何度も同じことばかり言ってしまう。

公開日: : 生き方と考え方

setagaya_15

最近気付いたのですが、どうも同じことばかり言ってしまいます。

同じ人に、同じこと。聞かされる方は、たまったもんじゃありません。

何度聞いても面白い話とか、何度だって伝えたい熱い思いとかなら、100歩譲ってよしとしましょうよ。それでもイヤだけど。

そうじゃない場合は、救いようがない。

何度も同じことばかり言ってしまう

赤ワインおつまみ

15年ほど前によく行っていた店の店主は、会う度に同じ話ばかりする人でした。

会う度、というか、一緒に過ごしている数時間の間にも何度も繰り返すので、ハイそれ2回目、今日もう3回目、とみんなで適当に突っ込むのがお約束となっており、ご本人はリフレインについて特段気にする様子はなかったと記憶しています。

彼女は決まって酒を飲んではいたが、酔っていたかは定かではない。それどころか、あれほど何度も聞かされた話の内容を、まったく覚えていないという恐怖。ハイハイわかったわかった、まーたその話?なんてみんなでゲラゲラ笑っていたというのに、なんということでしょう。

きっと、きれいさっぱり忘れてしまえるほどにくだらなく、儚く、たのしい話だったのだ、ということにしておきたい。

そして当時の彼女と同年代になった私もまた、同じことばかり言う中年に育ちました。

こまやかな気配りをした、よい付き合い

学生時代の友人や、地元の幼馴染みらと、数年ぶりに会えば昔話に花が咲くのは自然な流れでしょう。

昔と今をつなぐ時間がなく、お互いの間には長きに渡る空白の時間が横たわっているのだとしたら尚のこと。近況報告もそこそこに、そういうやあの時おまえはああだったこうだった、などとすっかり時効になったはずの恥話を持ち出されてハラハラする。これぞ同窓会の醍醐味でありましょう。同窓会、行ったことないから、知らんけど。

私の場合はそんなスイートメモリーズ的なものではなく、つい先日会ったばかりの友人にそのまたつい先日も言った、なんならここ2年くらいずっと言い続けていることをまた言ってしまうという、背筋も凍るエピソードです。

その内容がこれまたくだらなくて、あの旅行に行った時A子がさーとか、あの店で食べたアレが美味かったよなーとか、およそ文化的な香りのしない会話。話してる瞬間はお互いゲラゲラ笑ったりしてるんだけど、別れてから、あ、また同じ話してたな、と反省してしまう。

この話題を持ち出すのは、多分いつだって私のほうだ。単に引き出しの少ないバカなのか、それとも他に原因が。

認知症チェックテスト(宇佐市)

そういうことではないみたいです。でも、いい加減怖いので、気をつけたいのは山々です。

上記チェックテストには認知症予防として「こまやかな気配りをしたよい付き合い」が有効であると記されていました。

確かにそれ、弱いわあと納得。みんなからママと呼ばれ、多くの人に慕われ、愛されていたあの人のあの貫禄を、自分は到底持ち合わせていないもの。追いついたのは、数字だけ。

会うたびに落ち込む友人関係。

おばさんが旅に出る理由。

 




関連記事

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

モノをたくさん持てば、幸せは手に入るのか。

♪幸せをもたらすと言われてる どこかにきっと咲いている 花を探して、花を探しています♪

記事を読む

家庭内調整と根回しと酒と薔薇の日々。

15分遅れる、というメッセージを受信し、はい了解と返信して耳に挿す。 続ける方法 とり

記事を読む

自分で選ぶ人生、一人で生きることの意味。

本日は怖いお話をします。 そっち系が苦手な方はスルー願います。 おかげさまで今月は花

記事を読む

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつもずっと放置しておりましてね。

記事を読む

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

ゴールデンウィークが終わったら、今年前半のお楽しみは終了ですよ。 取引先の女性の発言の

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

忙しいのはイヤだけど、余白多すぎもまた問題。

師走は忙しいものと相場が決まっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。みなさまがたのただでさ

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑