちょろっとで十分。

鯖に納豆といえば山形のひっぱりうどん。

山形県内陸部、特に村山地方におけるうどんの食べ方の一つ。茹で上がったうどん(主に乾麺を用いる)を釜や鍋からすくい上げて、そのまま納豆やサバ缶などで作ったタレで食べる(かける・つける・絡める)スタイルのうどんである。(wikipedia

納豆に鯖缶の組み合わせ、うどんもいいけど酒のつまみとしてそのまま食べるのもなかなかいいものなのです。納豆も鯖缶もご飯のお供にぴったりな存在ですからね。そりゃ日本酒に合わないはずがなかろうて。

日本酒にあうおつまみレシピ

随分昔に何かの本でこのひっぱりうどんのことを知り以降鯖と納豆の組み合わせを真似しているのですが、実際に山形で食べたこともなく、郷土料理と言われるものの実際どのくらい食べられているのかも不明。

山形の方、どうですか、ひっぱりうどんはメジャーかつ日常的なメニューなのでしょうか。

名物とか郷土料理って他所からはその地ならではの定番に見えても、北海道の家庭では鮭のちゃんちゃん焼きは殆ど食べないとか、神戸の人間は神戸牛食べないとか、結構あるものね。そう考えると香川県民のうどん消費量は目を見張るものがありますね。

 




関連記事

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

野菜だけのスープ献立

野菜だけのスープ、かぼちゃのサラダとワインで家飲み。

ワインにしようかなあ。 今あるのは赤と泡だから、はて、何を作ろうか...。 などと考えてワイン

記事を読む

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

焼き油揚げのねぎ酢醤油

キャベツのわさび白和え、焼き油揚げのねぎ酢醤油献立。

肉や魚、卵といった王者の風格漂う食材をメインに据えない献立を作りがちです。焼き野菜とか。油

記事を読む

鰺のたたき

鰺のたたき、きくらげとザーサイの冷奴で日本酒。

今夜は冷しゃぶにでもしようかな。 と思いつつ鮮魚売り場も念のため巡回していると、まるっ

記事を読む

アジアンチキン

家飲みおつまみ ナンプラー手羽焼き、きのこおろし。

いやあ、日中は暑いくらいでしたね。 陽気に浮かれ、さらに日本酒のストックが切れそうだっ

記事を読む

家飲み献立 12/5 干し白菜のトマト煮、せせり塩焼き他全5品で晩酌。

TGIF! うう、どんどん師走らしさが増してきますね。 本日の早朝はさすがに耐え切れ

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑