上小岩遺跡通りから京成小岩クラフト酒店 東京散歩・江戸川区

公開日: : 最終更新日:2020/05/21 一人飲み, 東京散歩

edogawa44

江戸川散歩の続きです。

関連 京成江戸川駅から江戸川沿いを歩く。東京散歩・江戸川区

河川敷でぼんやりと野球を眺める、ような余裕もあまりない晴天の日。何しろ遮るものがない広い空の下、太陽光線ビシバシきますからね。

ここからは住宅街を抜けて京成小岩駅を目指すとします。

上小岩遺跡通りと親水緑道

edogawa48

この地点から京成小岩駅までは15分程度。が、その道のりはあまり高い建物がないので日差しが厳しい。気休めくらいにはなるだろうと持っていたストールを頭上にかざした桃太郎侍状態で上小岩遺跡通り沿いに移動します。

edogawa52

参考 上小岩遺跡(江戸川区)

江戸川区では弥生時代の後期頃 (約1800年前)に小岩で人が住み始めました。これが上小岩遺跡です。上小岩遺跡は、現在の北小岩六 ・ 七丁目一帯に広がっていたと思われる大昔の人々の生活の跡です。長い年数地面の下に埋まったために、今まで残されてきました。

後で調べてみるとこの一帯のマンホールは遺跡発掘ににちなんだ土器などのデザインになっているのだとか。桃太郎状態で下見て歩いてたはずなのに気がつかなかった。まだまだ未熟な散歩者です。

edogawa53

途中お巡りさんに遭遇しましたが桃太郎を咎められることはありませんでした。

edogawa55

途中で上小岩親水緑地なる小径を発見。

edogawa54

edogawa57

江戸川区各地にあるこの緑地。上小岩地区のここはやはり史跡発見にちなんで歴史をテーマにして整備されているのだとか。

edogawa56

ふと見落としてしまいそうな小さな通りなのだけれど、しばしほっとできるありがたい木陰でした。

親水緑地を越えてしばらく進むとようやく駅前っぽい雰囲気のするエリアに到達。

edogawa60

お、昼過ぎからちょうちんが点灯してる。休日だから昼呑みどうぞってことですね。

京成小岩クラフト酒場

kkcb

いい具合に喉がカラカラ。
駅周辺で何か面白そうなところはないかなあと事前に調べていて気になっていた京成小岩クラフト酒場(KKCB)に潜入します。

kkcb7

一見でふらりと入店した私に

「よくこんな気味悪いところまで入ってきましたね」

とオーナーさん。

「表の看板が気になって前まで来るけど戸惑ってやめる、みたいな人結構いるんですよ」

とのこと。いやいや、私、酒場の目利きには自信があるもので、とよくわからない自慢話を披露しつつオーダーを考えます。

こちらはクラフトビールと国内産ワイン専門の酒屋&角打ち。冷蔵庫にずらりと並ぶ各国のビールを選んでカウンターで頂くこともできるのだけど、せっかくだから樽からエーデルピルスをチョイス。

kkcb2

あああこのために散歩してきたのだよ、という旨さ。

kkcb3

昼間のビールってなんでこんなに魅力的なのでしょうか、本当にありがとうございます。

さて、このお店が気になった理由はおつまみにもありまして。

kkcb6

近隣商店街のお肉屋さんとかパン屋さん他、京成沿線の押上から桑原ハム、日暮里から腰塚のコンビーフなど、地元・近場で仕入れられる美味しいものを使ったおつまみを出されているのです。
私もさっそくご近所のお肉屋さんのレバーパテを使ったおつまみをオーダー。なんでもお肉屋さんのご主人が小さなお子さんにもレバーを食べて欲しいと考えて作られたそうな。

kkcb4

レバー特有の臭みがないやさしい甘さ、これは確かに子供もいけそう。

「わざわざ都心部に行かなくてもご近所にだって旨いものありますからね。地元の店紹介ってわけじゃないけど、この店で地元のことを改めて知ってもらえたら面白いなと思って」

なるほど、酒場という社交場に集う人々に街の情報をつまみの形に編集して届けているわけですね。

ローカル散歩をしているとこういう場所や人に辿り着けるのが面白い。普段はお出かけ先として候補に上がる場所じゃなくても意外にも楽しめるスポットって結構あるもんね。目黒や恵比寿だけが東京じゃない。

kkcb5

と、恵比寿を引き合いに出したところで琥珀エビス。冷えたビールで喉の渇きを潤し、旨いつまみと地元話でゆったりとした午後を過ごせました。極楽極楽。

店を出るとさっきの看板の裏面が。

kkcb9

ほんまや…。

================
京成小岩クラフト酒場
東京都江戸川区北小岩6-15-8
平日 18:00~25:00 土曜・祝日 14:00~23:00
日曜・翌日が平日の祝日 14:00~21:00
木曜定休
================

肉の秋田屋でお土産を買う

kkcb16

さてこの後は駅に向かってそのまま帰宅するつもりでしたが、翌日に小さなお子さんのいる友人宅にお邪魔する予定があることをふと思い出し、KKCBのオーナーさんにお店の場所を教えていただいて件のレバーパテを買いに行くことに。

kkcb15

駅を一旦抜けて線路の向こう側へ渡ります。

kkcb18

kkcb21

kkcb23

kkcb22

決して店数の多くない静かな商店街をしばらく歩くと目的地のお肉屋さん発見。

kkcb25

kkcb28

オーナーさんの解説通り、入り口には貼り紙がいっぱい。その中には可愛らしいものもいくつか。

kkcb29

kkcb30

もしかしたらこのポスターの作者がレバーペースト開発のきっかけになったのかしら、などと考えつつ入店。レバーペーストと夕食用の鶏肉を買い求めます。

「KKCBさんでいただいて美味しかったから買いに来ちゃいました」

と告白するとご主人はたいそう喜んで下さってなんかこっちが嬉しくなる。

kkcb31

秋田屋さんのレバーパテ、小さいお友達にも大好評でした。

================
肉の秋田屋
東京都江戸川区西小岩5丁目14-15
水曜定休
================

kkcb13

kkcb14

そして再び駅に戻って帰途につく。

kkcb36

これまであまり縁がなかった京成沿線も東京散歩企画のおかげで俄然身近に感じてきた今日この頃。まだまだ楽しげなところが見つけられそうな予感がします。

そして気付けば東京散歩コンプリートまで残りわずか。次はどこへ行こうかしら?

 




関連記事

berg ジャーマンブランチ

新宿で一人飲み BERGでジャーマン・ビアセット。

By: Ben Garrett[/caption] 先日新宿でふと時間が空いたので久しぶりに

記事を読む

早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区

近場の旅でも旅は旅。 気軽に出かけられる近場にでも旅の楽しみはあるのでは、とふと思い立

記事を読む

海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたもの その1。

ローカルフードを楽しむ一人旅が大好物の私。 関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみ

記事を読む

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

白のままでは生きられない 母衣への回帰 志村ふくみ展。東京散歩・世田谷区。

世田谷散歩の続きです。 関連 いらか道を砧公園、世田谷美術館へ。 東京散歩・世田谷区

記事を読む

飲食店での撮影マナーを考える 東京散歩・練馬区

初めての練馬区散歩の続きです。 関連 石神井公園 照姫にスワンボートとラクウショウ 東

記事を読む

両国 麦酒倶楽部ポパイでクラフトビールに迷う 東京散歩・墨田区

墨田区散歩の続きです。 関連 江戸東京博物館はゆっくり見たい 東京散歩・墨田区

記事を読む

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました。充実の機能より、シンプルな作

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑