香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

公開日: : 旅人への道

hongkong_tram1

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。

なんてことがよくあります。

映画だけでなく、音楽や本などもそうでしょうか。

そして、旅も似たところがあるなあと思うのです。



3年前の香港への旅

hongkong_tram2

前回香港を訪れたのは3年前。当時滞在していたバンコクから友人に会いに出かけたのが最後だったと記憶しています。

その時拠点にしたのは油麻地にあるCHI レジデンセスというアパートメントホテル。いつも尖沙咀エリアど真ん中のホテルばかりを選んでいた私にとっては尖沙咀から徒歩圏内このロケーションでさえもやや新鮮ではありました。

たった2日程度の宿泊にわざわざキッチン付きのアパートメントタイプの宿を選択する必要などなかったのだけれど、何せ宿泊費がバカにならない香港、他に納得できる選択肢もなく。よって、消去法でのセレクトでしたが、部屋の作りもロケーションもなかなか面白くて、窓からはお隣さんが洗濯物を干している様子が丸見えだったこともあり、妙な生活感を満喫できました。

うん、あれはあれで楽しかった。友達とも会えたし。

これが私の最新の香港の記憶。

20年前の香港の記憶

hongkong_xmas6

さらに月日は遡り、初めてここへ来たのは約20年前のこと。

ちょうど香港が中国へ返還されてすぐあたり。友人とふたりでブランドショップを回ったり、アウトレットへ出向いたり、コスメを買い漁るなど、メインのお楽しみはショッピング。今の自分から考えればもはや信じがたい行動だけれど、そういう時代だったし、そういうお年頃だったのです。

夜遅くまで騒がしく煌びやかな街の勢いに圧倒されたり、重慶マンションのインド人率におののきながらおっかなびっくり両替したりと初香港らしい記憶は脳裏に焼きついているものの、買い物以外にこれといった楽しみを見出せぬまま終わった旅だったような。驚くべきことに、特に美味しいものを食べた記憶すらない。

その後も仕事やプライベートでこの20年間何度か足を運んだ場所であるのに、香港はイマイチ自分の中で消化しきれていない街でもありました。

それは多分、自分の意思で、自分の足で歩いていなかったから。ただ街を歩く、数日間過ごす。それだけのことでも、自分で考えながら行き先を決めるのと、そうでないのとではその後に残る記憶の解像度のようなものがまったく変わってくるのだな。

と、ここ最近の一人旅歴を振り返り、ふと考える。

香港一人旅、香港島でトラムに乗って

hongkong_tram4

さて、今回の香港一人旅は初の香港島側での滞在。この初体験という条件を排除したとしても、自分の中での香港の印象を少しだけよい色で上書きするような旅となりました。

その要因のひとつとなったのは、トラムの存在。

参考 HK TRAMWAYS

多分これまで一度も利用したことがなかった香港島を東西に走る路面電車、トラム。今回はホテルからの移動に便利なこともありやたらめったら乗りまくり。タクシーが苦手な私でも気軽に使える足状態で、楽しい。スターフェリーもいいけど、トラムもいいなあ。

hongkong_tram5

というか私、トラムに限らず、多分、乗り物が好きなんだわ。子供か。

便利さ早さで考えればほぼ同じ路線を走る地下鉄の圧勝。でも、地下鉄って外の風景が見えないからイマイチ気分が盛り上がらない。その点、スターフェリーとかトラムは風をビシバシ感じながら外を眺めまくれるのがいい。やっぱり外を見たいよね。子供か。

hongkong_tram6

トラムを使った移動をやたらと気に入ってしまい、結局この数日間で東の端から西の端まで全箇所制覇してしまいました。

20年も経てば時代感もその街自体も、そして何より自分の志向が変わるのだし、旅の楽しみ方なんて変化するのが当然。これは何も年齢云々だけが要因ではもない。けれど、以前の自分が見落としていたかもしれない魅力に気付けるようになるのは、結構うれしい。

ああ、乗り物たのしいよ。

 




関連記事

subwaysta

僕らが旅に出る理由 その2 ~世界が広いことを知った30代~

40過ぎてシェアハウスに住んだり、どんどんモノを減らしたりしているのはいつも身軽でいたいから

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

tainan_34

どこも行けなくて・夏。

奥さん、8月です。 真夏です、盛夏です。今年も残すところあと153日となりました。

記事を読む

chiayi_lunchbox_16

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

hyoutan

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

160806ph_1

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

nishinomiya_41

商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛笹持ってこい」 全国的な

記事を読む

cebu-diary-07-1

お金を全然使わない。セブ日記 7

この1ヶ月の滞在を単純に 「旅」 と称するのが正しいかどうかはわからないが、普段

記事を読む

cebuRhotel

セブシティのホテル事情とおすすめバジェットホテル。

セブ島に滞在する際はよっぽどのことがない限りセブシティのホテルを選択します。 前回マク

記事を読む

hongkong_soho_66

香港一人旅 坂のある街 中環 SOHOエリアを歩く。

昨年のクリスマス、特にあてもなく降り立った香港。 関連 香港年末一人旅 クリスマスの過

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トマト豚しゃぶ
トマト豚しゃぶ、にんじんとツナのサラダ献立。

肉をさっとゆでて野菜とあわせる冷しゃぶは、夏のつまみにうれしい

nhatrang_foods_62
こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う

いわしの塩焼き献立
いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ献立。

おりょうりいちねんせい。 そんなタイトルに変更すればいか

event_1
副業を始めるために必要な2つの要素。

知人(40代前半男性)が、副業を始めました。 彼は超大手

具が大きい豚汁献立
休肝日ごはん 具が大きい豚汁、三つ葉とえのきのおひたし献立。

豚汁は野菜がたくさん食べられて好きなので、よく作ります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑