何度も同じことばかり言ってしまう。

公開日: : 生き方と考え方

setagaya_15

最近気付いたのですが、どうも同じことばかり言ってしまいます。

同じ人に、同じこと。聞かされる方は、たまったもんじゃありません。

何度聞いても面白い話とか、何度だって伝えたい熱い思いとかなら、100歩譲ってよしとしましょうよ。それでもイヤだけど。

そうじゃない場合は、救いようがない。

何度も同じことばかり言ってしまう

赤ワインおつまみ

15年ほど前によく行っていた店の店主は、会う度に同じ話ばかりする人でした。

会う度、というか、一緒に過ごしている数時間の間にも何度も繰り返すので、ハイそれ2回目、今日もう3回目、とみんなで適当に突っ込むのがお約束となっており、ご本人はリフレインについて特段気にする様子はなかったと記憶しています。

彼女は決まって酒を飲んではいたが、酔っていたかは定かではない。それどころか、あれほど何度も聞かされた話の内容を、まったく覚えていないという恐怖。ハイハイわかったわかった、まーたその話?なんてみんなでゲラゲラ笑っていたというのに、なんということでしょう。

きっと、きれいさっぱり忘れてしまえるほどにくだらなく、儚く、たのしい話だったのだ、ということにしておきたい。

そして当時の彼女と同年代になった私もまた、同じことばかり言う中年に育ちました。

こまやかな気配りをした、よい付き合い

学生時代の友人や、地元の幼馴染みらと、数年ぶりに会えば昔話に花が咲くのは自然な流れでしょう。

昔と今をつなぐ時間がなく、お互いの間には長きに渡る空白の時間が横たわっているのだとしたら尚のこと。近況報告もそこそこに、そういうやあの時おまえはああだったこうだった、などとすっかり時効になったはずの恥話を持ち出されてハラハラする。これぞ同窓会の醍醐味でありましょう。同窓会、行ったことないから、知らんけど。

私の場合はそんなスイートメモリーズ的なものではなく、つい先日会ったばかりの友人にそのまたつい先日も言った、なんならここ2年くらいずっと言い続けていることをまた言ってしまうという、背筋も凍るエピソードです。

その内容がこれまたくだらなくて、あの旅行に行った時A子がさーとか、あの店で食べたアレが美味かったよなーとか、およそ文化的な香りのしない会話。話してる瞬間はお互いゲラゲラ笑ったりしてるんだけど、別れてから、あ、また同じ話してたな、と反省してしまう。

この話題を持ち出すのは、多分いつだって私のほうだ。単に引き出しの少ないバカなのか、それとも他に原因が。

認知症チェックテスト(宇佐市)

そういうことではないみたいです。でも、いい加減怖いので、気をつけたいのは山々です。

上記チェックテストには認知症予防として「こまやかな気配りをしたよい付き合い」が有効であると記されていました。

確かにそれ、弱いわあと納得。みんなからママと呼ばれ、多くの人に慕われ、愛されていたあの人のあの貫禄を、自分は到底持ち合わせていないもの。追いついたのは、数字だけ。

会うたびに落ち込む友人関係。

おばさんが旅に出る理由。

 




関連記事

更年期の悪夢。

このクソ寒いというのに、汗だくである。 物凄い形相で、物凄い勢いで、追いかけてくる。こ

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分の声を聞くこと」ですね。

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。 「

記事を読む

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

とにかく、家に帰りたい。

最近プルシェンコ嬢との間で頻繁に行き交っている言葉があります。それは「家に帰りたい」という

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

年が明けて、またひとり。

年末は帰省ついでにあちこち遊びに出かけて、ついでに食べたり飲んだりももちろん盛り込んで、忙

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの晩酌
50代一人暮らしの晩酌事情。

100年ぶりの晩酌記事です。長年しつこく書き続けていた晩酌記

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

→もっと見る

PAGE TOP ↑