香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

公開日: : 旅人への道

hongkong_tram1

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。

なんてことがよくあります。

映画だけでなく、音楽や本などもそうでしょうか。

そして、旅も似たところがあるなあと思うのです。




3年前の香港への旅

hongkong_tram2

前回香港を訪れたのは3年前。当時滞在していたバンコクから友人に会いに出かけたのが最後だったと記憶しています。

その時拠点にしたのは油麻地にあるCHI レジデンセスというアパートメントホテル。いつも尖沙咀エリアど真ん中のホテルばかりを選んでいた私にとっては尖沙咀から徒歩圏内このロケーションでさえもやや新鮮ではありました。

たった2日程度の宿泊にわざわざキッチン付きのアパートメントタイプの宿を選択する必要などなかったのだけれど、何せ宿泊費がバカにならない香港、他に納得できる選択肢もなく。よって、消去法でのセレクトでしたが、部屋の作りもロケーションもなかなか面白くて、窓からはお隣さんが洗濯物を干している様子が丸見えだったこともあり、妙な生活感を満喫できました。

うん、あれはあれで楽しかった。友達とも会えたし。

これが私の最新の香港の記憶。

20年前の香港の記憶

hongkong_xmas6

さらに月日は遡り、初めてここへ来たのは約20年前のこと。

ちょうど香港が中国へ返還されてすぐあたり。友人とふたりでブランドショップを回ったり、アウトレットへ出向いたり、コスメを買い漁るなど、メインのお楽しみはショッピング。今の自分から考えればもはや信じがたい行動だけれど、そういう時代だったし、そういうお年頃だったのです。

夜遅くまで騒がしく煌びやかな街の勢いに圧倒されたり、重慶マンションのインド人率におののきながらおっかなびっくり両替したりと初香港らしい記憶は脳裏に焼きついているものの、買い物以外にこれといった楽しみを見出せぬまま終わった旅だったような。驚くべきことに、特に美味しいものを食べた記憶すらない。

その後も仕事やプライベートでこの20年間何度か足を運んだ場所であるのに、香港はイマイチ自分の中で消化しきれていない街でもありました。

それは多分、自分の意思で、自分の足で歩いていなかったから。ただ街を歩く、数日間過ごす。それだけのことでも、自分で考えながら行き先を決めるのと、そうでないのとではその後に残る記憶の解像度のようなものがまったく変わってくるのだな。

と、ここ最近の一人旅歴を振り返り、ふと考える。

香港一人旅、香港島でトラムに乗って

hongkong_tram4

さて、今回の香港一人旅は初の香港島側での滞在。この初体験という条件を排除したとしても、自分の中での香港の印象を少しだけよい色で上書きするような旅となりました。

その要因のひとつとなったのは、トラムの存在。

参考 HK TRAMWAYS

多分これまで一度も利用したことがなかった香港島を東西に走る路面電車、トラム。今回はホテルからの移動に便利なこともありやたらめったら乗りまくり。タクシーが苦手な私でも気軽に使える足状態で、楽しい。スターフェリーもいいけど、トラムもいいなあ。

hongkong_tram5

というか私、トラムに限らず、多分、乗り物が好きなんだわ。子供か。

便利さ早さで考えればほぼ同じ路線を走る地下鉄の圧勝。でも、地下鉄って外の風景が見えないからイマイチ気分が盛り上がらない。その点、スターフェリーとかトラムは風をビシバシ感じながら外を眺めまくれるのがいい。やっぱり外を見たいよね。子供か。

hongkong_tram6

トラムを使った移動をやたらと気に入ってしまい、結局この数日間で東の端から西の端まで全箇所制覇してしまいました。

20年も経てば時代感もその街自体も、そして何より自分の志向が変わるのだし、旅の楽しみ方なんて変化するのが当然。これは何も年齢云々だけが要因ではもない。けれど、以前の自分が見落としていたかもしれない魅力に気付けるようになるのは、結構うれしい。

ああ、乗り物たのしいよ。

 






関連記事

blueskyfrom

僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは 「旅に出るため」

記事を読む

cebucity1608_2

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

By: Rennett Stowe

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

cebu-esl-2w1

尻に奇跡は起こらない 中年留学生の限界。セブ日記 13

「また別の台風がきてるみたいだから、クリスマスは雨かもよ」 朝一グループクラスの講師に

記事を読む

rooftop2

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

kobefood1608_8

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

travel15115

旅の持ち物リスト、最小限、冬、1週間。

By: Loco Steve[/caption] 前回2週間の旅の荷物を備忘録的に書いておき

記事を読む

cebu-diary-03-3

英会話習得、何をすればいいのかわからない。セブ日記 3

只今フィリピン、セブ島にて短期留学を体験中。 関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記

記事を読む

taopei2016_57

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その1. 台北駅 懐舊排骨便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を楽しもうじゃないかという旅をしています。 関連 台

記事を読む

cebu-diary-06-2

今見えている現実は真実ではない。セブ日記 10

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように青い空なのだから、そろそろまた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sarushima_25
無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

神奈川県は横須賀市。東京湾に浮かぶ無人島・猿島へ行ってきました

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

→もっと見る

PAGE TOP ↑