最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 ファッション, 旅人への道

今回の旅は「増やさない」がコンセプトだったので、旅行用にとあれこれ新しいアイテムを買い揃えることはしませんでした。

参考 旅の準備のコンセプト。

その分、近頃はあまり使う機会がなかったものが活躍したりもしています。

今回珍しく頻繁に登場しているのはスカート。

完全なるパンツ派で普段の生活では殆どスカートをはかない私ですが、旅のお供としてはかなり優秀だなあと改めて感じているアイテムがあります。

ストレッチロングスカートを着回す

パシフィックセブリゾート レビュー
15年くらい前に初めて購入してすっかり気に入り、その後何度かリピート買いした黒のスカートがあります。

裾が切りっぱなし状態になっているマキシ丈のスカート。
当時はISSEI MIYAKEの定番アイテムだったと記憶していますが、今でも店頭にあるのかしら?私が持っているのはこの写真のものよりも若干タイトなシルエットです。

ウエストゴムでストレッチがきいていて、しわにならず、程よい光沢もあるのでフォーマルな場にも使えるから旅行にぴったり!と思っていたのですが、このスカートをよく着ていた当時はプライベートな旅行には殆ど行ったことがなかったなあ。

さて、今回は暑い場所ばかりということもあって、このスカートが思った以上に役に立っています。

通常カジュアルな旅ならばデニムさえあればそれでなんとか凌げる私ですが、やっぱり暑い最中デニムだけでは少々苦しい。このスカートは素材としてはあまり夏向きではないかもしれませんが、それでもデニムに比べると風通しがよく快適です。
さらにサンダルをあわせたり、スニーカーをあわせたりして印象を変えることができるし、ウエストがゴムなので胸元まで引っ張りあげてワンピース風にも着こなせて便利。ストールを羽織ればホテルのバーなどでもOKです。

ずっとお気に入りだったけどご無沙汰していたアイテムがこうしてまた日の目を見るのはなかなか嬉しいものですね。

モノを持たずに身軽に暮らす

使わないものは全部捨てる!と決めてしまうのも潔くてよいですが、いつか使う「かも」じゃなくていつか使う、と確信があるものについては、こうして再び使う機会を与えるのもなかなかいいものだなあと改めて思ったのでした。




関連記事

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

今日捨てたもの 寿命か、自分の不注意か。

By: Phil Roeder[/caption] 身の回りに置くものを妥協せずきちんと選び続け

記事を読む

セイリングクラブニャチャン

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンビーチのバーで夜遊び気分。

ベトナム・ニャチャン一人旅の食記録、後編です。 前編ではオーソドックスなベトナム料理、

記事を読む

灘の酒蔵巡り その3. 菊正宗酒造記念館 やっぱり俺は~。

灘の酒蔵巡りの続きです。 参考 灘の酒蔵巡り 2015 やっぱり~俺は~って、結構広い年代が

記事を読む

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

タイトル部分に「旅に纏わるライフログ」と書いてあるわりには旅についての記事が少ないこのブログです

記事を読む

少ない服で秋ファッション(2)家で洗えるレザージャケット。

暑い。 夏の陽気に逆戻りですね。 正直この暑さの中、秋服について書くテンションでもな

記事を読む

僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。 2004年、まだ

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅の荷物について考えています。 また旅行かよ!といい加減言われそうですが。 関連 旅人への道。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑