何度も同じことばかり言ってしまう。

公開日: : 生き方と考え方

setagaya_15

最近気付いたのですが、どうも同じことばかり言ってしまいます。

同じ人に、同じこと。聞かされる方は、たまったもんじゃありません。

何度聞いても面白い話とか、何度だって伝えたい熱い思いとかなら、100歩譲ってよしとしましょうよ。それでもイヤだけど。

そうじゃない場合は、救いようがない。

何度も同じことばかり言ってしまう

赤ワインおつまみ

15年ほど前によく行っていた店の店主は、会う度に同じ話ばかりする人でした。

会う度、というか、一緒に過ごしている数時間の間にも何度も繰り返すので、ハイそれ2回目、今日もう3回目、とみんなで適当に突っ込むのがお約束となっており、ご本人はリフレインについて特段気にする様子はなかったと記憶しています。

彼女は決まって酒を飲んではいたが、酔っていたかは定かではない。それどころか、あれほど何度も聞かされた話の内容を、まったく覚えていないという恐怖。ハイハイわかったわかった、まーたその話?なんてみんなでゲラゲラ笑っていたというのに、なんということでしょう。

きっと、きれいさっぱり忘れてしまえるほどにくだらなく、儚く、たのしい話だったのだ、ということにしておきたい。

そして当時の彼女と同年代になった私もまた、同じことばかり言う中年に育ちました。

こまやかな気配りをした、よい付き合い

学生時代の友人や、地元の幼馴染みらと、数年ぶりに会えば昔話に花が咲くのは自然な流れでしょう。

昔と今をつなぐ時間がなく、お互いの間には長きに渡る空白の時間が横たわっているのだとしたら尚のこと。近況報告もそこそこに、そういうやあの時おまえはああだったこうだった、などとすっかり時効になったはずの恥話を持ち出されてハラハラする。これぞ同窓会の醍醐味でありましょう。同窓会、行ったことないから、知らんけど。

私の場合はそんなスイートメモリーズ的なものではなく、つい先日会ったばかりの友人にそのまたつい先日も言った、なんならここ2年くらいずっと言い続けていることをまた言ってしまうという、背筋も凍るエピソードです。

その内容がこれまたくだらなくて、あの旅行に行った時A子がさーとか、あの店で食べたアレが美味かったよなーとか、およそ文化的な香りのしない会話。話してる瞬間はお互いゲラゲラ笑ったりしてるんだけど、別れてから、あ、また同じ話してたな、と反省してしまう。

この話題を持ち出すのは、多分いつだって私のほうだ。単に引き出しの少ないバカなのか、それとも他に原因が。

認知症チェックテスト(宇佐市)

そういうことではないみたいです。でも、いい加減怖いので、気をつけたいのは山々です。

上記チェックテストには認知症予防として「こまやかな気配りをしたよい付き合い」が有効であると記されていました。

確かにそれ、弱いわあと納得。みんなからママと呼ばれ、多くの人に慕われ、愛されていたあの人のあの貫禄を、自分は到底持ち合わせていないもの。追いついたのは、数字だけ。

会うたびに落ち込む友人関係。

おばさんが旅に出る理由。

 




関連記事

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

私は現在都内で一人暮らしをしております。 会社勤めをしていないフリーランスの身なので、

記事を読む

理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

By: David Hilowitz[/caption] 家、住まい、というと基本的には住居

記事を読む

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、

記事を読む

年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

若い頃にはわからないけれど、歳を重ねたら気づくことって確かにあるものです。 参考 年を

記事を読む

なぜ私たちは、自分のことを話すのが好きなのか。

自分のことばかり話してしまったら、あ、なんかつまらないことまで喋っちゃったな、とか、言わなく

記事を読む

イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来の意味での忙しさではなく、なん

記事を読む

アカウントを乗っ取られた。

真夜中にふと目が覚めて、時間を確認しようと手に取ったiPodの画面に 「あなたのアカウ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑