省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

公開日: : 最終更新日:2018/07/05 やりたいことほしいもの, ファッション, ミニマルライフ

ミニマリストのクローゼット

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーを手に入れました。

ずいぶん前にハンガー全とっかえしたいと考えたことは確かにあった。

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

あれから1年。やるやる詐欺常習犯の私はもちろんハンガーを購入するに至らず当然クローゼット整理もせず。しかし、ある日突然おあつらえ向きのそれが天から降ってきたという奇跡。早い話がハンガーをもらったのです。




スペースを取らないハンガーの真実

baila_6

薄型ハンガーは省スペースになると聞いてはいたけれど、実際のところどうなんだろう。今使っているものだってさほど立派な厚みのあるものじゃないし、そんなに変わらないんじゃないか?と、いまいち信用していなかった私。しかし薄手のシャツ類やカットソーなどを新ハンガーに掛け替えてみれば、あ、なるほどこういうことか。一気に腑に落ちました。

確かに、スペース取らないね。

せっかくのハンガー交換だし、この機会に久しぶりに手持ちの服をチェックしていらないものは処分しよう。そう考えて取り組んだものの、特に処分品は出ず。クローゼット内のスペースにはまだ幾分余裕もあることだし、しばらくは現在の布陣にて戦うこととしましょう。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

機能的なハンガーを大量にいただいて、ご機嫌ご機嫌。けれど、貰っといてなんだが、ひとつ問題を上げるとするならばフックか。これ、フック固定タイプなんですよね。

何しろ慌て者ですから、うっかり前後間違って洋服を掛けちゃったりもするのですよ。で、これまでならフックをくるりと返して何事もなかったような顔をしていられたのですが、回転しないとなるとそうはいかない。もう一度ハンガーから外して、掛け直さなくてはならない。しかしこのハンガーは幸か不幸か滑り止め加工付き。滑らない即ち、外れにくい。結果、ああ、んもう、となる。

設計上仕方ないのかなあと思って調べてみたら、あるんですね。同じような形状でも、回転タイプが。

 

新規購入するなら絶対回転タイプだな。やっぱりくるりと回したいですよ。

問題が問題ではなくなるちょっとした工夫

しかし、私とてわかっています。このハンガーとうまく付き合っていく方法はふたつある。

  • 前後を確認してから服を掛ける(間違えない)
  • 掛け間違ったら面倒がらず厳かに直す

当然だけど、この2点さえクリアすれば固定フックも怖くない。わかっています。

実は私、ものすごく古いタイプのTポイントカードを持っています。妙なデザインだからかどの店で出してもスキャン方向の天地を間違えられ、毎度エラー音が鳴り響く。あ、このカード、向きが逆なんですよ、と一声掛けても頑なに方向転換を拒否する頑固さんもいて、ひどい時には

「このカードは使用不可となっております」

とまで言われてしまう。じゃなくて方向がね、違うだけで、機能はしてるの。などと毎度説明するのもイヤラシイし、何より相手が面倒くさそうだし、いい加減新しいカードに変えたほうがいいんじゃないかと一時は真剣に悩んだものです。

でもある日、私は気づいてしまった。カードを渡す際にこちらが裏向きで差し出しさえすれば、かなりの確率で正しい方向にてスキャンされることに。カードを裏向きにする。たったこれだけのことで、誤スキャン率93%が実に41%にまで改善(体感)。まあそれでも40%超えてんじゃないかって話だけど、素晴らしい発見ではありませんか。

ちょっとした工夫で、問題が問題ではなくなる。

このTポイントカード研究の成果は今回のハンガー問題にも応用可能なのではないかと思いついて書いてみた次第ですが、別に関係ないような気もしてきた。関係ないついでに、我がTカード差し出しメインポイントであるドトールに対してひとこと言っておきたい。ミラノサンドのパンを旧型に戻していただくわけにはいかないでしょうか。現状は柔らかすぎやしないでしょうか。

 






関連記事

サングラス

大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天気予報をチェックしてみると、明

記事を読む

heartcake

年末恒例 自分へのご褒美。 それ、ホントに嬉しいの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

handmadesoap

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

By: Taiyo FUJII

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

By: Mario Mancuso

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

By: swong95765

洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

By: swong95765[/caption] 最近ブルーのシャツにボーイフレンドデニム、

記事を読む

fashionmodel

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

By: Maegan Tintari

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

nerima37

持たない日々を後悔する 春本番のコーディネート。

ようやくの気温上昇で本格的な春の装い。 花見がてらの夜の集い、さて何を着て行きましょう

記事を読む

Comment

  1. 吉永 より:

    はじめまして。
    その3.かけ間違ってもそのままにする

    を実践しております…

    • crispy-life より:

      吉永さん

      コメントありがとうございます。

      あ。そうか、そうですね。別にそのまま収納しても何ら問題ありませんね。その3.を採用すればニューハンガーとのお付き合いがより健やかなものになることでしょう。もちろん脳トレよろしく、なるべく間違わないように努力はしてみますが。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  2. ASA より:

    私も人前に出すのが恥ずかしいほど古いTカードですが、方向を間違われたり拒否されたことはないので、もっと古いのがあるのか…!と、変なところに反応してしまいました(笑
    いわれてみれば柔らかくなりましたね、ミラノサンドのパン!かつてはハードなパンが好きだったのに、加齢で歯が弱ったせいか、軟弱化したパンに気づきもしない自分にビックリです。(ドトール大好き)

    • crispy-life より:

      ASAさん

      いつ頃のデザインなのかはもう定かではないのですが、Tポイント云々以前のTSUTAYAレンタルでのみ使用していた時代に発行したカードなので相当前でしょうね。15年とか?もっとか?? 

      ミラノサンド、確か今年の春頃に特にアナウンスなく人知れずリニューアルされていたのですよ。基本はA一択なので、食べ慣れたそれではない食感にいち早く反応してしまった次第です。ふわっとしてるのもいいんですけども、やはり私はハードな歯ごたえを求めたい。自分は持ち合わせていないハードさを。などと苦言を呈しておりますが、朝一に行くことが多いので普段はモーニングAなのですけどね。(ヘビーユーザー)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sarushima_25
無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

神奈川県は横須賀市。東京湾に浮かぶ無人島・猿島へ行ってきました

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

→もっと見る

PAGE TOP ↑